Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JP2004512150 - 厚みが変化するレイヤを有するカテーテルシャフトおよびその製造方法

Office Japan
Application Number 2002539003
Application Date 29.10.2001
Publication Number 2004512150
Publication Date 22.04.2004
Grant Number 4666882
Grant Date 21.01.2011
Publication Kind B2
IPC
A61M 25/00
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
25Catheters; Hollow probes
CPC
A61M 25/0009
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY
25Catheters; Hollow probes
0009Making of catheters or other medical or surgical tubes
A61M 25/0045
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY
25Catheters; Hollow probes
0043characterised by structural features
0045multi-layered, e.g. coated
Applicants アボット、カーディオバスキュラー、システムズ、インコーポレーテッド
Inventors マーク、カーター
Agents 吉武 賢次
永井 浩之
岡田 淳平
勝沼 宏仁
森 秀行
Priority Data 09707681 06.11.2000 US
Title
(JA) 厚みが変化するレイヤを有するカテーテルシャフトおよびその製造方法
Abstract
(JA)

少なくとも2つの変化するレイヤを具備するシャフトを有しているカテーテルであって、多レイヤ化されたシャフト部分の少なくとも一部分に沿って2つのレイヤの相対比率が変化する。カテーテルシャフトは、減少する厚みへとテーパ付けされた第1のレイヤおよび増加する厚みへと逆にテーパ付けされた第2のレイヤを具備する共テーパ遷移部分を有している。一つの実施例においては、シャフトが、共テーパ遷移部分に加えて1つ若しくは複数のテーパ付けされた外側および/または内側の表面を具備する。シャフトのテーパ付けされた外側あるいは内側の表面は、典型的に共テーパ遷移部分から長手方向に置き換えられる。好ましい実施例においては、共テーパ部分を具備するシャフトは共押出成形される。本発明は共テーパ遷移部分を具備するシャフトの製造方法を含む。本発明のシャフトは、シャフト部分間における改良された遷移をもたらし、それによってカテーテルの長さに沿ったシャフト剛性のような特性を変化させる。