Processing

Please wait...

PATENTSCOPE will be unavailable a few hours for maintenance reason on Saturday 31.10.2020 at 7:00 AM CET
Settings

Settings

Goto Application

1. JPWO2018034104 - 自動車車体用プレス成形部品およびその製造方法

Office Japan
Application Number 2017555819
Application Date 24.07.2017
Publication Number WO2018034104
Publication Date 22.02.2018
Grant Number 6265315
Grant Date 05.01.2018
Publication Kind B2
IPC
B21D 22/26
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
22Shaping without cutting, by stamping, spinning, or deep-drawing
20Deep-drawing
26for making peculiarly, e.g. irregularly, shaped articles
B62D 25/20
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
62LAND VEHICLES FOR TRAVELLING OTHERWISE THAN ON RAILS
DMOTOR VEHICLES; TRAILERS
25Superstructure sub-units; Parts or details thereof not otherwise provided for
20Floors or bottom sub-units
Applicants 日本製鉄株式会社
Inventors 伊藤 泰弘
Agents 亀谷 美明
金本 哲男
萩原 康司
松本 一騎
Priority Data 2016160722 18.08.2016 JP
Title
(JA) 自動車車体用プレス成形部品およびその製造方法
Abstract
(JA)

【課題】他部材と接合された際、高い耐荷重と剛性を発揮する部材の提供。
【解決手段】天板2,上稜線4,縦壁3,下稜線5および床フランジ9を備える横断面を有し、上稜線4延在方向の少なくとも一方の端部に天板稜線6を介して天板フランジ11と縦壁稜線7を介して縦壁フランジ10を有し、かつ、縦壁フランジ10と床フランジ9が連続し、上稜線4と下稜線5の端部において縦壁のコーナー部の曲率半径の総和ΣRと部材端部における天板2と縦壁3の幅の総和ΣLは、ΣR/ΣL≦0.13の関係である部材1である。部材1は、ブランク26にプレス成形を行ってフランジ稜線8を縮みフランジ形成することにより、少なくともフランジ稜線8を備える中間成形品27を製造する第1工程と、中間成形品27にプレス成形を行って、前記部材1を製造する第2工程とを経て、製造される。
【選択図】図3