Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. WO2007086392 - POLYMER/METAL COMPOSITE AND PROCESS FOR PRODUCING THE SAME

Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

[ JA ]

請求の範囲

[1] ポリマー基材にヨウ素をドープさせたポリヨウ素コンプレックスを介して、前記ポリマ 一基材の内部及び表面の少なくとも一方に、金属粒子を析出させることを特徴とする ポリマ一一金属複合体の製造方法。

[2] ポリマー基材にヨウ素をドープさせる工程力ポリマー基材を、ポリヨウ素イオン及び ヨウ素のいずれかを含む溶液中に浸漬することにより行われる請求項 1に記載のポリ マ一一金属複合体の製造方法。

[3] 0〜: L00°Cの温度条件下で行われる請求項 1又は 2に記載のポリマ一—金属複合 体の製造方法。

[4] ポリマー基材が、フィルム、繊維、粉末、ペレット、不織布、多孔質体、織布、高分子 ブレンド、共重合体、及びゲルのいずれかである請求項 1から 3のいずれかに記載の ポリマ一一金属複合体の製造方法。

[5] ポリマーが、少なくとも親水性基及び極性基のいずれかを有する請求項 1から 4の いずれかに記載のポリマ一一金属複合体の製造方法。

[6] ポリマー基材に対し、ヨウ素をドープしてポリヨウ素コンプレックスを調製する 1次ドー プ工程、

前記ポリヨウ素コンプレックスに対し、金属イオンをドープして金属ヨウ化物コンポジ ットを調製する 2次ドープ工程、及び

前記ポリマー基材の内部及び表面の少なくとも一方に、金属粒子を析出させる析 出工程

を少なくとも含む請求項 1に記載のポリマ一一金属複合体の製造方法。

[7] 2次ドープ工程が、ポリヨウ素コンプレックスを、金属イオンを含む溶液中に浸漬す ることにより行われる請求項 6に記載のポリマ一一金属複合体の製造方法。

[8] 金属ヨウ化物コンポジットに対し、レーザ光を照射して金属粒子の析出を促進させ る請求項 6又は 7に記載のポリマ一一金属複合体の製造方法。

[9] 金属ヨウ化物コンポジットに対し、電界を印加して金属粒子の析出を促進させる請 求項 6又は 7に記載のポリマ一一金属複合体の製造方法。

[10] 金属ヨウ化物コンポジットを、酸素存在下において 150〜300°Cで一定時間加熱し て金属粒子の析出を促進させる請求項 6又は 7に記載のポリマ一一金属複合体の製 造方法。

[11] 金属イオンが、銀、銅、白金、金、鉄、水銀、コバルト、カドミウム、タングステン、チタ ン、鉛、ビスマス、クロム、ニッケル、亜鉛、モリブデン、マンガン、パラジウム、及びス ズの、ずれ力から選択される少なくとも 1種の金属イオンである請求項 6から 10の!、 ずれかに記載のポリマ一一金属複合体の製造方法。

[12] 金属イオンを含む溶液が、金属塩溶液であり、前記金属塩が、金属硝酸塩、金属 硫酸塩、金属酢酸塩、金属炭酸塩、金属塩化物塩、金属臭化物塩、及び金属ヨウ化 物、並びにそれらの配位化合物の、ずれかである請求項 6から 11の!、ずれかに記 載のポリマ一一金属複合体の製造方法。

[13] ポリマー基材が、ポリアミド製フィルムであり、

1次ドープ工程が、前記ポリアミド製フィルムを、ヨウ素—ヨウ化カリウム水溶液に浸 漬してポリヨウ素コンプレックスを調製する工程であり、

2次ドープ工程が、前記ポリヨウ素コンプレックスを、硝酸銀水溶液に浸漬してヨウ 化銀コンポジットを調製する工程であり、

析出工程が、前記ポリアミド製フィルム内部に銀粒子を析出させる工程である請求 項 6から 12のいずれかに記載のポリマ一一金属複合体の製造方法。

[14] ヨウ化銀コンポジットが淡黄色であり、 50〜250cm_1の領域におけるラマンスぺタト ルのピーク波数、ピーク強度、及び波形パターン力ヨウ化銀 (Agl)と略同一である 請求項 13に記載のポリマ一一金属複合体の製造方法。

[15] 2次ドープ工程において、ドープ開始後のヨウ化銀コンポジットは淡緑色であり、そ の後、淡黄色となる請求項 13又は 14に記載のポリマ一一金属複合体の製造方法。

[16] ヨウ化銀コンポジットが無色乃至白色である請求項 13に記載のポリマ一一金属複 合体の製造方法。

[17] ポリヨウ素コンプレックスを、 0〜20°Cの硝酸銀水溶液に浸漬する請求項 13に記載 のポリマ一一金属複合体の製造方法。

[18] ポリマー基材に対し、ヨウ素をドープしてポリヨウ素コンプレックスを調製するドープ 工程、及び

前記ポリヨウ素コンプレックスに対し、金属電極を接触させることにより前記ポリマ 一基材の表面に、該金属粒子を析出させる析出工程

を少なくとも含む請求項 1に記載のポリマ一一金属複合体の製造方法。

[19] 請求項 1から 18のいずれかに記載のポリマ一一金属複合体の製造方法により製造 されたことを特徴とするポリマ一一金属複合体。

[20] 請求項 13から 17のいずれかに記載のポリマ一一金属複合体の製造方法により製 造され、銀粒子がポリアミド製フィルム内部に析出してなることを特徴とするポリマー 金属複合体。

[21] 抗菌素材、建材、被服素材、偏光素子、導電性素材、電磁波遮蔽素材、ガス吸収 素材、ガス吸蔵素材、触媒素材、及び金属微粒子形成用铸型素材のいずれかに用 いられる請求項 19又は 20に記載のポリマ一—金属複合体。