PATENTSCOPE will be unavailable a few hours for maintenance reason on Tuesday 19.11.2019 at 4:00 PM CET
Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JPWO2012169258) モリブデン造粒粉の製造方法およびモリブデン造粒粉

Office : Japan
Application Number: 2013519411 Application Date: 22.03.2012
Publication Number: WO2012169258 Publication Date: 13.12.2012
Publication Kind : A1
IPC:
B22F 1/00
C22C 27/04
B PERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
22
CASTING; POWDER METALLURGY
F
WORKING METALLIC POWDER; MANUFACTURE OF ARTICLES FROM METALLIC POWDER; MAKING METALLIC POWDER; APPARATUS OR DEVICES SPECIALLY ADAPTED FOR METALLIC POWDER
1
Special treatment of metallic powder, e.g. to facilitate working, to improve properties; Metallic powders per se, e.g. mixtures of particles of different composition
C CHEMISTRY; METALLURGY
22
METALLURGY; FERROUS OR NON-FERROUS ALLOYS; TREATMENT OF ALLOYS OR NON-FERROUS METALS
C
ALLOYS
27
Alloys based on rhenium or a refractory metal not mentioned in groups C22C14/ or C22C16/130
04
Alloys based on tungsten or molybdenum
Applicants: 株式会社東芝
東芝マテリアル株式会社
Inventors: 山口 悟
森岡 勉
青山 斉
Agents: 特許業務法人東京国際特許事務所
Priority Data: 2011128726 08.06.2011 JP
Title: (JA) モリブデン造粒粉の製造方法およびモリブデン造粒粉
Abstract: front page image
(JA)

容器に有機溶媒を注入する工程と、上記有機溶媒にバインダーとしてのポリビニルブチラールを添加する工程と、上記有機溶媒を攪拌しながら、スズ成分およびコバルト成分の少なくとも1種を添加した平均粒径が1〜10μmであるモリブデン粉末を投入することによりモリブデン含有溶液を調製する工程と、上記モリブデン含有溶液を分散するスプレードライヤーの回転板の回転数をA(rpm)とし、モリブデン造粒粉の平均粒径をB(μm)としたときに、A/Bが50〜700の範囲であるスプレードライヤーにモリブデン含有溶液を投入し、上記モリブデン含有溶液を分散すると共に乾燥してモリブデン造粒粉を調製する工程と、を有することを特徴とするモリブデン造粒粉の製造方法である。上記構成によれば、目的とする平均粒径を有しスズ成分および/またはコバルト成分を添加したモリブデン造粒粉を高い歩留りで効率的に製造することができる。


Also published as:
WO/2012/169258