Processing

Please wait...

PATENTSCOPE will be unavailable a few hours for maintenance reason on Tuesday 27.07.2021 at 12:00 PM CEST
Settings

Settings

Goto Application

1. JP2004507300 - シェルに脚部ピースを持つスポーツ靴

Office
Japan
Application Number 2002522725
Application Date 01.09.2000
Publication Number 2004507300
Publication Date 11.03.2004
Publication Kind A
IPC
A43B 5/04
AHUMAN NECESSITIES
43FOOTWEAR
BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
5Footwear for sporting purposes
04Ski boots; Similar boots
A43B 5/16
AHUMAN NECESSITIES
43FOOTWEAR
BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
5Footwear for sporting purposes
16Skating boots
A43B 23/02
AHUMAN NECESSITIES
43FOOTWEAR
BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
23Uppers; Boot legs; Stiffeners; Other single parts of footwear
02Uppers; Boot legs
CPC
A43B 5/0466
AHUMAN NECESSITIES
43FOOTWEAR
BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
5Footwear for sporting purposes
04Ski boots; Similar boots
0427characterised by type or construction details
0466Adjustment of the side inclination of the boot leg; Canting
Applicants テクニカ ソシエタ ペル アチオニ
Inventors ジョルジオ グランディン
ピエルギ ロラティ
ダニエル バニン
Agents 谷 義一
阿部 和夫
Title
(JA) シェルに脚部ピースを持つスポーツ靴
Abstract
(JA)

スポーツ靴は、縦中心面(M)を基準として外側の区域(ZE)と内側の区域(ZI)を有している。脚部ピース(20)がシェル(10)の部分(12)に重なって配列されている。該部分(12)は、脚部ピース(20)が中心面(M)に沿って規制された振幅の撓み運動をその周りで行うことができる軸を画定する、それに結合されている調節可能なヒンジ結合手段(52、53)を有する。本発明は、選択的挿入を許し、次に前記ヒンジ結合手段(52、53)の少なくとも1つをシェル(10)の前記上方に延在している部分(12)に設けられている嵌合座(33、34、35、36;34’、36’)のいずれか1つにロックする、脚部ピース(20)の外面に設けられている手段を、重なり区域(ZE、ZI)内に想定している。したがって、ヒンジ結合軸は、使用者が必要とする時、靴の縦中心面(M)に対して少なくとも2つの異なる角度位置(X1、X2、X3、X4)をとることができる。