Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JP2005530848 - 3,4-ジクロロ-N-(2-シアノフェニル)-5-イソチアゾールカルボキサミドの製造方法

Office Japan
Application Number 2004516610
Application Date 17.06.2003
Publication Number 2005530848
Publication Date 13.10.2005
Grant Number 4551763
Grant Date 16.07.2010
Publication Kind B2
IPC
C07D 275/02
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
DHETEROCYCLIC COMPOUNDS
275Heterocyclic compounds containing 1, 2-thiazole or hydrogenated 1,2-thiazole rings
02not condensed with other rings
CPC
C07D 275/03
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
DHETEROCYCLIC COMPOUNDS
275Heterocyclic compounds containing 1,2-thiazole or hydrogenated 1,2-thiazole rings
02not condensed with other rings
03with hetero atoms or with carbon atoms having three bonds to hetero atoms with at the most one bond to halogen, e.g. ester or nitrile radicals, directly attached to ring carbon atoms
Applicants バイエル・クロツプサイエンス・アクチエンゲゼルシヤフト
Inventors ヒムラー,トーマス
Agents 川口 義雄
小野 誠
大崎 勝真
坪倉 道明
Priority Data 10228731 27.06.2002 DE
Title
(JA) 3,4-ジクロロ-N-(2-シアノフェニル)-5-イソチアゾールカルボキサミドの製造方法
Abstract
(JA)

本発明は、3,4−ジクロロ−N−(2−シアノフェニル)−5−イソチアゾールカルボキサミドの新規なワンポット製造方法に関する。この方法によれば、a)無水イサト酸をジメチルホルムアミドの存在下でアンモニアガスと反応させ、b)こうして得られたアントラニル酸アミドを予め単離することなく酸受容体の存在下且つジメチルホルムアミドの存在下で3,4−ジクロイソチアゾールカルボン酸クロリドと反応させ、c)こうして得られたN−[2−(アミノカルボニル)フェニル]−3,4−ジクロロイソチアゾールカルボキサミドを予め単離することなくジメチルホルムアミドの存在下で塩化チオニル、オキシ塩化リン、ホスゲンまたはクロロメチレンジメチルアンモニウムクロリドと反応させる。