Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JP2009522555 - エネルギ生成の装置および方法

Office
Japan
Application Number 2008548857
Application Date 03.01.2007
Publication Number 2009522555
Publication Date 11.06.2009
Publication Kind A
IPC
G21B 3/00
GPHYSICS
21NUCLEAR PHYSICS; NUCLEAR ENGINEERING
BFUSION REACTORS
3Low-temperature nuclear fusion reactors, e.g. alleged cold fusion reactors
CPC
G21B 3/002
GPHYSICS
21NUCLEAR PHYSICS; NUCLEAR ENGINEERING
BFUSION REACTORS
3Low temperature nuclear fusion reactors, e.g. alleged cold fusion reactors
002Fusion by absorption in a matrix
Y02E 30/10
YSECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
30Energy generation of nuclear origin
10Nuclear fusion reactors
G21B 3/00
GPHYSICS
21NUCLEAR PHYSICS; NUCLEAR ENGINEERING
BFUSION REACTORS
3Low temperature nuclear fusion reactors, e.g. alleged cold fusion reactors
Applicants ブリローイン エナジー コーポレイション
Inventors ゴデス, ロバート イー.
Agents 山本 秀策
安村 高明
森下 夏樹
Priority Data 60/755,024 29.12.2005 US
Title
(JA) エネルギ生成の装置および方法
Abstract
(JA)

固体格子内の原子核の格融合を誘導かつ制御するための実際的な技術。反応器は、融合されるべき軽原子核を提供するローディング供給源と、軽原子核を吸収し得る格子と、フォノンエネルギの供給源と、フォノンエネルギおよび/または反応物のローディングの刺激を開始および停止する制御機構とを含む。格子は、電子−原子核崩壊に作用するのに十分なフォノンエネルギを伝達する。フォノンエネルギの刺激を制御すること、および軽原子核の格子の中へのローディングを制御することによって、核融合反応によって放出されるエネルギは、エネルギが反応格子の破壊を引き起こす点まで増加する前に、消散されることが可能である。