Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. WO2002024436 - STRUCTURE, METHOD, AND DEVICE FOR SPLICING LAMINATED FILMS

Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

[ JA ]

請求の範囲

1 . 熱可塑性の延伸べ一スフイルム層と、シ一ラント層とを具える積層フィルム の、それぞれの端部分を相互に連結するための構造であって、

前記延伸ベースフィルム層どうしを合掌状に接合してなる積層フィルムの連結 構造。

2 . 延伸べ一スフイルム層の接合部を、積層フィルムの幅方向に対して斜めに延 在させてなる請求項 1に記載の積層フィルムの連結構造。

3 . 延伸べ一スフイルム層の接合部を一方の積層フィルム側へ折返して、相互に 対向するシ一ラント層どうしをさらに接合してなる請求項 1または 2に記載の積 層フィルムの連結構造。

4 . 熱可塑性樹脂からなる延伸べ一スフイルム層と、シーラント層とを具える積 擊フィルムの、それぞれの端部分を相互に連結するに当り、

両積層フィルムの延伸べ一スフイルム層を相互に対向させて重ね合わせた状態 で、それらの積層フィルムを溶断することにより、両延伸ベースフィルム層を、 溶断縁およびその近傍で融着させることを特徴とする、積層フィルムの連結方法。

5 . 両積層フィルムを、加圧下で溶断または溶着切断させて融着させることを特 徴とする、請求項 4に記載の積層フィルムの連結方法。

6 . 延伸べ一スフィルム層の融着接合部を一方の積層フィルム側へ折返して、相 互に対向するシーラント層どうしをヒートシールすることを特徴とする、請求項

4または 5に記載の積層フルムの連結方法。

7 . 熱可塑性の延伸べ一スフイルム層と、. シ一ラント層とを具えるそれそれの積 層フィルムの、端部もしくは側部を連結する装置であって、

積層フィルムのそれそれの端部分もしくは側部部分の差込みを許容する間隔を おいて位置する一対のベースを設け、両ベースの対向部分で、一方のベースに、 積層フィルムの端部分もしくは側部部分を他方のベース側に押圧する少なくとも 一のプッシャを設け、他方のベースに、プッシャと対応して位置する上下二個の それぞれのシ一ラを設けてなる積層フィルムの連結装置。

8 . 下方に配置したシ一ラを溶断シーラとし、上方に配置したシーラを融着シ一 ラとしてなる請求項 7に記載の積層フィルムの連結装置。

9 . プッシャの、少なくとも進出変位をもたらす弾性チューブもしくはシリンダ を設けてなる請求項 7もしくは 8に記載の積層フィルムの連結装置。

1 0 . 一個のプヅシャを配設してなる請求項 7〜 9のいずれかに記載の積層フィ ルムの連結装置。

1 1 . 二個のプッシャを配設してなる請求項 7〜 9のいずれかに記載の積層フィ ルムの連結装置。

1 2 . それそれのベースの上面側に積層フイルムの位置決め手段を設けてなる請 求項 7〜: 1 1のいずれかに記載の積層フィルムの連結装置。

1 3 . プヅシャおよびシ一ラの下方位置に積層フィルムの切断手段を設けてなる 請求項 7〜 1 2のいずれかに記載の積層フィルムの連結装置。

1 4 . 請求項?〜 1 3のいずれかに記載の装置をもって、熱可塑性の延伸べ一ス フィルム層と、シーラント層とを具えるそれそれの積層フィルムの端部もしくは 側部を相互連結するに当たり、

一対のベース間に、積層フィルムのそれぞれの端部分もしくは側部部分を、延 伸べ一スフイルム層を対向させた姿勢で差込むとともに、下方側のシーラで、延 伸べ一スフィルム層の相互を、プヅシャによる押圧下で合掌状に融着接合させ、 次いで、延伸べ一スフイルム層相互の接合部の、一方の積層フィルム側への折曲 げ姿勢で、相互に対向するシ一ラント層どうしを、上方側のシ一ラにより、プヅ シャで押圧しつつ融着させる、積層フィルムの連結方法。

1 5 . 延伸ベースフィルム層相互の融着接合を、溶断シールにより行う請求項 1 4に記載の積層フィルムの連結方法。

1 6 . 請求項 1 3に記載の装置をもって、熱可塑性の延伸べ一スフィルム層と、 シ一ラント層とを具えるそれぞれの積層フィルムの端部もしくは側部を相互連結 するに当たり、

—対のベース間に積層フィルムのそれそれの端部分もしくは側部部分を、延 伸べ一スフイルム層を対向させた姿勢で差込むとともに、下方側のシーラで、延 伸ベースフィルム層の相互を、プッシャによる押圧下で合掌状に融着接合させ、 次いで、延伸べ一スフィルム層相互の接合部の下方で両積層フィルムを切断し、 さらに、その接合部の、一方の積層フィルム側への折曲げ姿勢で、相互に対向す るシ一ラント層どうしを、上方側のシ一ラにより、プヅシャで押圧しつつ融着さ せる、積層フィルムの連結方法。

1 7 . シ一ラント層どうしを融着させるに際し、延伸ベースフィルム層相互の接 合部を、両ベース間への位置決めゲージの揷入下での、いずれか一方の積層フィ ルムの引き上げにより、上方側のシ一ラに対応させて位置させる請求項 1 4〜1 6のいずれかに記載の積層フィルムの連結方法。

1 8 . 積層フィルムのそれぞれの端部分もしくは側部部分をベース間へ差込むに 際し、各積層フィルムを、ベース上に位置決め固定する請求項 1 4〜1 7のいず れかに記載の積層フィルムの連結方法。