Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JP2011230855 - プラスチックボトル

Office Japan
Application Number 2011182015
Application Date 23.08.2011
Publication Number 2011230855
Publication Date 17.11.2011
Grant Number 5232275
Grant Date 29.03.2013
Publication Kind B2
IPC
B65D 1/02
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
DCONTAINERS FOR STORAGE OR TRANSPORT OF ARTICLES OR MATERIALS, e.g. BAGS, BARRELS, BOTTLES, BOXES, CANS, CARTONS, CRATES, DRUMS, JARS, TANKS, HOPPERS, FORWARDING CONTAINERS; ACCESSORIES, CLOSURES, OR FITTINGS THEREFOR; PACKAGING ELEMENTS; PACKAGES
1Rigid or semi-rigid containers having bodies formed in one piece, e.g. by casting metallic material, by moulding plastics, by blowing vitreous material, by throwing ceramic material, by moulding pulped fibrous material or by deep-drawing operations performed on sheet material
02Bottles or similar containers with necks or like restricted apertures, designed for pouring contents
Applicants ザ コカ・コーラ カンパニー
Inventors 松岡 建之
富島 良一
岩下 寛昌
猪俣 学
Agents 稲葉 良幸
大貫 敏史
Title
(JA) プラスチックボトル
Abstract
(JA)

【課題】減圧吸収効果を高めることができるプラスチックボトルを提供すること。
【解決手段】断面円形の円周部50、60を有するボトル壁を備えたプラスチックボトル1であって、円周部50、60は、周方向に亘って形成された凹状のリブ7、8を有し、ボトル壁は、奇数角の多角形状からなる減圧吸収パネル10,11,12を有し、減圧吸収パネル10,11,12は、その一辺101が円周部50,60の近傍において周方向に沿って位置すると共に、少なくとも前記一辺101が凹状に落とし込まれている。また、減圧吸収パネル10,11,12は、一辺101におけるパネル深さが最も深くなり、且つ一辺101から最も遠い頂点102のパネル深さがなくなるように、一辺101から頂点102に向かってパネル深さが漸次変えられている。
【選択図】図4