WIPO logo
Mobile | Deutsch | Español | Français | 日本語 | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

Search International and National Patent Collections
World Intellectual Property Organization
Search
 
Browse
 
Translate
 
Options
 
News
 
Login
 
Help
 
maximize
Machine translation
114. (WO2009091014) PHENYL ACETAMIDE DERIVATIVE

明 細 書

発明の名称

技術分野

0001  

背景技術

0002   0003   0004   0005   0006   0007  

発明の開示

発明が解決しようとする課題

0008  

課題を解決するための手段

0009   0010   0011  

発明の効果

0012  

発明を実施するための最良の形態

0013   0014   0015   0016   0017   0018   0019   0020   0021   0022   0023   0024   0025   0026   0027   0028   0029   0030   0031   0032   0033   0034   0035   0036   0037   0038   0039   0040   0041   0042   0043   0044   0045  

実施例

0046   0047   0048   0049   0050   0051   0052   0053   0054   0055   0056   0057   0058   0059   0060   0061   0062   0063   0064   0065   0066   0067   0068   0069   0070   0071   0072   0073   0074   0075   0076   0077   0078   0079   0080   0081   0082   0083   0084   0085   0086   0087   0088   0089   0090   0091   0092   0093   0094   0095   0096   0097   0098   0099   0100   0101   0102   0103   0104   0105   0106   0107   0108   0109   0110   0111   0112   0113   0114   0115   0116   0117   0118   0119   0120   0121   0122   0123   0124   0125   0126   0127   0128   0129   0130   0131   0132   0133   0134   0135   0136   0137   0138   0139   0140   0141   0142   0143   0144   0145   0146   0147   0148   0149   0150   0151   0152   0153   0154   0155   0156   0157   0158   0159   0160   0161   0162   0163   0164   0165   0166   0167   0168   0169   0170   0171   0172   0173   0174   0175   0176   0177   0178   0179   0180   0181   0182   0183   0184   0185   0186   0187   0188   0189   0190   0191   0192   0193   0194  

産業上の利用可能性

0195   0196  

請求の範囲

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17  

明 細 書

フェニルアセトアミド誘導体

技術分野

[0001]
 本発明は、医薬、殊に糖尿病治療剤として有用な新規なフェニルアセトアミド誘導体に関する。

背景技術

[0002]
 GK(グルコキナーゼ(ATP:D-hexose 6-phosphotransferase, EC2.7.1.1))は膵臓、肝臓に発現する6炭糖をリン酸化する酵素で、近年脳にも存在することが明らかにされている。本酵素はヘキソキナーゼファミリーに属し、別名ヘキソキナーゼIVともよばれる。GKは他のヘキソキナーゼと比較し 1)基質であるグルコースに対する親和性が低く血糖濃度に近いKm値を示す、2)酵素反応生成物のグルコース 6-リン酸による阻害を受けない、3)分子量が約半分の50 kDaである等の特徴を持つ。
 ヒトグルコキナーゼ遺伝子は、単一遺伝子として第7染色体7p13に位置し、膵β細胞と肝細胞では30 kb以上離れた組織特異的な異なるプロモーターで制御され、異なる第1エクソンを用いるが、残りのエクソン2-10は共通である。そのため、膵型と肝型のGK蛋白ではN末15残基が異なるのみである。
[0003]
 血糖値の上昇に伴い、膵β細胞内のグルコース濃度は糖輸送担体であるGLUT2を介し速やかに平衡に達し、GKが細胞内のグルコース濃度変化を察知し解糖系を活性化する。この結果膵β細胞内のATP/ADP比が上昇しKATPチャンネルが閉鎖し、これを電位依存性のCaチャンネルが察知し細胞内カルシウム濃度が上昇しインスリンの放出が起こる。即ち膵β細胞においてGKはグルコースセンサーとして働きインスリン分泌の制御に重要な役割を果たしている。肝臓でもGKはグルコースセンサーとして働き、血糖値の上昇に反応し、グルコースをグルコース 6-リン酸に変換する。この結果グリコーゲンの産生が上昇すると共に、解糖系が活性化され肝臓での糖新生が抑制される。
 GKの遺伝子変異によりグルコースのリン酸化能が低下した患者では高血糖が頻発し、若年性の糖尿病を発症する(MODY2)。一方遺伝子変異によりGK活性のKm値が低値を示す患者では、食後並びに空腹時に低血糖が認められる。即ち、ヒトにおいてもGKはグルコースセンサーとして働き、血中のグルコースレベルを正常に維持する上で重要な役割を演じている。これらの事実から、GKを活性化する薬剤は、膵β細胞内からのグルコース依存的なインスリン分泌を亢進させ食後高血糖を是正すると共に、肝臓からの糖放出を抑制する優れた2型糖尿病の治療薬となると期待される。更に食後の高血糖状態で肝臓への糖取り込みが促進され、余分なインスリン分泌亢進が起こらず、従来スルホニルウレア(SU)剤で問題となる膵疲弊を回避できる可能性もある。また、近年マウス培養膵細胞 (MIN6N8)を高グルコース下で培養するとアポトーシスが誘発されることが報告された。更にこの細胞にグルコキナーゼを過剰発現させると、MIN6N8細胞のアポトーシスが抑制されたことから(Diabetes 54:2)2602-2611(2005))GK活性化剤は膵保護作用を示すことが期待される。
[0004]
 脳に存在するGKは膵臓タイプであり、摂食中枢であるVMH(視床下部腹内側部:Ventromedial hypothalamus)の神経に多く発現する。グルコース感受性神経はグルコースに対し興奮性のGE (Glucose Excited)-neuronと、グルコースに対し抑制性のGI (Glucose Inhibited)-neuronに分類される。GKのmRNAや蛋白は、GE-neuronの約70%に、GI-neuronの約40%にその存在が認められる。
 これらグルコース感受性神経では、GKが細胞内グルコースの上昇を察知し、解糖系が活性化され、細胞内のATP/ADP比が上昇する。この結果GE-neuronではKATPチャンネルが閉鎖しニューロンの活動電位頻度が高まり、神経伝達物質が放出される。一方、GI-neuronではCl-チャンネルが関与すると考えられている。VMHにおいてGK mRNAの発現を上昇させたラットでは、グルコース欠乏状態に対する補償作用が低下する。
 グルコース感受性神経には摂食行動に関与するレプチンやインスリンに対する受容体も存在する。高グルコース条件下のGE-neuronにおいて、レプチンやインスリンは、KATPチャンネルを開口させ活動電位頻度を減少させる。さらにARC(弓状核)において食欲増進に働くNPY (Neuropeptide Y)-neuronはグルコースに対し抑制性であり、食欲抑制に働くPOMC (Proopiomelanocortin)-neuronはグルコースに対し興奮性である(Diabetes 53: 2521-2528 (2004))。これらの事実から、中枢のGKを活性化することで摂食行動が抑制され、肥満やメタボリックシンドロームの治療に有効であることが期待される。
[0005]
 GK活性化作用を有する化合物は多数報告され、既に臨床での有効性が確認された化合物も報告されている。しかしながら、種々の副作用(hERGやCYPに対する作用)の軽減や溶解性においても良好なプロファイルを有する新規なGK活性化剤は依然として切望されている。
[0006]
 特許文献1~25では、GK活性化作用を有するフェニルアセトアミド誘導体が報告されている。しかしながら、本発明化合物のR2に相当する置換基としてシクロアルキルの開示はない。
 特許文献26~28では、GK活性化作用を有するフェニルアセトアミド誘導体が報告されている。しかしながら、本発明化合物の具体的な開示はない。
 本願の優先日後に公開された特許文献29~30では、GK活性化作用を有するフェニルアセトアミド誘導体が報告されている。しかしながら、本発明化合物の具体的な開示はない。
 特許文献31~32では、GK活性化作用を有するヘテロアリール誘導体が報告されている。しかしながら、本発明のフェニルアセトアミドのフェニル基に相当する環がヘテロアリールである。また、本発明化合物のR2に相当する置換基としてシクロアルキルの開示はない。
[0007]
特許文献1 : 国際公開WO00/58293号パンフレット
特許文献2 : 国際公開WO01/83465号パンフレット
特許文献3 : 国際公開WO01/85706号パンフレット
特許文献4 : 国際公開WO01/85707号パンフレット
特許文献5 : 国際公開WO02/08209号パンフレット
特許文献6 : 国際公開WO02/14312号パンフレット
特許文献7 : 国際公開WO03/95438号パンフレット
特許文献8 : 国際公開WO2006/58923号パンフレット
特許文献9 : 国際公開WO2007/026761号パンフレット
特許文献10 : 国際公開WO2005/095417号パンフレット
特許文献11 : 国際公開WO2005/095418号パンフレット
特許文献12 : 国際公開WO2006/016194号パンフレット
特許文献13 : 国際公開WO2007/051847号パンフレット
特許文献14 : 国際公開WO2004/072031号パンフレット
特許文献15 : 国際公開WO01/44216号パンフレット
特許文献16 : 米国特許出願公開第2001/0039344号明細書
特許文献17 : 国際公開WO02/46173号パンフレット
特許文献18 : 国際公開WO2004/52869号パンフレット
特許文献19 : 国際公開WO2004/063179号パンフレット
特許文献20 : 国際公開WO2005/103021号パンフレット
特許文献21 : 国際公開WO2007/007886号パンフレット
特許文献22 : 国際公開WO2007/041365号パンフレット
特許文献23 : 国際公開WO2007/041366号パンフレット
特許文献24 : 国際公開WO2007/051845号パンフレット
特許文献25 : 国際公開WO2007/051846号パンフレット
特許文献26 : 国際公開WO2004/050645号パンフレット
特許文献27 : 国際公開WO2008/05914号パンフレット
特許文献28 : 国際公開WO2008/05964号パンフレット
特許文献29 : 米国特許出願公開第2008/21032号明細書
特許文献30 : 国際公開WO2008/078674号パンフレット
特許文献31 : 国際公開WO2004/063194号パンフレット
特許文献32 : 国際公開WO2004/72066号パンフレット

