Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2008547327) EDGE無線システムにおけるビット誤り確率(BEP)の推定

Office : Japan
Application Number: 2008518440 Application Date: 22.06.2006
Publication Number: 2008547327 Publication Date: 25.12.2008
Publication Kind : A
IPC:
H04L 1/20
H04Q 7/34
H04L 27/18
H ELECTRICITY
04
ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
L
TRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
1
Arrangements for detecting or preventing errors in the information received
20
using signal-quality detector
(Deprecated)
H ELECTRICITY
04
ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
Q
SELECTING
7
Selecting arrangements to which subscribers are connected via radio links or inductive links
20
in which the radio or inductive links are two-way links, e.g. mobile radio systems
34
Test or monitoring equipment
H ELECTRICITY
04
ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
L
TRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
27
Modulated-carrier systems
18
Phase-modulated carrier systems, i.e. using phase-shift keying
Applicants: クゥアルコム・インコーポレイテッド
QUALCOMM INCORPORATED
Inventors: ゴーシュ、カウシク
Agents: 鈴江 武彦
河野 哲
中村 誠
蔵田 昌俊
峰 隆司
福原 淑弘
白根 俊郎
村松 貞男
野河 信久
砂川 克
橋本 良郎
風間 鉄也
Priority Data: 11165297 22.06.2005 US
Title: (JA) EDGE無線システムにおけるビット誤り確率(BEP)の推定
Abstract:
(JA)

分布パラメータマッピングは、前記EDGE標準で特定された変調及び符号化方式(MCS)を使用して基地局から移動局に送信されるバーストのビット誤り確率(BEP)を決定する。前記バーストの多ビット軟判定が似ているのはガウス分布か、またはライス分布であるか応じて、統計パラメータμとσ、あるいはAとσが決定される。比μ/σあるいは比A/σが、それぞれ経験的に決定されたガウスルックアップ・テーブルあるいはライスルックアップ・テーブルにマッピングされる。前記BEPは、MCSの符号冗長の程度に影響されない。1個の無線ブロックの4個のバーストに関する前記BEPsは次いで、前記EDGE標準に従って平均され、濾波され、さらに量子化される。前記平均BEPの前記量子化レベルは前記基地局に報告され、後続の無線ブロックは、推定BEPに適したMCSを使用して送信されることができる。
【選択図】 図4


Also published as:
KR1020080027362EP2182668EP1908204US20060291591CN101238675IN19/MUMNP/2008
WO/2007/002417