Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persist, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2007524557) ガラス強化方法および装置

Office : Japan
Application Number: 2006509480 Application Date: 31.03.2004
Publication Number: 2007524557 Publication Date: 30.08.2007
Grant Number: 4839210 Grant Date: 07.10.2011
Publication Kind : B2
IPC:
C03C 17/32
C03C 21/00
C CHEMISTRY; METALLURGY
03
GLASS; MINERAL OR SLAG WOOL
C
CHEMICAL COMPOSITION OF GLASSES, GLAZES, OR VITREOUS ENAMELS; SURFACE TREATMENT OF GLASS; SURFACE TREATMENT OF FIBRES OR FILAMENTS FROM GLASS, MINERALS OR SLAGS; JOINING GLASS TO GLASS OR OTHER MATERIALS
17
Surface treatment of glass, e.g. of devitrified glass, not in the form of fibres or filaments, by coating
28
with organic material
32
with synthetic or natural resins
C CHEMISTRY; METALLURGY
03
GLASS; MINERAL OR SLAG WOOL
C
CHEMICAL COMPOSITION OF GLASSES, GLAZES, OR VITREOUS ENAMELS; SURFACE TREATMENT OF GLASS; SURFACE TREATMENT OF FIBRES OR FILAMENTS FROM GLASS, MINERALS OR SLAGS; JOINING GLASS TO GLASS OR OTHER MATERIALS
21
Treatment of glass, not in the form of fibres or filaments, by diffusing ions or metals into the surface
Applicants: ザ・コカ−コーラ・カンパニー
THE COCA−COLA COMPANY
Inventors: ポストウパク,デニス
ラコース,ウイリアム
Agents: 特許業務法人小田島特許事務所
Priority Data: 10/813,435 31.03.2004 US
60/464,356 22.04.2003 US
Title: (JA) ガラス強化方法および装置
Abstract: front page image
(JA)

本発明はガラスを強化する方法および装置に関する。本発明の1つの面に従う方法では、ガラス品の表面を少なくとも前記ガラスの焼きなまし点温度にしながら前記表面にカリウムイオンを付着させた後に前記ガラスの温度を前記ガラスの歪み点温度と前記歪み点温度より約150℃低い温度の範囲に少なくとも約5分間保持することによってイオン交換反応がより効率良く起こり易くすることでガラスを強化する。1つの態様では、ガラス品を塩浴に浸漬することでそのイオンを付着させてもよい。代替態様では、ガラス品に溶融状態のカリウム塩を噴霧することでそのイオンを付着させてもよい。本発明の方法の結果として、そのような処理を受けさせたガラス品は表面応力が高くなることで強化されているか、或は処理を受けさせていない同じガラス品に比べて強度は変化しないままであるがガラス含有量を低くすることができる。