発明の開示

発明が解決しようとする課題

[0008]
 本発明の課題は、GK活性化作用を有する医薬、特に糖尿病治療剤として有用な、新規な化合物の提供である。

課題を解決するための手段

[0009]
 本発明者等は、GK活性化作用を有する化合物について鋭意検討した結果、フェニル基上にスルホニル基及びシクロアルキル基を有し、アミドの窒素原子上にヘテロアリール基を有するフェニルアセトアミド誘導体が、良好なGK活性化作用を有することを確認し、また、種々の副作用(hERGやCYPに対する作用)及び/又は溶解性が改善された化合物も存在することを見出し、本発明を完成した。
 即ち、本発明は、一般式(I)で示されるフェニルアセトアミド誘導体又はその塩に関する。
[化1]


(式中の記号は以下の意味を示す。
R1:低級アルキル、ハロゲノ低級アルキル又はシクロアルキル。
R2:シクロアルキル。
R3:ハロゲン、低級アルキル、ハロゲノ低級アルキル、-OR0又は-O-ハロゲノ低級アルキル。
R0:同一又は互いに異なって、-H又は低級アルキル。

A環:置換されていてもよいヘテロアリール。

B環:それぞれ置換されていてもよいアリール若しくはヘテロアリール、又は、
[化2]



X:同一又は互いに異なって、-C(R4)(R5)-、-C(O)-、-O-、-S(O)p-又は-N(R0)-。
m:2乃至7の整数。
R4及びR5:同一又は互いに異なって、-H、ハロゲン、低級アルキル、ハロゲノ低級アルキル、-OR0又は-O-ハロゲノ低級アルキル。

n及びp:同一又は互いに異なって、0、1又は2。

ただし、
[化3]


は単結合又は二重結合を意味する。以下同様。)
[0010]
 また、本発明は、式(I)で示されるフェニルアセトアミド誘導体またはその製薬学的に許容される塩と、製薬的に許容される担体とからなる医薬組成物、殊に、GK活性化剤、糖尿病、肥満又はメタボリックシンドローム予防及び/または治療薬である医薬組成物にも関する。即ち、
(1)式(I)で示される化合物またはその製薬学的に許容される塩と、製薬学的に許容される担体とからなる医薬組成物。
(2)GK活性化剤である(1)記載の医薬組成物。
(3)糖尿病予防及び/又は治療薬である(1)記載の医薬組成物。
(4)2型糖尿病予防及び/又は治療薬である(3)記載の医薬組成物。
(5)肥満予防及び/又は治療薬である(1)記載の医薬組成物。
(6)メタボリックシンドローム予防及び/又は治療薬である(1)記載の医薬組成物。
(7)GK活性化剤、糖尿病、肥満又はメタボリックシンドローム予防及び/または治療薬の製造のための、式(I)で示される化合物化合物またはその製薬学的に許容される塩の使用。
(8)式(I)で示される化合物化合物またはその塩の治療有効量を患者に投与することを含む、糖尿病、肥満またはメタボリックシンドロームの予防及び/又は治療方法。
[0011]
 更に本願は、式(I)で示されるフェニルアセトアミド誘導体又はその塩を有効成分とする医薬、殊にGK活性化剤にも関する。

