Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JPWO2017130375) 金属ナトリウムの精製方法

Office : Japan
Application Number: 2016553029 Application Date: 29.01.2016
Publication Number: WO2017130375 Publication Date: 03.08.2017
Publication Kind : A1
IPC:
C22B 26/10
C CHEMISTRY; METALLURGY
22
METALLURGY; FERROUS OR NON-FERROUS ALLOYS; TREATMENT OF ALLOYS OR NON-FERROUS METALS
B
PRODUCTION OR REFINING OF METALS; PRETREATMENT OF RAW MATERIALS
26
Obtaining alkali, alkaline earth metals or magnesium
10
Obtaining alkali metals
Applicants: 日鍛バルブ株式会社
助川電気工業株式会社
Inventors: 内田 茂
小野瀬 遼
本間 弘一
三浦 邦明
塙 政成
Agents: 八木 秀人
丹波 真也
舟瀬 芳孝
太田 悠
Priority Data:
Title: (JA) 金属ナトリウムの精製方法
Abstract: front page image
(JA)

自動車用エンジンなどの内燃機関に用いられるエンジンバルブに封入される金属ナトリウムは高純度であることが好ましいが、従来は、この金属ナトリウムの表面微細孔内に残存する有機溶媒に関しては殆ど関心が払われていなかった。表面微細孔中に有機溶媒を含有する金属ナトリウム(60)を密閉した溶融タンク(12)に収容し、加熱及び減圧により、前記金属ナトリウム中の前記有機溶媒を気化させ除去する。


Also published as:
CN107208182US20180142324WO/2017/130375