Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2008543511) 脈管の画像作製方法

Office : Japan
Application Number: 2008518511 Application Date: 23.06.2006
Publication Number: 2008543511 Publication Date: 04.12.2008
Publication Kind : A
IPC:
A61B 8/12
A HUMAN NECESSITIES
61
MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
B
DIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
8
Diagnosis using ultrasonic, sonic or infrasonic waves
12
in body cavities or body tracts, e.g. by using catheters
CPC:
A61B 6/504
A61B 6/5247
A61B 8/12
A61B 8/5238
Applicants: ヴォルケイノウ・コーポレーション
Inventors: ウォーカー,ブレア・ディー
ヒューンネケンズ,リチャード・エス
バージス,ヴィンセント・ジェイ
マルゴリス,マーリャ・ピー
Agents: 社本 一夫
小野 新次郎
小林 泰
千葉 昭男
富田 博行
北来 亘
Priority Data: 60/694,014 24.06.2005 US
Title: (JA) 脈管の画像作製方法
Abstract: front page image
(JA)

【解決手段】 脈管の特徴を含んでいる身体のグラフィック画像を、画像データソースの組み合わせから協調的なやり方で作成する方法とシステムが開示されている。この方法は、最初に、或る脈管区間の血管造影画像を作成する段階を含んでいる。血管造影画像は、例えば、2次元又は3次元の何れかの画像表現である。次に、血管造影画像データとは明確に区別できる脈管画像データセットが捕捉される。脈管画像データセットは、脈管区間に沿う連続する位置で捕捉された情報を備えている。その様な脈管画像データの一例は、脈管区間に沿う様々な位置で撮像された円周方向の断面スライスに対応する脈管内超音波フレームのセットである。血管造影画像及び脈管画像データセットは、血管造影画像と脈管区間に沿う各位置の脈管画像データの双方から、独立してレンダリングされた特性を比較することにより相関付けられる。
【選択図】 図4


Also published as:
EP1903944WO/2007/002685