発明の効果

[0012]
 本発明化合物は、GK活性化作用を有することから、糖尿病、特に2型糖尿病の治療並びに予防薬として有用である。また糖尿病の合併症である腎症、網膜症、神経障害、末梢循環障害、脳血管障害、虚血性心疾患、動脈硬化症の治療並びに予防薬として有用である。更に過食を抑制することにより、肥満、メタボリックシンドロームの治療並びに予防薬としても有用である。

発明を実施するための最良の形態

[0013]
 以下、本発明を詳細に説明する。
 本明細書中、「低級アルキル」として好ましくは直鎖または分枝状の、炭素数が1から6(以後、C1-6と略す)のアルキル、具体的には、メチル、エチル、n-プロピル、イソプロピル、n-ブチル、イソブチル、sec-ブチル、tert-ブチル、n-ペンチル、n-ヘキシル基等である。より好ましくはC1-4アルキルであり、特に好ましくは、メチル、エチル、ノルマルプロピル、イソプロピル、tert-ブチルである。
[0014]
 「低級アルキレン」として好ましくは直鎖または分枝状の、C1-6アルキレン、具体的には、メチレン、エチレン、トリメチレン、テトラメチレン、ペンタメチレン、ヘキサメチレン、プロピレン、メチルメチレン、エチルエチレン、1,2-ジメチルエチレン、1,1,2,2-テトラメチルエチレン基等である。より好ましくはC1-4アルキレンであり、さらにより好ましくは、メチレン、エチレン、トリメチレンである。
[0015]
 「ハロゲン」は、F、Cl、Br、Iを意味する。
 「ハロゲノ低級アルキル」とは、1個以上のハロゲンで置換された、C1-6アルキルである。好ましくは1~5個のハロゲンで置換された低級アルキルであり、より好ましくは、フルオロメチル、ジフルオロメチル、トリフルオロメチルである。
[0016]
 「シクロアルキル」とは、C3-10の飽和炭化水素環基であり、架橋を有していてもよい。具体的には、シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル、シクロヘプチル、シクロオクチル、アダマンチル基等である。好ましくはC3-8シクロアルキルであり、より好ましくは、シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシルであり、さらにより好ましくは、シクロプロピルである。
[0017]
 「アリール」とは、C6-14の単環乃至三環式芳香族炭化水素環基であり、より好ましくはフェニル又はナフチルであり、さらに好ましくはフェニルである。
[0018]
 「ヘテロアリール」基とは、酸素、硫黄および窒素から選択されるヘテロ原子を1~4個含有する5~15員の、好ましくは5~10員の、単環乃至三環式の芳香族性を有するヘテロ環基を意味する。環原子である硫黄または窒素が酸化されオキシドを形成してもよい。具体的には、ピロリル、ピラゾリル、イミダゾリル、トリアゾリル、テトラゾリル、フリル、オキサゾリル、イソオキサゾリル、オキサジアゾリル、チエニル、チアゾリル、イソチアゾリル、チアジアゾリル、ピリジル、ピリダジニル、ピリミジニル、ピラジニル、インドリル、イソインドリル、インダゾリル、ベンズイミダゾリル、ベンゾフリル、ベンゾオキサゾリル、ベンゾチエニル、ベンゾチアゾリル、[1,3]チアゾロ[5,4-b]ピリジニル、キノリル、イソキノリル、キナゾリニル、キノキサリニル、シンノリニル、フタラジニル、ナフチリジニル、カルバゾリル等である。好ましくは、5乃至6員の単環ヘテロアリールであり、より好ましくは、ピラゾリル、ピラジニル、チアゾリル、チアジアゾリル、ピリジルである。
[0019]
 「ヘテロ環」基とは、酸素、硫黄および窒素から選択されるヘテロ原子を1~4個含有する3~15員の、好ましくは5~10員の、単環乃至三環式ヘテロ環基であり、飽和環、芳香環、およびその部分的に水素化された環基を包含する。環原子である硫黄または窒素が酸化されオキシドやジオキシドを形成してもよい。具体的には、ピリジル、ピラジニル、ピリミジニル、ピリダジニル、イミダゾリル、ベンゾイミダゾリル、ベンゾフラニル、ベンゾチエニル、ベンゾチアジアゾリル、ベンゾチアゾリル、ベンゾイソチアゾリル、ベンゾオキサゾリル、ベンゾイソオキサゾリル、ピロリル、ピロリジニル、チエニル、フリル、ジオキサゾリル、ジオキソラニル、トリアジニル、トリアゾリル、チアゾリル、チアジアゾリル、オキサジアゾリル、ピラゾリル、ピラゾリジニル、イソチアゾリル、オキサゾリル、イソオキサゾリル、キノリル、イソキノリル、テトラヒドロキノリル、テトラヒドロイソキノリル、キナゾリニル、キノキサリニル、フタラジニル、ピペリジル、ピペラジニル、アゼパニル、ジアゼパニル、テトラヒドロピラニル、ジオキソラニル、モルホリニル、メチレンジオキシフェニル、エチレンジオキシフェニル、トリチアニル、インドリル、イソインドリル、インドリニル、インダゾリル、テトラヒドロベンゾイミダゾリル、クロマニル、クロモニル、ベンゾイミダゾロニル基等である。好ましくは、5~9員の単環乃至二環式へテロ環基であり、より好ましくは、5~6員の単環式へテロ環基であり、さらに好ましくは、ピラゾリル、ピラジニル、チアゾリル、チアジアゾリル、ピリジル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ジオキソラニルである。
[0020]
 式(I)において、
[化4]


