PATENTSCOPE will be unavailable a few hours for maintenance reason on Tuesday 19.11.2019 at 4:00 PM CET
Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2009501607) 過剰体重を減少させ、身体を矯正することを含む、経穴に対する作用を持続させる方法、並びに、前記方法を実施するためのデバイス及び針(変形例)

Office : Japan
Application Number: 2008522729 Application Date: 19.07.2006
Publication Number: 2009501607 Publication Date: 22.01.2009
Publication Kind : A5
IPC:
A61H 39/00
A61H 39/08
A HUMAN NECESSITIES
61
MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
H
PHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
39
Devices for locating or stimulating specific reflex points of the body for physical therapy, e.g. acupuncture
A HUMAN NECESSITIES
61
MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
H
PHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
39
Devices for locating or stimulating specific reflex points of the body for physical therapy, e.g. acupuncture
08
Devices for applying needles to such points, i.e. for acupuncture
Applicants: マリヤト・ムラダリイェヴナ・ムヒーナ
Mariyat Muradaliyevna MUKHINA
ニコライ・ヴェニアミノヴィッチ・チャダーエフ
Nikolay Veniaminovich CHADAYEV
Inventors: マリヤト・ムラダリイェヴナ・ムヒーナ
ニコライ・ヴェニアミノヴィッチ・チャダーエフ
Agents: 山崎 宏
田中 光雄
大畠 康
大森 忠孝
Priority Data: 2005123065 20.07.2005 RU
2005134870 10.11.2005 RU
2006121353 16.06.2006 RU
2006122385 23.06.2006 RU
2006125777 18.07.2006 RU
Title: (JA) 過剰体重を減少させ、身体を矯正することを含む、経穴に対する作用を持続させる方法、並びに、前記方法を実施するためのデバイス及び針(変形例)
Abstract:
(JA)

本発明は、医術、詳細には鍼反射療法に関する。本発明の方法は、塊状、プレート状又は環状形状の頭部を備えた針を所定の、例えば、患者の耳介経穴の1つに刺入することから成り、当該針を皮膚下に通し、当該針の自由端が他の所定の点から引き出され、プレート状又は塊状形状を有する着脱可能な保持部材が当該針の自由端に固定される。当該保持部材は非着脱式に設計され、当該針ロッドの屈曲自由端により形成することもできる。過剰体重を低下させるのに必要な割合は、当該指示点領域の当該頭部及び/又は保持部材のおもりへの暴露及び/又は当該指示点のこれらとの接触領域の変更及び/又はこれらの点に対する作用の強度における正勾配の相関によって付与される。効果を高めるため、ピン及び懸吊部材が当該頭部及び/又は保持部材において使用されるとともに、当該ロッドの曲線状及び/又は波形表面が用いられる。提案される本方法及び針の設計態様は、選択経穴へのより効率的な作用を可能にし、これにより、患者の過剰体重を有意に減少させ、或いは患者の疾患を治療する。


Also published as:
RSP-2008/0074UAa200802144MXMX/a/2008/000970KR1020080042838IL188872VN17485
EP1911431IL213256US20080215080CN101257881CA2616134EA200800369
NZ566066AU2006270526ID048.1545IN759/KOLNP/2008WO/2007/011266