Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JPWO2009076078 - 着用可能なタオル

Office Japan
Application Number 2010600052
Application Date 01.12.2008
Publication Number WO2009076078
Publication Date 18.06.2009
Grant Number 3165353
Grant Date 22.12.2010
Publication Kind U
IPC
A41D 15/04
AHUMAN NECESSITIES
41WEARING APPAREL
DOUTERWEAR; PROTECTIVE GARMENTS; ACCESSORIES
15Convertible garments
04Garments convertible into other articles
CPC
A47K 10/02
AHUMAN NECESSITIES
47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
KSANITARY EQUIPMENT NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
10Body-drying implements; Toilet paper; Holders therefor
02Towels
A41D 7/008
AHUMAN NECESSITIES
41WEARING APPAREL
DOUTERWEAR; PROTECTIVE GARMENTS; ACCESSORIES
7Bathing gowns; Swim-suits, drawers, or trunks; Beach suits
006Beach clothing not designed for swimming
008Beach capes or robes
A41D 15/04
AHUMAN NECESSITIES
41WEARING APPAREL
DOUTERWEAR; PROTECTIVE GARMENTS; ACCESSORIES
15Convertible garments
04Garments convertible into other articles
Applicants スタイン,チャゾン
Inventors スタイン,シェイゾン
Agents 山川 政樹
山川 茂樹
Priority Data 12056467 27.03.2008 US
12200155 28.08.2008 US
60/992,406 05.12.2007 US
Title
(JA) 着用可能なタオル
Abstract
(JA)

【課題】着用者の身体まわりに巻きつけて、その位置に固定するのが容易な新規なタオルの形態を提供する。
【解決手段】タオルは、実質的に平坦な長方形の本体を含む。タオル本体の16区分のうち、上部及び/又は最上部の最も外側の区分の対応する位置に2つの開口部が配置される。片腕で本体を支持することができる適当なものである。開口部はおよそ25.4cm(10インチ)の長さで2.54cm(1インチ)までの幅であり、0.254cm(0.1インチ)ないし1.78cm(0.7インチ)の幅であることが好ましい。しかしながら、理想的にはおよそ1.27cm(0.5インチ)の幅である。この実施形態においては、開口部は、最も長いタオルの側部の縁から約10.16cm(4インチ)内側に設定される。開口部は、タオルの短い方の側部から約7.62cm(3インチ)内側に設定される。開口部の配置及び寸法は、タオルの大きさによって異なる。
【選択図】図2