Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JP2020088628 - 光伝送システムおよび光伝送システムの故障診断方法

Office Japan
Application Number 2018221023
Application Date 27.11.2018
Publication Number 2020088628
Publication Date 04.06.2020
Publication Kind A
IPC
H04B 10/079
HELECTRICITY
04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
BTRANSMISSION
10Transmission systems employing electromagnetic waves other than radio-waves, e.g. infrared, visible or ultraviolet light, or employing corpuscular radiation, e.g. quantum communication
07Arrangements for monitoring or testing transmission systems; Arrangements for fault measurement of transmission systems
075using an in-service signal
079using measurements of the data signal
H04B 10/27
HELECTRICITY
04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
BTRANSMISSION
10Transmission systems employing electromagnetic waves other than radio-waves, e.g. infrared, visible or ultraviolet light, or employing corpuscular radiation, e.g. quantum communication
27Arrangements for networking
H04L 12/70
HELECTRICITY
04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
12Data switching networks
70Packet switching systems
Applicants 日本電信電話株式会社
Inventors 河原 光貴
岡 利幸
関 剛志
関 登志彦
Agents 特許業務法人磯野国際特許商標事務所
Title
(JA) 光伝送システムおよび光伝送システムの故障診断方法
Abstract
(JA)

【課題】光伝送システムにおいて、ネットワークコントローラ側の処理の逼迫を回避しつつ、故障の位置と原因とを特定する。
【解決手段】光伝送システム1は、光伝送路によって相互に接続された複数のノード4i〜4kと、ノード4i〜4kにおける信号品質の劣化をそれぞれ検知し、この信号品質と相関する劣化モードをそれぞれ判定する複数のノードコントローラ3i〜3kと、ノードコントローラ3i〜3kが信号品質の劣化を検知したノードおよび、劣化モード、各ノードから構成されるネットワークトポロジ、各ノード間に設定される光パスに基づき、故障が発生したノードまたは構成部品を特定するネットワークコントローラ2とを備える。
【選択図】図1

Also published as