が二重結合の場合、式(I)ではB環とベンゼン環が二重結合に対してZ配置で表記されているが、本発明化合物は、E体/Z体のいずれであってもよい。好ましくは、B環とベンゼン環が二重結合に対してZ配置である。
[0021]
 「置換されていてもよい」とは、「無置換」あるいは「同一又は異なる置換基を1~5個有していること」を示す。なお、複数個の置換基を有する場合、それらの置換基は同一でも互いに異なっていてもよい。
[0022]
 A環における、置換されていてもよい「ヘテロアリール」における置換基として、好ましくは、G群から選択される基であり、より好ましくは、ハロゲン、シアノ、-OR0で置換されていてもよい低級アルキル、-OR0、-O-低級アルキレン-OR0又は-C(O)R0であり、さらにより好ましくは、-OHで置換されていてもよい低級アルキル、又は、-O-低級アルキレン-OHである。
G群:ハロゲン、シアノ、-OR0で置換されていてもよい低級アルキル、ハロゲノ低級アルキル、低級アルキレン-OC(O)R0、低級アルキレン-O-へテロ環基、-OR0、-O-ハロゲノ低級アルキル、-O-低級アルキレン-OR0、-S(O)p-低級アルキル、-S(O)p-低級アルキレン-OR0、-C(O)R0、-C(O)-低級アルキレン-OR0、-CO2R0、低級アルキレン-CO2R0、-O-低級アルキレン-CO2R0、-S(O)p-低級アルキレン-CO2R0、-C(O)N(R0)2又はヘテロ環基。
ただし、G群におけるヘテロ環基は、ハロゲン、低級アルキル、ハロゲノ低級アルキル、-OR0、-O-ハロゲノ低級アルキル、及び、オキソで置換されていてもよい。
[0023]
 B環におけるそれぞれ置換されていてもよい「アリール」及び「ヘテロアリール」で許容される置換基として好ましくは、ハロゲン、低級アルキル、ハロゲノ低級アルキル、-OR0、又は-O-ハロゲノ低級アルキルである。
[0024]
本発明の好ましい態様を以下に示す。
(a)R1として好ましくは、メチル、トリフルオロメチル又はシクロプロピルであり、より好ましくは、シクロプロピルである。
(b)R2として好ましくは、C3-6シクロアルキルであり、より好ましくは、シクロプロピルである。
(c)nとして好ましくは、0又は1であり、より好ましくは、0である。
(d)A環として好ましくは、置換されていてもよい5乃至6員単環ヘテロアリールであり、より好ましくは、ハロゲン、シアノ、-OR0で置換されていてもよい低級アルキル、-OR0、-O-低級アルキレン-OR0及び-C(O)R0からなる群より選択される基で、それぞれ置換されていてもよいピラゾリル、チアゾリル、チアジアゾリル、ピリジル又はピラジニルであり、さらに好ましくは、ハロゲン、-OR0で置換されていてもよい低級アルキル、-OR0、-O-低級アルキレン-OR0及び-C(O)R0からなる群より選択される基で、それぞれ置換されていてもよいピラゾリル、チアゾリル、ピリジル又はピラジニルであり、さらにより好ましくは、ハロゲン、-OR0で置換されていてもよい低級アルキル、-OR0及び-O-低級アルキレン-OR0からなる群より選択される基で、置換されていてもよいピラゾリル又はピラジニルである。
(e)B環として好ましくは、
[化5]


であり、mが4又は5であり、0乃至1個のXが-CH(F)-、-CH(OH)-、-C(O)-又は-O-であり、残りのXが-CH2-である。より好ましくは、3-ヒドロキシシクロペンチル又は3-オキソシクロペンチルである。
(f)
[化6]


として好ましくは、単結合である。また、別の態様として好ましくは二重結合である。さらに別の態様として、A環が置換されていてもよいピラゾリルの場合、二重結合が好ましい。
 別の好ましい態様としては、上記(a)~(f)に記載の各好ましい基の組合せからなる化合物が好ましい。
[0025]
 また、式(I)で示される本発明化合物における別の好ましい態様を以下に示す。
(1)nが0である式(I)で示される化合物。
(2)R1がメチル、トリフルオロメチル又はシクロプロピルである(1)記載の化合物。
(3)R2がシクロプロピルである(2)記載の化合物。
(4)B環が
[化7]


であり、mが4又は5であり、0乃至1個のXが-CH(F)-、-CH(OH)-、-C(O)-又は-O-であり、残りのXが-CH2-である(3)記載の化合物。
(5)A環が、ハロゲン、シアノ、-OR0で置換されていてもよい低級アルキル、-OR0、-O-低級アルキレン-OR0及び-C(O)R0からなる群より選択される基で、それぞれ置換されていてもよいピラゾリル、チアゾリル、チアジアゾリル、ピリジル又はピラジニルである(4)記載の化合物。
(6)
[化8]


が単結合である(5)記載の化合物。
(7)
[化9]


