PATENTSCOPE will be unavailable a few hours for maintenance reason on Tuesday 19.11.2019 at 4:00 PM CET
Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JPWO2007010808) 建設機械のキャブ構造

Office : Japan
Application Number: JP2006313931 Application Date: 13.07.2006
Publication Number: WO2007010808 Publication Date: 25.01.2007
Publication Kind : A1
IPC:
E02F 9/16
B62D 25/08
E FIXED CONSTRUCTIONS
02
HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL-SHIFTING
F
DREDGING; SOIL-SHIFTING
9
Component parts of dredgers or soil-shifting machines, not restricted to one of the kinds covered by groups E02F3/-E02F7/160
16
Cabins, platforms, or the like for the driver
B PERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
62
LAND VEHICLES FOR TRAVELLING OTHERWISE THAN ON RAILS
D
MOTOR VEHICLES; TRAILERS
25
Superstructure sub-units; Parts or details thereof not otherwise provided for
08
Front or rear portions
Applicants: 株式会社小松製作所
Inventors: 塚本 大介
Agents: 新樹グローバル・アイピー特許業務法人
Priority Data: 2005208251 19.07.2005 JP
Title: (JA) 建設機械のキャブ構造
Abstract:
(JA)

平面視において旋回時における下部走行体(2)からの旋回台(3)のはみ出し長さが旋回半径に対して所定の割合以下である、いわゆる後方小旋回型のキャブ構造において、部品点数を増加させることなく、転倒時にかかる荷重に対して十分な剛性を確保することが可能な建設機械のキャブ構造を提供するために、キャブ(10)は、パイプ材を略L字型形状に折り曲げて形成される左右前柱部材(31a,31b)や、直線状のパイプ材によって形成される左右後柱部材(32a,32b)等によってキャブ構造体(20)を形成している。旋回台(3)の旋回軌道に沿って形成された円弧部分を含むキャブ(10)の左側面側に配置された左前柱部材(31a)の梁部(31ab)の後端部と、左後柱部材(32a)の上端部分とが、互いにずれた位置に配置されている。そして、この互いにずれた位置に配置された左前柱部材(31a)の梁部(31ab)の後端部と左後柱部材(32a)の上端部分とは、後端梁部材(33)によって互いに接合されている。


Also published as:
KR1020080015513US20090115223CN101223076GB2441485JP4999689WO/2007/010808