Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2008509361) 連結装置

Office : Japan
Application Number: 2007525183 Application Date: 25.11.2004
Publication Number: 2008509361 Publication Date: 27.03.2008
Publication Kind : A
IPC:
F16L 37/14
F MECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
16
ENGINEERING ELEMENTS OR UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
L
PIPES; JOINTS OR FITTINGS FOR PIPES; SUPPORTS FOR PIPES, CABLES OR PROTECTIVE TUBING; MEANS FOR THERMAL INSULATION IN GENERAL
37
Couplings of the quick-acting type
08
in which the connection between abutting or axially-overlapping ends is maintained by locking members
12
using hooks, pawls, or other movable or insertable locking members
14
Joints secured by inserting between mating surfaces an element, e.g. a piece of wire, a pin, a chain
Applicants: アー ライモント エ カンパニュイ
Inventors: フェーガー、アクセル
トレド、ミカエル
Agents: 加藤 朝道
内田 潔人
三宅 俊男
Priority Data: 102004038912.8 11.08.2004 DE
Title: (JA) 連結装置
Abstract: front page image
(JA)

【課題】 適正な状態で組み立てないし連結することができ所定部材の予期せぬ脱落の防止が可能な連結装置。
【解決手段】 戻止め係合リング(2)が形成された差込部材(3)と、該差込部材(3)を受容するための受容部材(1)と、2つのアーム(11、12)及び戻止め保持部分(14)を備えた確保部材(10)とを有する連結装置において、
係合ロック機構(15、16、17)の受容部材(1)に形成された要素は、差込部材(3)の差込方向に対し横方向に延在するブリッジ(15)であり、かつ該係合ロック機構(15、16、17)の他の要素(複数)は、確保部材(10)の前記2つのアーム(11、12)の夫々の自由端(16、17)によって形成されると共に、該ブリッジ(15)は、確保部材(10)の前記離脱位置における前記2つのアーム(11、12)間の距離より大きい幅を有すること、及び前記2つのアーム(11、12)の領域に前記戻止め係合リング(2)が配置されると、前記ブリッジ(15)と該2つのアーム(11、12)の夫々の自由端(16、17)との間の係合が夫々解除されかつ確保部材(10)が戻止め保持部分(14)によって前記戻止め係合リング(2)が後方から係合される前記嵌込位置に運動可能になる程度の間隔に、該2つのアーム(11、12)は互いに離隔する。
【選択図】 図2


Also published as:
MXMX/a/2007/001641KR1020070033381EP1779018RU02355938US20070246937JP4663721
CN101002048CA2576575BRPI0418948AU2004322442IN7964/DELNP/2006WO/2006/018038