Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JP2020085742 - ステータの検査システム

Office Japan
Application Number 2018222700
Application Date 28.11.2018
Publication Number 2020085742
Publication Date 04.06.2020
Publication Kind A
IPC
G01R 31/02
GPHYSICS
01MEASURING; TESTING
RMEASURING ELECTRIC VARIABLES; MEASURING MAGNETIC VARIABLES
31Arrangements for testing electric properties; Arrangements for locating electric faults; Arrangements for electrical testing characterised by what is being tested not provided for elsewhere
02Testing of electric apparatus, lines, or components for short-circuits, discontinuities, leakage, or incorrect line connection
G01R 31/00
GPHYSICS
01MEASURING; TESTING
RMEASURING ELECTRIC VARIABLES; MEASURING MAGNETIC VARIABLES
31Arrangements for testing electric properties; Arrangements for locating electric faults; Arrangements for electrical testing characterised by what is being tested not provided for elsewhere
G01R 31/34
GPHYSICS
01MEASURING; TESTING
RMEASURING ELECTRIC VARIABLES; MEASURING MAGNETIC VARIABLES
31Arrangements for testing electric properties; Arrangements for locating electric faults; Arrangements for electrical testing characterised by what is being tested not provided for elsewhere
34Testing dynamo-electric machines
Applicants 株式会社豊田自動織機
Inventors 猪飼 健介
安谷屋 拓
平野 泰三
杉本 亘
Agents 特許業務法人ぱてな
Title
(JA) ステータの検査システム
Abstract
(JA)

【課題】ステータの良否を簡易かつ低いコストで検査できるとともに、ステータの製造コストの低廉化を実現可能なステータの検査システムを提供する。
【解決手段】本発明の検査システムは、回収タンク2と、中間タンク4と、導電性計測装置20とを備えている。中間タンク4は、回収タンク2と搬送路6によって連通しているとともに、検査室3cと供給路8によって連通し、少なくとも回収液14bを含む準備液14cを貯留する。中間タンク4は、第1調整路31によって検査液14aよりも導電性が高い第1調整液14dを貯留する第1調整タンク32と連通しているとともに、第2調整路33によって検査液14aよりも導電性が低い第2調整液14eを貯留する第2調整タンク34と連通している。導電性計測装置20は、中間タンク4に設けられ、準備液14cの導電性を計測する。
【選択図】図2

Also published as