Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2005502062) 試料の容器

Office : Japan
Application Number: 2003526555 Application Date: 11.09.2002
Publication Number: 2005502062 Publication Date: 20.01.2005
Publication Kind : A5
IPC:
G01N 1/00
G01N 33/48
G PHYSICS
01
MEASURING; TESTING
N
INVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
1
Sampling; Preparing specimens for investigation
G PHYSICS
01
MEASURING; TESTING
N
INVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
33
Investigating or analysing materials by specific methods not covered by groups G01N1/-G01N31/131
48
Biological material, e.g. blood, urine; Haemocytometers
Applicants: アイキューム インク
IQUUM, INC.
Inventors: チェン,スーチー
コプティンスキ,ケビン,アール.
チェン,リンジュン
ブラッドリー,トゥルーマン,ビー.
Agents: 遠藤 淳二
小西 富雅
中村 知公
Priority Data: 60/318,768 11.09.2001 US
Title: (JA) 試料の容器
Abstract:
(JA)

試料容器は、試料物質を受容する開口部、及び、少なくとも1つの圧縮可能な部分を有する細管と、前記細管の少なくとも一部分を受容する略剛性の入れ物と、前記細管の開口部と流体的に連結した接合部とを備えるものでよい。前記少なくとも1つの圧縮可能な部分は壁面を有し、前記壁面は、前記壁面の向かい合う部分が接触するよう圧縮可能であるように充分な可撓性を有する材料から少なくとも部分的に構成されていてよい。前記接合部により、前記開口部を通じて前記細管に試料物質を容易に送達できるであろう。さらに、ある試料容器は、複数のルーメン、及び、向かい合う部分が互いに接触するよう圧縮可能であるように充分な可撓性を有する材料から少なくとも部分的に構成された壁面を有する細管と、少なくとも2つのルーメンを接続する圧力ゲートとを備えてよい。前記圧力ゲートにより、前記少なくとも2つのルーメン同士の間で選択的な流体流が可能である。


Also published as:
EP1427531JP2009282035JP4513085CN1585674CA2460192AU2002341644
WO/2003/022435