PATENTSCOPE will be unavailable a few hours for maintenance reason on Tuesday 19.11.2019 at 4:00 PM CET
Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2009501366) スレッドレベルの投機実行を拡張するためのプリミティブ

Office : Japan
Application Number: 2008518482 Application Date: 23.06.2006
Publication Number: 2009501366 Publication Date: 15.01.2009
Publication Kind : A
IPC:
G06F 9/38
G PHYSICS
06
COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
F
ELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
9
Arrangements for programme control, e.g. control unit
06
using stored programme, i.e. using internal store of processing equipment to receive and retain programme
30
Arrangements for executing machine- instructions, e.g. instruction decode
38
Concurrent instruction execution, e.g. pipeline, look ahead
Applicants: インテル コーポレイション
Inventors: ジェイコブソン,クイン
ワン,ホン
シェン,ジョン
チニャ,ゴーサム
ハマーランド,パー
ゾウ,シャン
ビッグビー,ブライアント
カウシュキ,シヴナンダン
Agents: 伊東 忠彦
大貫 進介
伊東 忠重
Priority Data: 11165639 23.06.2005 US
Title: (JA) スレッドレベルの投機実行を拡張するためのプリミティブ
Abstract:
(JA)

プロセッサは、投機的スレッド化をサポートするためにアドレス監視テーブル及びアトミック更新テーブルを含み得る。プロセッサは、投機的スレッドの実行に関連した状態を維持するために1つ又は複数のレジスタを含むこともできる。プロセッサは、プリミティブ(状態のレジスタに書き込むための命令、バッファリングされたメモリ更新のコミットをトリガするための命令、状態のステータス・レジスタを読み出すための命令、及び/又は、トラップ/例外/割り込み処理に関連した状態ビットの1つをクリアするための命令)の1つ又は複数をサポートすることができる。その他の実施例も本明細書及び特許請求の範囲で記載する。


Also published as:
CN101203831WO/2007/002550