Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JP2008518677 - 神経刺激を使って不快感を軽減するシステムおよび方法

Office
Japan
Application Number 2007539254
Application Date 28.10.2005
Publication Number 2008518677
Publication Date 05.06.2008
Publication Kind A5
IPC
A61N 2/00
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
NELECTROTHERAPY; MAGNETOTHERAPY; RADIATION THERAPY; ULTRASOUND THERAPY
2Magnetotherapy
CPC
A61N 2/006
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
NELECTROTHERAPY; MAGNETOTHERAPY; RADIATION THERAPY; ULTRASOUND THERAPY
2Magnetotherapy
004specially adapted for a specific therapy
006for magnetic stimulation of nerve tissue
A61N 2/008
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
NELECTROTHERAPY; MAGNETOTHERAPY; RADIATION THERAPY; ULTRASOUND THERAPY
2Magnetotherapy
004specially adapted for a specific therapy
008for pain treatment or analgesia
Applicants ニューロネティクス インコーポレイテッド
Inventors リール、マーク、エドワード
Agents 特許業務法人 谷・阿部特許事務所
矢口 太郎
山口 康明
Priority Data 10977734 29.10.2004 US
Title
(JA) 神経刺激を使って不快感を軽減するシステムおよび方法
Abstract
(JA)

【解決手段】 本明細書では、経皮的磁気刺激を実施するための新規性のある方法およびシステムが開示されている。この方法では、治療領域を経皮的に刺激する第1の磁気刺激装置を使って第1の磁場が生成され、前記治療領域を経皮的に刺激する第2の磁気刺激装置を使って第2の磁場が生成される。また本明細書では、経皮的磁気刺激に起因した不快感を軽減するための新規性のある方法およびシステムが開示されている。この方法では、第1の磁気刺激装置を使って、第1の位置および第2の位置で第1の磁場が生成される。前記第1の磁場は、前記第1の位置および前記第2の位置で磁気刺激を生じる。第2の磁場は、第2の磁気刺激装置を使って前記第2の位置で生成され、これにより前記第2の位置における刺激を軽減する。
【選択図】 図6B