PATENTSCOPE will be unavailable a few hours for maintenance reason on Tuesday 19.11.2019 at 4:00 PM CET
Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2008544999) エチレンの製造方法

Office : Japan
Application Number: 2008519834 Application Date: 22.06.2006
Publication Number: 2008544999 Publication Date: 11.12.2008
Publication Kind : A5
IPC:
C07C 5/09
C07C 11/24
C07C 2/00
C CHEMISTRY; METALLURGY
07
ORGANIC CHEMISTRY
C
ACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
5
Preparation of hydrocarbons from hydrocarbons containing the same number of carbon atoms
02
by hydrogenation
08
of carbon-to-carbon triple bonds
09
to carbon-to-carbon double bonds
C CHEMISTRY; METALLURGY
07
ORGANIC CHEMISTRY
C
ACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
11
Acyclic unsaturated hydrocarbons
22
containing carbon-to-carbon triple bonds
24
Acetylene
C CHEMISTRY; METALLURGY
07
ORGANIC CHEMISTRY
C
ACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
2
Preparation of hydrocarbons from hydrocarbons containing a smaller number of carbon atoms
Applicants: サウディ ベーシック インダストリーズ コーポレイション
Inventors: マメドヴ,アッガディン
アル−ワハビ,サエエド
リン,ユンギィ
アブデルグハニ,モハメド サブリ
アル−アルワン,アクラム
Agents: 柳田 征史
佐久間 剛
河野 香
樋口 洋
Priority Data: 05014585 06.07.2005 EP
Title: (JA) エチレンの製造方法
Abstract:
(JA)

本発明は、a)熱分解法または部分酸化法によって、メタンを含有する投入供給原料をアセチレン含有流出物に転化する第1の工程と、b)前記アセチレン含有流出物をエタン供給原料と十分に混合することによって、第1の工程において製造されたアセチレンを非触媒反応によって現場水素化してエチレンにする第2の工程とを含む、エチレンの製造方法に関する。本発明の方法は、全プロセス設計を簡略化しつつ、他の合成法よりも効率的である。従って、この方法は、公知のおよび証明されたアセチレン経路に基づいて天然ガスからのエチレンの大量生産のための経済的に魅力的な方式を提供する。


Also published as:
KR1020080037012EP1899285US20090198090CN101218194EA200800261WO/2007/003312