Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persist, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2009534283) 窓ガラス

Office : Japan
Application Number: 2009505971 Application Date: 20.04.2007
Publication Number: 2009534283 Publication Date: 24.09.2009
Grant Number: 5666128 Grant Date: 12.02.2015
Publication Kind : B2
IPC:
C03C 27/12
C CHEMISTRY; METALLURGY
03
GLASS; MINERAL OR SLAG WOOL
C
CHEMICAL COMPOSITION OF GLASSES, GLAZES, OR VITREOUS ENAMELS; SURFACE TREATMENT OF GLASS; SURFACE TREATMENT OF FIBRES OR FILAMENTS FROM GLASS, MINERALS OR SLAGS; JOINING GLASS TO GLASS OR OTHER MATERIALS
27
Joining pieces of glass to pieces of other inorganic material; Joining glass to glass other than by fusing
06
Joining glass to glass by processes other than fusing
10
with the aid of adhesive specially adapted for that purpose
12
Laminated glass
Applicants: ピルキントン グループ リミテッド
ピルキントン オートモーティヴ リミテッド
Inventors: マイケル ロバート グリーナル
アシュレイ カール トール
ジョナサン ピーター ヴォス
Agents: 杉村 憲司
来間 清志
冨田 和幸
Priority Data: 0607745.7 20.04.2006 GB
Title: (JA) 窓ガラス
Abstract:
(JA)

2つのガラスプライと、その間に積層した中間層構造体とを備える合わせ窓ガラスを開示する。中間層構造体は、その中に組み込んだ懸濁粒子デバイスフィルムを組立てる中間層材料の第1シートを備える。中間層材料は、懸濁粒子デバイスフィルム内への中間層材料成分の移行を最小限にするように選択される。中間層材料は可塑剤を含まないか、または、懸濁粒子デバイスフィルム内に拡散しない可塑剤を含むのが好ましい。


Also published as:
KR1020080112389EP2013013BRPI0710534US20090176101CN101454154JP6165126
IN5625/CHENP/2008JP2015110515WO/2007/122428