Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2015110515) 窓ガラス

Office : Japan
Application Number: 2014250122 Application Date: 10.12.2014
Publication Number: 2015110515 Publication Date: 18.06.2015
Publication Kind : A
IPC:
C03C 27/12
B32B 17/10
C CHEMISTRY; METALLURGY
03
GLASS; MINERAL OR SLAG WOOL
C
CHEMICAL COMPOSITION OF GLASSES, GLAZES, OR VITREOUS ENAMELS; SURFACE TREATMENT OF GLASS; SURFACE TREATMENT OF FIBRES OR FILAMENTS FROM GLASS, MINERALS OR SLAGS; JOINING GLASS TO GLASS OR OTHER MATERIALS
27
Joining pieces of glass to pieces of other inorganic material; Joining glass to glass other than by fusing
06
Joining glass to glass by processes other than fusing
10
with the aid of adhesive specially adapted for that purpose
12
Laminated glass
B PERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
32
LAYERED PRODUCTS
B
LAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
17
Layered products essentially comprising sheet glass, or fibres of glass, slag or the like
06
comprising glass as the main or only constituent of a layer, next to another layer of a specific substance
10
of synthetic resin
Applicants: ピルキントン グループ リミテッド
ピルキントン オートモーティヴ リミテッド
Inventors: マイケル ロバート グリーナル
アシュレー カール トール
ジョナサン ピーター ヴォス
Agents: 杉村 憲司
冨田 和幸
Priority Data: 0607745.7 20.04.2006 GB
Title: (JA) 窓ガラス
Abstract: front page image
(JA)

【課題】2つのガラスプライと、その間に積層した中間層構造体とを備える合わせ窓ガラスの提供。
【解決手段】中間層構造体6は、その中に組み込んだ懸濁粒子デバイスフィルム5を縁どる中間層材料の第1シート8aを備え、前記中間層材料の第1シート8aは、中間層材料の第28b及び第3シート8cの間に積層されており、懸濁粒子デバイスフィルム5は、前記中間層材料の第28b及び第3シート8cと接触しており、その少なくとも一つは、第17bおよび第27aガラスプライの一つと接触すると共に同一の外延を有し、中間層材料は、懸濁粒子デバイスフィルム5内への中間層材料成分の移行を最小限にするように選択され、中間層材料は可塑剤を含まないか、または、懸濁粒子デバイスフィルム5内に拡散しない可塑剤を含む合わせ窓ガラス4。
【選択図】図2


Also published as:
KR1020080112389EP2013013JP2009534283BRPI0710534US20090176101CN101454154
JP6165126IN5625/CHENP/2008WO/2007/122428