Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JP2011527473 - 半導体記憶装置、その早期警報システムおよび早期警報方法

Office Japan
Application Number 2011516959
Application Date 10.07.2009
Publication Number 2011527473
Publication Date 27.10.2011
Grant Number 5568083
Grant Date 27.06.2014
Publication Kind B2
IPC
G06F 12/16
GPHYSICS
06COMPUTING; CALCULATING OR COUNTING
FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
12Accessing, addressing or allocating within memory systems or architectures
16Protection against loss of memory contents
CPC
G11C 16/349
GPHYSICS
11INFORMATION STORAGE
CSTATIC STORES
16Erasable programmable read-only memories
02electrically programmable
06Auxiliary circuits, e.g. for writing into memory
34Determination of programming status, e.g. threshold voltage, overprogramming or underprogramming, retention
349Arrangements for evaluating degradation, retention or wearout, e.g. by counting erase cycles
Applicants 深▲ちぇん▼市朗科科技股▲ふん▼有限公司
Inventors ル、サイウェン
Agents 森下 賢樹
Title
(JA) 半導体記憶装置、その早期警報システムおよび早期警報方法
Abstract
(JA)

【解決手段】本発明は、複数の物理記憶ブロックを有する半導体記憶媒体を備える半導体記憶装置に用いられる早期警報方法及び装置を提供する。当該早期警報方法は、複数の物理記憶ブロックのそれぞれの使用状況情報値を取得する工程と、取得した使用状況情報値を所定の閾値と比較する工程と、比較した結果に基づいて早期警報信号を送信する工程とを含む。前記使用状況情報値は少なくとも前記物理記憶ブロックの平均既使用回数、又は、前記物理記憶ブロックの最大既使用回数を含む。本発明では、早期警報によって半導体記憶媒体の使用状況を提示することができ、半導体記憶媒体の使用回数が上限値に達する前にユーザに警報を通知することができる。この半導体記憶媒体を利用しているユーザは、通知された警報から使用中の前記半導体記憶媒体が何時上限値に達するか把握することができるので、装置老化の前に重要なデータを適時にバックアップすることにより、データを紛失することがなく、データの安全を確保することができる。
【選択図】図1