が二重結合である(5)記載の化合物。
(8)(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(5-メチルピラジン-2-イル)-3-[(1S)-3-オキソシクロペンチル]アクリルアミド、
(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(1-メチル-1H-ピラゾール-3-イル)-3-[(1S)-3-オキソシクロペンチル]アクリルアミド、
(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(5-フルオロ-1,3-チアゾール-2-イル)-3-[(1S)-3-オキソシクロペンチル]アクリルアミド、
(2R)-N-(4-アセチル-1,3-チアゾール-2-イル)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(5-メチルピリジン-2-イル)-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(5-メチルピラジン-2-イル)-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(ヒドロキシメチル)ピラジン-2-イル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド、
(2R)-N-(5-クロロピラジン-2-イル)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(5-メトキシピラジン-2-イル)-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-ヒドロキシシクロペンチル]-N-(5-メチルピラジン-2-イル)プロパナミド、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-ヒドロキシシクロペンチル]-N-(5-メトキシピラジン-2-イル)プロパナミド、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(2-ヒドロキシエトキシ)ピラジン-2-イル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド、及び、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(2-ヒドロキシ-2-メチルプロポキシ)ピラジン-2-イル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド
からなる群より選択される式(I)で示される化合物またはその製薬学的に許容される塩。
[0026]
 本発明の化合物は、置換基の種類によっては他の互変異性体や幾何異性体が存在する場合もある。本明細書中、それら異性体の一形態のみで記載することがあるが、本発明にはこれらの異性体も包含し、異性体の分離したもの、あるいは混合物も包含する。
 また、化合物(I)は不斉炭素原子や軸不斉を有する場合があり、これに基づく(R)体、(S)体などの光学異性体が存在しうる。本発明はこれらの光学異性体の混合物や単離されたものを全て包含する。
 更に、本発明には、化合物(I)の薬理学的に許容されるプロドラッグも含まれる。薬理学的に許容されるプロドラッグとは、加溶媒分解により又は生理学的条件下で本発明のアミノ基、OH、CO2H等に変換できる基を有する化合物である。プロドラッグを形成する基としては、例えば、Prog. Med., 5, 2157-2161 (1985)や「医薬品の開発」(廣川書店、1990年)第7巻 分子設計163-198に記載の基が挙げられる。
[0027]
 更に、本発明化合物は、置換基の種類によっては酸付加塩又は塩基との塩を形成する場合もあり、かかる塩が製薬学的に許容され得る塩である限りにおいて本発明に包含される。具体的には、塩酸、臭化水素酸、ヨウ化水素酸、硫酸、硝酸、リン酸等の無機酸や、ギ酸、酢酸、プロピオン酸、シュウ酸、マロン酸、コハク酸、フマル酸、マレイン酸、乳酸、リンゴ酸、酒石酸、クエン酸、メタンスルホン酸、エタンスルホン酸、p-トルエンスルホン酸、アスパラギン酸、又はグルタミン酸等の有機酸との酸付加塩、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、アルミニウム等の無機塩基、メチルアミン、エチルアミン、エタノールアミン、リシン、オルニチン等の有機塩基との塩やアンモニウム塩等が挙げられる。
 本発明は、本発明化合物及びその製薬学的に許容され得る塩の各種の水和物や溶媒和物、及び結晶多形を有する物質も包含する。
[0028]
(製造法)
 本発明化合物及びその製薬学的に許容され得る塩は、その基本骨格あるいは置換基の種類に基づく特徴を利用し、種々の公知の合成法を適用して製造することができる。その際、官能基の種類によっては、当該官能基を原料乃至中間体の段階で適当な保護基(容易に当該官能基に転化可能な基)に置き換えておくことが製造技術上効果的な場合がある。このような官能基としては例えばアミノ基、水酸基、カルボキシル基等であり、それらの保護基としては例えばグリーン(Greene)及びウッツ(Wuts)著、「Protective Groups in Organic Synthesis(第3版、1999年)」に記載の保護基等を挙げることができ、これらを反応条件に応じて適宜選択して用いればよい。このような方法では、当該保護基を導入して反応を行った後、必要に応じて保護基を除去することにより、所望の化合物を得ることができる。
 また、化合物(I)のプロドラッグは上記保護基と同様、原料乃至中間体の段階で特定の基を導入、あるいは得られた化合物(I)を用い反応を行うことで製造できる。反応は通常のエステル化、アミド化、脱水等、当業者により公知の方法を適用することにより行うことができる。
 以下、本発明化合物の代表的な製造法を説明する。なお、本発明の製造法は以下に示した例には限定されない。
[0029]
(製法1)
[化10]


(式中、Lは脱離基又はOHを示す。以下同様。)
 本製法は、化合物(1)と化合物(2)とをアミド化反応に付して、(I)で示される本発明化合物を得る方法である。Lの脱離基としては、メタンスルホニルオキシもしくはp-トルエンスルホニルオキシ等の有機スルホン酸基、ハロゲン等が挙げられる。或いは、(1)として、種々の酸無水物が使用できる。
 Lが水酸基である場合はN,N'-ジシクロヘキシルカルボジイミド(DCC)、1-エチル-3-(3'-ジメチルアミノプロピル)カルボジイミド(WSC)、1,1'-カルボニルジイミダゾール(CDI)、ジフェニルホスホリルアジド(DPPA)、オキシ塩化リン/ピリジン、トリフェニルホスフィン/N-ブロモスクシンイミド等の縮合剤の存在下反応を行うことができ、場合によっては、更に添加剤(例えば、N-ヒドロキシスクシンイミド(HONSu)、1-ヒドロキシベンゾトリアゾール(HOBt)等)の存在下行うことができる。Lが脱離基である場合は、炭酸ナトリウム、炭酸カリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸水素カリウム等の無機塩基、或いは、トリエチルアミン、ジイソプロピルエチルアミン、ピリジン等の有機塩基の存在下反応させるのが好ましい場合がある。
 溶媒は、ベンゼン、トルエン、キシレン等の芳香族炭化水素類、ジエチルエーテル、テトラヒドロフラン(THF)、ジオキサン、ジグリム、1,2-ジメトキシエタン、2-メトキシジエチルエーテル等のエーテル類、ジクロロメタン、1,2-ジクロロエタン、クロロホルム等のハロゲン化炭化水素類、アセトニトリル、酢酸エチル等の反応に不活性な溶媒を単独で、又は2種以上混合して用いることができる。また、化合物(1)及び化合物(2)は、等モル乃至過剰量を、反応や化合物に応じて適宜使用する。
[0030]
 式(I)における種々の置換基は、本発明化合物(I)を原料として、当業者にとって自明である反応、又はこれらの変法を用いることにより、他の官能基へと容易に変換することができる。例えば、アルキル化、加水分解、アミド化、還元等、当業者が通常採用し得る工程を任意に組み合わせて行うことができる。
[0031]
(原料化合物の製造)
 上記製造法における原料化合物は、例えば下記の方法、公知の方法あるいはそれらの変法を用いて製造することができる。
[0032]
(原料合成1)
[化11]


(式中、Eはエステル又はニトリル等のカルボン酸等価体を、L1はハロゲン等の脱離基を意味する。以下同様。)
 原料化合物(6)は、対応するエステル体又はニトリル体である化合物(5)を酸性または塩基性条件化で加水分解反応を行うことにより製造できる。酸としては、塩酸、臭化水素酸等を、塩基としては、水酸化リチウム、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム等をそれぞれ用いることができる。
 化合物(5)は、化合物(3)と化合物(4)をアルキル化反応に付すことにより製造できる。反応はアルキル化反応の常法により行うことができ、リチウムジイソプロピルアミド(LDA)、水素化ナトリウム、カリウムヘキサメチルジシラジド、t-ブトキシカリウム、ブチルリチウム等の塩基の存在下、エーテル類や1,3-ジメチルテトラヒドロピリミジノン(DMPU)等の反応に不活性な溶媒中、冷却下~加熱下に行うことができる。
 また、原料化合物(6)に不斉炭素がある場合、光学活性な原料化合物(6)は、例えば、ラセミの化合物(6)を(4R)-4-ベンジル-1,3-オキサゾリジン-2-オン等の不斉補助基とアミド化してジアステレオマーとして分離した後、加水分解することによって得ることができる。
[0033]
(原料合成2)
[化12]


