Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JP2012510050 - エネルギーを生成するための方法及びエネルギー発生器

Office
Japan
Application Number 2011536966
Application Date 24.11.2009
Publication Number 2012510050
Publication Date 26.04.2012
Publication Kind A
IPC
G21B 3/00
GPHYSICS
21NUCLEAR PHYSICS; NUCLEAR ENGINEERING
BFUSION REACTORS
3Low-temperature nuclear fusion reactors, e.g. alleged cold fusion reactors
G21G 7/00
GPHYSICS
21NUCLEAR PHYSICS; NUCLEAR ENGINEERING
GCONVERSION OF CHEMICAL ELEMENTS; RADIOACTIVE SOURCES
7Conversion of chemical elements not provided for in other groups of this subclass
CPC
G21B 3/002
GPHYSICS
21NUCLEAR PHYSICS; NUCLEAR ENGINEERING
BFUSION REACTORS
3Low temperature nuclear fusion reactors, e.g. alleged cold fusion reactors
002Fusion by absorption in a matrix
Y02E 30/10
YSECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
30Energy generation of nuclear origin
10Nuclear fusion reactors
Applicants ピアンテリ,シルビア
ベルゴミ,ルイジ
ヒディニ,ティツィアーノ
Inventors ピアンテリ,フランセスコ
Agents 高岡 亮一
小田 直
Priority Data PI2008A000119 24.11.2008 IT
Title
(JA) エネルギーを生成するための方法及びエネルギー発生器
Abstract
(JA)

水素と金属との間の核反応からエネルギーを生産するための方法及び発生器であって、a)遷移金属の定められた大きさのマイクロ/ナノメートルのクラスタを生産するステップと、b)好ましくはクラスタを脱ガス処理するために350から500℃までの間で少なくとも10−9バールの真空を適用するサイクルの後で、前記クラスタに水素を接触させ、且つその圧力と速度を制御するステップと、c)クラスタの中に水素をHイオンとして吸着させるために、クラスタを金属のデバイ温度Tよりも高い温度、好ましくは網状面のスライディングが起こる温度に近い温度まで加熱することによって反応のための活性コアを生み出すステップと、d)活性コア上の機械的、熱、超音波、電気、又は磁気インパルスによって反応をトリガして、好ましくは活性コア上に温度の勾配が存在する状態で放熱と共に金属原子に水素イオンを捕獲させるステップと、e)好ましくは所定の強度の磁界及び/又は電界が存在する状態で、熱を取り出し、且つTを上回る温度に維持するステップと、を含む、エネルギーを生産するための方法及び発生器である。活性コアは、マイクロ/ナノメートルのクラスタの焼結材料、若しくは容器の中に集められたクラスタ粉末、又は表面の1平方センチメートル当たり少なくとも10個のクラスタを有する、所定の体積及び形状の基体上へのクラスタの堆積物を含むことができ、該堆積物は、金属を融点に近づくまで加熱し、次いで徐冷することによって、スパッタリングすること、スプレーすること、蒸発及び凝縮させること、エピタキシャル堆積することのような方法によって得ることができ、こうした方法の後に、クラスタ構造を凍結させるための急冷が行われる。
【選択図】なし


Related patent documents
RU2011116098This application is not viewable in PATENTSCOPE because the national phase entry has not been published yet or the national entry is issued from a country that does not share data with WIPO or there is a formatting issue or an unavailability of the application.