Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2011527932) 可撓緩衝式の椎骨間スペーサ装置

Office : Japan
Application Number: 2011518857 Application Date: 14.07.2009
Publication Number: 2011527932 Publication Date: 10.11.2011
Publication Kind : A5
IPC:
A61F 2/44
A HUMAN NECESSITIES
61
MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
F
FILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
2
Filters implantable into blood vessels; Prostheses, i.e. artificial substitutes or replacements for parts of the body; Appliances for connecting them with the body; Devices providing patency to, or preventing collapsing of, tubular structures of the body, e.g. stents
02
Prostheses implantable into the body
30
Joints
44
for the spine, e.g. vertebrae, spinal discs
Applicants: ジンテス ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング
Inventors: オヴェレ トマ
レッヒマン ビート
ツルシュミーデ シラ
ヴォイサルト シリル
ヒュリゲル ウル
フリグ ロベルト
Agents: 辻居 幸一
熊倉 禎男
弟子丸 健
井野 砂里
松下 満
倉澤 伊知郎
Priority Data: 61/080,497 14.07.2008 US
Title: (JA) 可撓緩衝式の椎骨間スペーサ装置
Abstract:
(JA)

【解決手段】 椎間板と交換するための可撓性緩衝椎骨間スペーサ(100)であって、上側及び下側の板(101,103)と、関節要素(102)と、任意的要素である中間部材(804,805)とを備えている。関節要素は、複数の介装された、同心的なリング形状のセグメント(202)を有し、1又は複数の空間(201)によって隔てられ、1又は複数の橋渡し要素203が介装セグメントを結合している。関節要素における第1の部分、好ましくは、最内側セグメントは、好ましくは、上側板にしっかりと結合され、一方、関節要素における第2の部分、好ましくは、最外側セグメントは、好ましくは、下側板に結合され、対向する表面が互いにこすられることなく、弾性的な偏向又は関節要素の屈曲によって端板の相対的運動を許容する。
【選択図】 図1


Also published as:
EP2299942US20110118845CN102088932CA2730922KR1020110049771BRPI0914002
IN130/CHENP/2011WO/2010/009168