(式中、La及びLbはいずれか一方はハロゲンまたはトリフルオロメチルスルホニルオキシ基を、他方は-B(ORZ)2または-SnR03を示し、RZはHまたは低級アルキル、或いは2つのRZが一体となって低級アルキレンを示す。以下同様。)
 原料化合物(10)は、対応するエステル体又はニトリル体である化合物(9)を、原料合成1の加水分解と同様にして製造することができる。化合物の種類によっては、Z体及びE体の混合物である化合物(9)を用いても、B環とベンゼン環が二重結合に対してZ配置である化合物(10)を選択的に得ることができる。
 化合物(9)は、化合物(7)と化合物(8)のカップリング反応により製造することができる。
 カップリング反応は、テトラキストリフェニルホスフィンパラジウム、酢酸パラジウム、1,1'-ビス(ジフェニルホスフィノ)フェロセン-パラジウム(II)ジクロリド等のパラジウム錯体を触媒として用い、エーテル類、メタノール、エタノール等のアルコール類、ハロゲン化炭化水素類、芳香族炭化水素類または水等の溶媒中、あるいはこれらの混合溶媒中、冷却下、室温下乃至加熱下、化合物(7)と化合物(8)を等量若しくは一方を過剰量用いて行うことができる。また、炭酸ナトリウム、炭酸セシウム、ナトリウム tert-ブトキシド等の塩基や塩化リチウム、臭化リチウム等のリチウム塩の存在下に反応させるのが、反応を円滑に進行させる上で有利な場合がある。
[0034]
(原料合成3)
[化13]


(式中、Rxはウィッティヒ試薬の残部を、X-はハロゲンアニオン等のカウンターアニオンを示す。以下同様。)
 化合物(9)は、化合物(11)と化合物(12)のウィッティヒ反応によっても製造することができる。
 ウィッティヒ反応は、炭酸カリウム、tert-ブトキシカリウム、水素化ナトリウム、n-ブチルリチウム、リチウムヘキサジシラジド等を塩基として、前述の芳香族炭化水素類、エーテル類、ハロゲン化炭化水素類、N,N-ジメチルホルムアミド(DMF)、N,N-ジメチルアセトアミド(DMA)、N-メチルピロリドン(NMP)、ジメチルスルホキシド(DMSO)、アセトニトリル等の溶媒中、冷却下乃至加熱下で行うことができる。
[0035]
(原料合成4)
[化14]


 化合物(5)は、化合物(9)の二重結合を還元することによって製造することができる。
 還元反応は、触媒として、パラジウム-炭素、水酸化パラジウム-炭素、ラネーニッケル、白金等を用い、常圧乃至加圧の水素雰囲気下、前述の芳香族炭化水素類、エーテル類、ハロゲン化炭化水素類、酢酸エチル等のエステル類、DMF、DMA、NMP、酢酸等反応に不活性な溶媒中、室温乃至加熱下に行うことができる。化合物によっては酸(好ましくは、塩酸、酢酸等)の存在下に反応させることが、反応を円滑に進行させる上で有利な場合がある。
 あるいは、ヒドリド型の反応剤による還元反応を用いることもできる。例えば、アルコール類、エーテル類あるいはこれらの混合溶媒中、水素化ホウ素ナトリウムあるいは水素化ホウ素ナトリウム/塩化ニッケル6水和物を作用させることにより、冷却下乃至加熱下に還元反応を行うことができる。
[0036]
(原料合成5)
[化15]


(式中、Lcはハロゲンまたはトリフルオロメチルスルホニルオキシ基を、Ldは-B(ORY)2を示し、RYはHまたは低級アルキル、或いは2つのRYが一体となって低級アルキレンを示す。以下同様。)
 化合物(15)は、化合物(13)と化合物(14)のカップリング反応により製造することができる。
 カップリング反応は、テトラキストリフェニルホスフィンパラジウム、酢酸パラジウム、1,1'-ビス(ジフェニルホスフィノ)フェロセン-パラジウム(II)ジクロリド等のパラジウム錯体を触媒として用い、エーテル類、アルコール類、ハロゲン化炭化水素類、芳香族炭化水素類または水等の溶媒中、あるいはこれらの混合溶媒中、冷却下、室温下乃至加熱下、化合物(13)と化合物(14)を等量若しくは一方を過剰量用いて行うことができる。また、炭酸ナトリウム、炭酸セシウム、ナトリウム tert-ブトキシド、リン酸三カリウム等の塩基の存在下に反応させるのが、反応を円滑に進行させる上で有利な場合がある。
 化合物(13)は、化合物(5)又は化合物(9)と同様にして製造することができる。
[0037]
 本発明化合物は、遊離化合物、その製薬学的に許容される塩、水和物、溶媒和物、あるいは結晶多形の物質として単離され、精製される。本発明化合物(I)の製薬学的に許容される塩は、常法の造塩反応に付すことにより製造することもできる。
 単離、精製は、抽出、分別結晶化、各種分画クロマトグラフィー等通常の化学操作を適用して行われる。
 各種の異性体は、適当な原料化合物を選択することにより、あるいは異性体間の物理化学的性質の差を利用して分離することができる。例えば、光学異性体は一般的な光学分割法(例えば、光学活性な塩基又は酸とのジアステレオマー塩に導く分別結晶化やキラルカラム等を用いたクロマトグラフィー等)により、立体化学的に純粋な異性体に導くことができる。また、適当な光学活性な原料化合物より製造することもできる。
[0038]
 本発明化合物の薬理活性は以下の試験により確認した。
試験例1 グルコキナーゼ(GK)活性化の測定
 本試験は、Science 301: 370-373, 2003に記載された方法に準拠し、一部これを改変して実施した。以下、その概要を示す。
まず、GK(GenBank No. AK122876)のクローニングを行った。プライマーとして、5'-TAGAATTCATGGCGATGGATGTCACAAG-3'(配列番号1)および5'-ATCTCGAGTCACTGGCCCAGCATACAG-3'(配列番号2)を用い、また、鋳型としてpME18S-FL3-Glucokinase isoform 2を用いてPCRを行った。得られた反応産物をpGEM-T easyベクターにTAクローニングした後、EcoRIおよびXhoIで切断し、同様に切断したpGEX-5X-1ベクターへライゲーションにより導入した。このプラスミドDNA(pGEX-human Glucokinase 2)を用い、GST (Glutathione S-transferase)と融合したリコンビナントヒト肝臓型GK(GST-hGK2)を大腸菌(BL21株)に発現させ、グルタチオンセファロースにより精製した。
GKの反応は96穴プレート上で27℃で行った。まず、ジメチルスルホキシド(DMSO)で希釈した1 μLの被験化合物(終濃度10μM)を、89μLの酵素混合液(いずれも終濃度 25 mM HEPES pH7.4、25 mM KCl、2 mM MgCl2、1 mM ATP、0.1% BSA、1 mM DTT、1 mM NADP (nicotinamide adenine dinucleotide phosphate)、2.5 U/ml グルコース-6-リン酸脱水素酵素、後述のΔODContが0.05~0.10程度となるよう調製されたGST-hGK2)に加えた。次に10 μLの基質溶液(終濃度5 mMグルコース)を加え、反応を開始させた。最終生成物であるNADPHを定量するため、波長340 nmの吸光度を測定し、反応開始後10分の吸光度増加(ΔOD)から下記の式を用いて、被験化合物のGK活性化(%)を算出した。

