Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2014531224) 椎間板切除術装置および関連方法

Office : Japan
Application Number: 2014523097 Application Date: 27.07.2012
Publication Number: 2014531224 Publication Date: 27.11.2014
Publication Kind : A
IPC:
A61B 17/16
A61B 17/56
A61B 17/00
A HUMAN NECESSITIES
61
MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
B
DIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
17
Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
16
Osteoclasts; Drills or chisels for bones; Trepans
A HUMAN NECESSITIES
61
MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
B
DIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
17
Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
56
Surgical instruments or methods for treatment of bones or joints; Devices specially adapted therefor
A HUMAN NECESSITIES
61
MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
B
DIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
17
Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
CPC:
A61B 17/3207
A61B 17/1671
A61B 17/32002
A61B2017/00309
A61B2017/00734
A61B2017/320024
Applicants: スパイン ビュー, インコーポレイテッド
Inventors: ファブロ, マイラ
ニューイェン, ヒープ
ディアス, マーク エー.
ミレル, エル
メイ, ロバート
Agents: 山本 秀策
森下 夏樹
飯田 貴敏
石川 大輔
山本 健策
Priority Data: 61/512,845 28.07.2011 US
Title: (JA) 椎間板切除術装置および関連方法
Abstract: front page image
(JA)

組織除去装置が、本明細書に開示される。いくつかの実施形態では、組織除去装置は、携帯式筐体、モータ、および携帯式筐体に連結された組織除去機構を備えてもよい。組織除去機構は、管状部材、管状部材の内腔内に配置される回転可能伸長部材、回転可能伸長部材に遠位の第1のインペラ、および第1のインペラに隣接する第2のインペラを備えてもよい。一実施例において、前記第2のインペラは、前記第1のインペラに対して逆回転するように構成される。


Also published as:
CN103826556EP2736426WO/2013/016698