Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JP2020085197 - 油圧駆動装置

Office Japan
Application Number 2018223851
Application Date 29.11.2018
Publication Number 2020085197
Publication Date 04.06.2020
Publication Kind A
IPC
F15B 11/02
FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
15FLUID-PRESSURE ACTUATORS; HYDRAULICS OR PNEUMATICS IN GENERAL
BSYSTEMS ACTING BY MEANS OF FLUIDS IN GENERAL; FLUID-PRESSURE ACTUATORS, e.g. SERVOMOTORS; DETAILS OF FLUID-PRESSURE SYSTEMS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
11Servomotor systems without provision for follow-up action
02Systems essentially incorporating special features for controlling the speed or the actuating force or speed of an output member
E02F 9/22
EFIXED CONSTRUCTIONS
02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL-SHIFTING
FDREDGING; SOIL-SHIFTING
9Component parts of dredgers or soil-shifting machines, not restricted to one of the kinds covered by groups E02F3/-E02F7/160
20Drives; Control devices
22Hydraulic or pneumatic drives
Applicants 日立建機株式会社
Inventors 伊藤 和裕
沼口 和弘
Agents 特許業務法人広和特許事務所
Title
(JA) 油圧駆動装置
Abstract
(JA)

【課題】適切なタイミングで第1油圧モータと第2油圧モータとの回転数差による走行の曲進を抑制することができる油圧駆動装置を提供する。
【解決手段】カウンタバランス弁71Lは、方向制御弁23と油圧モータ32Lとの間に位置して一対の給排管路25A,25Bの途中に設けられている。カウンタバランス弁71Lは、給排管路25A,25Bの圧力差に基づいて、スプール72Lが軸方向に変位する。カウンタバランス弁71Lは、給排管路25A,25Bの間の圧力差によりスプール72Lの変位が所定量(XCM)を超えると、給排管路25A,25Bの間を連通する連通路73Lを備えている。連通路73Lは、カウンタバランス弁71Lのスプール72Lに設けられている。
【選択図】図5

Also published as