 GK活性化(%)=[(ΔODTest)-(ΔODCont)]/(ΔODCont)×100
  ΔODTest:被験化合物におけるΔOD
  ΔODCont:DMSOにおけるΔOD

 上記測定の結果を、表1に示す。尚、Exは実施例番号を示す。
[0039]
[表1]


[0040]
試験例2: 正常マウスにおける経口糖負荷試験
 被験化合物は溶媒(5% Cremophor, 5% DMSO 水溶液)に溶解させ、一晩絶食したICRマウスに対して10mg/kgの被験化合物を経口投与し、30分後に経口糖負荷を行った。被験化合物投与直前、糖負荷直前、糖負荷後0.25、0.5、1、2時間に採血し、血糖値を測定した。糖負荷直前から糖負荷後2時間までの血糖値の溶媒対照群に対するAUC低下率(%)を算出した。
 結果を、表2に示す。
[表2]


[0041]
試験例3: 高脂肪食負荷マウスにおける経口糖負荷試験
 被験化合物は溶媒(5% Cremophor, 5% DMSO 水溶液)に溶解させ、約30日間の高脂肪食負荷後に一晩絶食したC57BL/6マウスに対して1mg/kgの被験化合物を経口投与し、30分後に経口糖負荷を行った。被験化合物投与直前、糖負荷直前、糖負荷後0.25、0.5、1、2時間に採血し、血糖値を測定した。糖負荷直前から糖負荷後2時間までの血糖値の溶媒対照群に対するAUC低下率(%)を算出した。
 結果を、表3に示す。
[表3]


[0042]
試験例4: 正常ラットにおける経口糖負荷試験
 被験化合物は溶媒(5% Cremophor, 5% DMSO 水溶液)に溶解させ、一晩絶食したSDラットに対して1mg/kgの被験化合物を経口投与し、30分後に経口糖負荷を行った。被験化合物投与直前、糖負荷直前、糖負荷後0.5、1、2時間に採血し、血糖値を測定した。糖負荷直前から糖負荷後2時間までの血糖値の溶媒対照群に対するAUC低下率(%)を算出した。
 結果を、表4に示す。
[表4]


[0043]
 以上の試験結果より、本発明化合物は、良好なGK活性化作用を有することが確認された。また、種々の副作用(hERGやCYPに対する作用)及び/又は溶解性が改善された化合物も見出されていることから、本発明化合物は糖尿病等の予防・治療薬として有用であることは明らかである。
[0044]
 本発明化合物(I)又はその塩の1種又は2種以上を有効成分として含有する製剤は、当分野において通常用いられている薬剤用担体、賦形剤等を用いて通常使用されている方法によって調製することができる。
 投与は錠剤、丸剤、カプセル剤、顆粒剤、散剤、液剤等による経口投与、又は、関節内、静脈内、筋肉内等の注射剤、坐剤、点眼剤、眼軟膏、経皮用液剤、軟膏剤、経皮用貼付剤、経粘膜液剤、経粘膜貼付剤、吸入剤等による非経口投与のいずれの形態であってもよい。
 本発明による経口投与のための固体組成物としては、錠剤、散剤、顆粒剤等が用いられる。このような固体組成物においては、1種又は2種以上の有効成分を、少なくとも1種の不活性な賦形剤、例えば乳糖、マンニトール、ブドウ糖、ヒドロキシプロピルセルロース、微結晶セルロース、デンプン、ポリビニルピロリドン、及び/又はメタケイ酸アルミン酸マグネシウム等と混合される。組成物は、常法に従って、不活性な添加剤、例えばステアリン酸マグネシウムのような滑沢剤やカルボキシメチルスターチナトリウム等のような崩壊剤、安定化剤、溶解補助剤を含有していてもよい。錠剤又は丸剤は必要により糖衣又は胃溶性若しくは腸溶性物質のフィルムで被膜してもよい。
 経口投与のための液体組成物は、薬剤的に許容される乳濁剤、溶液剤、懸濁剤、シロップ剤又はエリキシル剤等を含み、一般的に用いられる不活性な希釈剤、例えば精製水又はエタノールを含む。当該液体組成物は不活性な希釈剤以外に可溶化剤、湿潤剤、懸濁剤のような補助剤、甘味剤、風味剤、芳香剤、防腐剤を含有していてもよい。
 非経口投与のための注射剤は、無菌の水性又は非水性の溶液剤、懸濁剤又は乳濁剤を含有する。水性の溶剤としては、例えば注射用蒸留水又は生理食塩液が含まれる。非水溶性の溶剤としては、例えばプロピレングリコール、ポリエチレングリコール又はオリーブ油のような植物油、エタノールのようなアルコール類、又はポリソルベート80(局方名)等がある。このような組成物は、さらに等張化剤、防腐剤、湿潤剤、乳化剤、分散剤、安定化剤、又は溶解補助剤を含んでもよい。これらは例えばバクテリア保留フィルターを通す濾過、殺菌剤の配合又は照射によって無菌化される。また、これらは無菌の固体組成物を製造し、使用前に無菌水又は無菌の注射用溶媒に溶解又は懸濁して使用することもできる。
 吸入剤や経鼻剤等の経粘膜剤は固体、液体又は半固体状のものが用いられ、従来公知の方法に従って製造することができる。例えば公知の賦形剤や、更に、pH調整剤、防腐剤、界面活性剤、滑沢剤、安定剤や増粘剤等が適宜添加されていてもよい。投与は、適当な吸入又は吹送のためのデバイスを使用することができる。例えば、計量投与吸入デバイス等の公知のデバイスや噴霧器を使用して、化合物を単独で又は処方された混合物の粉末として、もしくは医薬的に許容し得る担体と組み合わせて溶液又は懸濁液として投与することができる。乾燥粉末吸入器等は、単回又は多数回の投与用のものであってもよく、乾燥粉末又は粉末含有カプセルを利用することができる。あるいは、適当な駆出剤、例えば、クロロフルオロアルカン、ヒドロフルオロアルカン又は二酸化炭素等の好適な気体を使用した加圧エアゾールスプレー等の形態であってもよい。
[0045]
 通常経口投与の場合、1日の投与量は、体重当たり約0.001~100mg/kg、好ましくは0.1~30mg/kg、更に好ましくは0.1~10mg/kgが適当であり、これを1回であるいは2乃至4回に分けて投与する。静脈内投与される場合は、1日の投与量は、体重当たり約0.0001~10mg/kgが適当で、1日1回乃至複数回に分けて投与する。また、経粘膜剤としては、体重当たり約0.001~100mg/kgを1日1回乃至複数回に分けて投与する。投与量は症状、年令、性別等を考慮して個々の場合に応じて適宜決定される。

