Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JPWO2019163065 - なりすまし検知装置、なりすまし検知方法、及びプログラム

Office
Japan
Application Number 2020501932
Application Date 22.02.2018
Publication Number WO2019163065
Publication Date 29.08.2019
Grant Number 7004059
Grant Date 06.01.2022
Publication Kind B1
IPC
G06T 1/00
GPHYSICS
06COMPUTING; CALCULATING OR COUNTING
TIMAGE DATA PROCESSING OR GENERATION, IN GENERAL
1General purpose image data processing
G06T 7/00
GPHYSICS
06COMPUTING; CALCULATING OR COUNTING
TIMAGE DATA PROCESSING OR GENERATION, IN GENERAL
7Image analysis
CPC
G06T 7/00
GPHYSICS
06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
TIMAGE DATA PROCESSING OR GENERATION, IN GENERAL
7Image analysis
G06T 1/00
GPHYSICS
06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
TIMAGE DATA PROCESSING OR GENERATION, IN GENERAL
1General purpose image data processing
G06K 9/629
GPHYSICS
06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
KRECOGNITION OF DATA; PRESENTATION OF DATA; RECORD CARRIERS; HANDLING RECORD CARRIERS
9Methods or arrangements for reading or recognising printed or written characters or for recognising patterns, e.g. fingerprints
62Methods or arrangements for recognition using electronic means
6288Fusion techniques, i.e. combining data from various sources, e.g. sensor fusion
629of extracted features
G06V 40/161
G06V 40/193
G06V 40/40
Applicants 日本電気株式会社
Inventors 海老原 章記
Agents 特許業務法人ブライタス
Title
(JA) なりすまし検知装置、なりすまし検知方法、及びプログラム
Abstract
(JA)

なりすまし検知装置300は、撮像装置310から、発光装置320が発光中に得られた、対象者の顔を含む第1の画像フレーム、及び発光装置320が消灯中に得られた、対象者の顔を含む第2の画像フレームを取得する、顔画像取得部301と、第1の画像フレームから、対象者の顔の部分を特定する情報を第1の顔情報として抽出し、第2の画像フレームから、対象者の顔の部分を特定する情報を第2の顔情報として抽出する、顔情報抽出部302と、第1の画像フレームから、第1の顔情報に基づいて、対象者の瞳の虹彩領域での反射で形成された輝点を含む部分を抽出し、第2の画像フレームから、第2の顔情報に基づいて、輝点を含む部分に対応する部分を抽出し、抽出した2つの部分から、輝点の位置に依存しない特徴量を算出する、特徴量算出部303と、特徴量に基づいて対象者の真偽判定を行う、なりすまし判定部304と、を備えている。