Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JP2020507053 - 原子炉格納容器分離システム

Office
Japan
Application Number 2018568851
Application Date 29.12.2016
Publication Number 2020507053
Publication Date 05.03.2020
Grant Number 6705920
Grant Date 18.05.2020
Publication Kind B2
IPC
G21C 9/004
GPHYSICS
21NUCLEAR PHYSICS; NUCLEAR ENGINEERING
CNUCLEAR REACTORS
9Emergency protection arrangements structurally associated with the reactor
004Pressure suppression
G21C 13/00
GPHYSICS
21NUCLEAR PHYSICS; NUCLEAR ENGINEERING
CNUCLEAR REACTORS
13Pressure vessels; Containment vessels; Containment in general
CPC
G21C 9/004
GPHYSICS
21NUCLEAR PHYSICS; NUCLEAR ENGINEERING
CNUCLEAR REACTORS
9Emergency protection arrangements structurally associated with the reactor ; , e.g. safety valves provided with pressure equalisation devices
004Pressure suppression
G21C 13/02
GPHYSICS
21NUCLEAR PHYSICS; NUCLEAR ENGINEERING
CNUCLEAR REACTORS
13Pressure vessels; Containment vessels; Containment in general
02Details
G21C 13/022
GPHYSICS
21NUCLEAR PHYSICS; NUCLEAR ENGINEERING
CNUCLEAR REACTORS
13Pressure vessels; Containment vessels; Containment in general
02Details
022Ventilating arrangements
Y02E 30/30
YSECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
30Energy generation of nuclear origin
30Nuclear fission reactors
G21C 13/028
GPHYSICS
21NUCLEAR PHYSICS; NUCLEAR ENGINEERING
CNUCLEAR REACTORS
13Pressure vessels; Containment vessels; Containment in general
02Details
028Seals, e.g. for pressure vessels or containment vessels
G21C 13/10
GPHYSICS
21NUCLEAR PHYSICS; NUCLEAR ENGINEERING
CNUCLEAR REACTORS
13Pressure vessels; Containment vessels; Containment in general
10Means for preventing contamination in the event of leakage, ; e.g. double wall
Applicants ジョイント・ストック・カンパニー サイエンティフィック リサーチ アンド デザイン インスティテュート フォー エナジー テクノロジーズ アトムプロエクト
ジョイント ストック カンパニー“サイエンス アンド イノヴェーションズ”
Inventors ベズレプキン ウラジミール ヴィクトロヴィチ
クフテヴィッチ ウラジミール オレゴヴィチ
ミトロヒン アンドレイ ゲンナジエヴィチ
ドロブイシェフスキー マクシム アナトーリエヴィチ
ウスチノフ ミハイル セルゲーエヴィチ
シュリージーナ ナデージダ ユーリエヴナ
Agents 特許業務法人 ナカジマ知的財産綜合事務所
Title
(JA) 原子炉格納容器分離システム
Abstract
(JA)

【課題】原子力発電所の格納容器分離システムは、緊急モードを含む様々なモードでの原子力発電所の安全な運転を保証する分野において、原子力発電所格納容器内の空気流の制御を確実にする。
【解決手段】原子力発電所の格納容器分離システムは、格納容器を孤立した部屋に分離する。格納容器を複数の室に区画する環状の隙間5と格納容器の壁4との間には格納容器分離シャッター1が配置される。空気供給ユニット6は環状マニホールド2を介して空気膨張方式のシャッター装置1に接続される。シャッター装置1は、膨張時には格納容器の室どうしの連通を遮断し、収縮時には連通させる。緊急モードで空気供給ユニット6からシャッター装置への空気供給が停止され、シャッター装置1が収縮すると、環状の隙間5が完全に開放され、格納容器全体に亘る対流プロセスが保証される。この格納容器分離システムは、あらゆるタイプの原子力発電所の格納容器に適用することができる。
【選択図】図1