Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2009500677) ポリマー4,4′−ビピリジニウム構造体、エレクトロクロミック活性層用配合物及びそのための使用

Office : Japan
Application Number: 2008520862 Application Date: 10.07.2006
Publication Number: 2009500677 Publication Date: 08.01.2009
Publication Kind : A
IPC:
G02F 1/15
G PHYSICS
02
OPTICS
F
DEVICES OR ARRANGEMENTS, THE OPTICAL OPERATION OF WHICH IS MODIFIED BY CHANGING THE OPTICAL PROPERTIES OF THE MEDIUM OF THE DEVICES OR ARRANGEMENTS FOR THE CONTROL OF THE INTENSITY, COLOUR, PHASE, POLARISATION OR DIRECTION OF LIGHT, e.g. SWITCHING, GATING, MODULATING OR DEMODULATING; TECHNIQUES OR PROCEDURES FOR THE OPERATION THEREOF; FREQUENCY-CHANGING; NON-LINEAR OPTICS; OPTICAL LOGIC ELEMENTS; OPTICAL ANALOGUE/DIGITAL CONVERTERS
1
Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating or modulating; Non-linear optics
01
for the control of the intensity, phase, polarisation or colour
15
based on electrochromic elements
CPC:
G02F 1/1521
C08G 73/0627
C09K 9/02
C09K2211/1466
Applicants: シーメンス アクチエンゲゼルシヤフト
Siemens Aktiengesellschaft
Inventors: アンドレアス カニッツ
ヴォルフガング ロート
Agents: 矢野 敏雄
山崎 利臣
久野 琢也
杉本 博司
星 公弘
二宮 浩康
アインゼル・フェリックス=ラインハルト
ラインハルト・アインゼル
Priority Data: 102005032316.2 11.07.2005 DE
Title: (JA) ポリマー4,4′−ビピリジニウム構造体、エレクトロクロミック活性層用配合物及びそのための使用
Abstract:
(JA)

本発明により、電気化学的及び/又は光化学的な並発反応が、構造上の変更が安定化することにより、完全に回避されるか又はそれらが構造上の変更のために数桁抑制される材料系がはじめて提案される。本発明は、新種のポリマー4,4′−ビピリジニウム構造体、これをベースとしてもたらされるエレクトロクロミック活性層用配合物及び有機エレクトロクロミックディスプレイを製造するための4,4′−ビピリジニウム構造体の使用に関する。


Also published as:
EP1907446US20090040589CN101341190WO/2007/006767