Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JPWO2018142602 - ピアス状イヤリングの装着具

Office
Japan
Application Number 2018565215
Application Date 06.02.2017
Publication Number WO2018142602
Publication Date 09.08.2018
Grant Number 6587307
Grant Date 20.09.2019
Publication Kind B2
IPC
A44C 7/00
AHUMAN NECESSITIES
44HABERDASHERY; JEWELLERY
CJEWELLERY; BRACELETS; OTHER PERSONAL ADORNMENTS; COINS
7Ear-rings; Devices for piercing the ear-lobes
CPC
A44C 7/00
AHUMAN NECESSITIES
44HABERDASHERY; JEWELLERY
CPERSONAL ADORNMENTS, e.g. JEWELLERY; COINS
7Ear-rings; Devices for piercing the ear-lobes
Applicants 有限会社清水坂ガラス館
Inventors 千徳 宏
Agents 荒井 滋人
Title
(JA) ピアス状イヤリングの装着具
Abstract
(JA)

ピアスのように見えて、それ自体の弾性復元力によって耳たぶに固定可能で且つ痛みを生じさせないイヤリングを破損させること無く容易に装着する道具を開示する。
弾性線材からなるU字連結部2と、連結部2よりも幅広で、主面が対向し合うように連結部2の両端に各々設けられた一対の耳当て部とを備えるピアス状イヤリングを耳たぶに装着するための道具5であって、前端縁が開閉可能に支点軸にて互いに結合された一対のレバー6、7を備え、これらのレバーが前端縁またはその近傍に耳たぶを導入可能な導入部を有し、前端縁もしくはそれと支点軸との間であって導入部と異なる位置に一対の突起9、10を有し、突起が連結部2に挿入可能であって、前端縁が開いた状態にあるとき突起の外面間隔が導入部の内面間隔よりも小さいことを特徴とする。


Related patent documents