Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2009500784) シャフトが両端で支持された固定シャフトヘリカルドラム構造

Office : Japan
Application Number: 2008520384 Application Date: 07.07.2006
Publication Number: 2009500784 Publication Date: 08.01.2009
Publication Kind : A
IPC:
G11B 5/52
G PHYSICS
11
INFORMATION STORAGE
B
INFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
5
Recording by magnetisation or demagnetisation of a record carrier; Reproducing by magnetic means; Record carriers therefor
48
Disposition or mounting of heads relative to record carriers
52
with simultaneous movement of head and record carrier, e.g. rotation of head
CPC:
G11B 5/534
G11B 21/16
Applicants: タンベルグ・データ・コーポレーション
Inventors: スティーブン・エル・マグヌッソン
Agents: 奥田 誠司
Priority Data: 11427998 30.06.2006 US
60/697,366 08.07.2005 US
Title: (JA) シャフトが両端で支持された固定シャフトヘリカルドラム構造
Abstract: front page image
(JA)

ヘリカルスキャンレコーダのためのドラムアッセンブリ(20,20(7))は、固定の第1のドラム(22)と、第1のドラムの中央に設置されたシャフト第1端(26)およびシャフト第2端(28)を有するシャフト(24)とを備える。ドラムアッセンブリは、少なくとも1つの変換素子(34)が設置された、回転可能な第2のドラム(32)をさらに備える。シャフト(24)は、第2のドラム(32)を通って軸方向に延び、シャフト第2端(28)は、第2のドラム(32)の上方に軸方向に突出している。ドラムアッセンブリはまた、第1のドラム(22)に接続された物理的支持部材(40,40(7))を備える。物理的支持部材(40,40(7))は、第1のドラム(22)に接続され、また第2のドラム(32)の回転を可能にするようにシャフト第2端(28)を固定接続する。物理的支持部材(40,40(7))は、ドラムアッセンブリが外的な振動または衝撃に曝されたときにシャフト第2端(28)のたわみを減少するように、シャフト第2端(28)に接続されている。


Also published as:
EP1908061WO/2007/008577