Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2010540130) 飲料浸出ユニット

Office : Japan
Application Number: 2010527375 Application Date: 08.08.2008
Publication Number: 2010540130 Publication Date: 24.12.2010
Publication Kind : A5
IPC:
A47J 31/44
A47J 31/34
A HUMAN NECESSITIES
47
FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
J
KITCHEN EQUIPMENT; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; APPARATUS FOR MAKING BEVERAGES
31
Apparatus for making beverages
44
Parts or details of beverage-making apparatus
A HUMAN NECESSITIES
47
FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
J
KITCHEN EQUIPMENT; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; APPARATUS FOR MAKING BEVERAGES
31
Apparatus for making beverages
24
Coffee-making apparatus in which hot water is passed through the filter under pressure
34
with hot water under liquid pressure
Applicants: ネステク ソシエテ アノニム
Inventors: ギャビレット, ジル
モーリ, ペーター
モーザー, レンツォ
コッレプ, アレクサンドレ
Agents: 長谷川 芳樹
黒川 朋也
清水 義憲
池田 成人
戸津 洋介
Priority Data: 07117853.7 04.10.2007 EP
Title: (JA) 飲料浸出ユニット
Abstract:
(JA)

使い捨てカプセル9を受けるための飲料浸出ユニット1を有し、前記浸出ユニットが、カプセルを浸出ユニット内に重力によって挿入する最中にカプセルを所定位置に保持するためのカプセル保持アセンブリ3と、カプセルを少なくとも部分的に取り囲み、カプセル内に水を供給するための水注入アセンブリ2とを備える飲料機。カプセル保持部分は、ユニットの前側部分を形成するとともに、略水平な経路に沿って移動できる態様で水注入アセンブリに装着され、水注入アセンブリはユニットの後側固定部分である。飲料機は最外ケーシング80を有する。これらの浸出ユニットアセンブリ2、3のうちの一方は、カプセルを挿入/除去するためにケーシングの外側又はケーシングを通じて移動させ或いは伸縮させることができ、浸出ユニットをそのカプセル抽出形態に至らせるために最外ケーシング内に引き込むことができる。
【選択図】 図2a


Also published as:
SG160143KR1020100075980IL204832EP2205133EP2218368EP2218369
EP2218370MXMX/a/2010/003570ES2364797US20100288132RU2010117240CN101883511
RU0002471398CA2701543AU2008306060IN2600/DELNP/2010WO/2009/043630