実施例

[0046]
 以下、実施例に基づき本発明化合物(I)の製法を更に詳細に説明する。本発明化合物は下記実施例に記載の化合物に限定されるものではない。また原料化合物の製法を製造例に示す。
[0047]
製造例1
 60%水素化ナトリウム(496 mg)のDMF(10 mL)溶液に氷冷下で1H-ピラゾール-3-アミン (1.03 g)のDMF(5 mL)溶液を加え室温で30分攪拌した。氷冷下で[(3-ブロモプロポキシ)メチル]ベンゼン (2.93 g)のDMF(10 mL)溶液を加え室温で一晩攪拌した。飽和食塩水及び飽和重曹水を加えクロロホルムで抽出した。有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥し濃縮した。得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=1:1-1:3)で精製し、1-[3-(ベンジルオキシ)プロピル]-1H-ピラゾール-3-アミン (835 mg)を淡黄色油状物として得た。
[0048]
製造例2
 2-ブロモベンゼンチオール(50g)のDMF (500mL)溶液にブロモシクロプロパン(41.6 g)、炭酸カリウム(54.8g)及びトリフェニルメタンチオール(1.46 g)を加え、内温80℃で24時間攪拌した。室温まで冷却し、水と酢酸エチルを加えた後に有機層を分離した。有機層を飽和炭酸水素ナトリウム水溶液および飽和食塩水で洗浄後、無水硫酸マグネシウムで乾燥し、減圧下で濃縮した。残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィーで精製し、1-ブロモ-2-(シクロプロピルスルファニル)ベンゼン(49.3g)を得た。
[0049]
製造例3
 塩化アルミニウム(40.2g)のジクロロメタン(1200mL)懸濁液にクロロ(オキソ)酢酸エチル(32.3g)を0℃にて滴下し、同温で1時間攪拌した。反応液を5℃以下に保ちながら、1-ブロモ-2-(シクロプロピルスルファニル)ベンゼン(49.3g)のジクロロメタン(280mL)溶液を滴下し、室温で1時間攪拌した。反応液を0℃まで冷却し、水を加え反応を停止した。反応液を酢酸エチルで抽出し、有機層を水、飽和炭酸水素ナトリウム水溶液、飽和食塩水で順次洗浄した。無水硫酸マグネシウムで乾燥した後に、濃縮した。残渣をシリガゲルクロマトグラフィーにより精製し、[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルファニル)フェニル](オキソ)酢酸エチル(29.8g)を得た。
[0050]
製造例4
 ヨウ化 トリフェニル(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イルメチル)ホスホニウム(9.27g)のTHF(70mL)懸濁液にリチウム 1,1,1,3,3,3-ヘキサメチルジシラジド(1M THF溶液、 19.0mL)を0℃以下で滴下した後、0℃付近で1時間攪拌した。反応液に[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルファニル)フェニル](オキソ)酢酸エチル(5.0g)のTHF(10mL)溶液を2℃以下で滴下した。反応液を氷冷下30分間攪拌した後、室温で15時間攪拌した。4M塩酸を10℃以下で滴下しpHを7とした後、減圧下で濃縮した。残渣にジエチルエーテルを加え、生じた固体をろ別した。ろ液を水と飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥後、減圧下で濃縮した。残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィーで精製し、2-[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルファニル)フェニル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)アクリル酸エチル(4.57g)をオレフィンの(E), (Z)-混合物として得た。
[0051]
製造例5
 2-[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルファニル)フェニル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)アクリル酸エチル(4.57g)をジクロロメタン(91mL)に溶解し、氷冷した。この溶液にm-クロロ過安息香酸(5.75g)を5回に分けて加えた。室温に昇温し、2時間撹拌した。反応混合物に飽和炭酸水素ナトリウム水溶液を加え、さらに1M 亜硫酸ナトリウム水溶液を加えた。有機層を分離した後、水層をジクロロメタンで抽出した。有機層をあわせて飽和炭酸水素ナトリウム水溶液で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した後に減圧下で濃縮して2-[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)アクリル酸エチル(4.72g)をオレフィンの(E), (Z)-混合物として得た。
[0052]
製造例6
 2-[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)アクリル酸エチル(4.72g)、シクロプロピルホウ酸(1.37g)及びテトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(615mg)をトルエン(142mL)に溶解し、この溶液にリン酸三カリウム(4.07g, 19.2mmol)と水(7.1mL)を加えた。混合物を100℃で20時間撹拌した。室温まで冷却し、水と酢酸エチルを加えた。有機層を分離し、飽和炭酸水素ナトリウム水溶液と飽和食塩水で洗浄した後に無水硫酸マグネシウムで乾燥した。減圧下で濃縮し、残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィーで精製して2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)アクリル酸エチル(3.50g)をオレフィンの(E), (Z)-混合物として得た。
[0053]
製造例7
 2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)アクリル酸エチル(3.50g)をメタノール(42mL)に溶解し、この溶液に別途調製した8M 水酸化カリウム水溶液(27mL)をゆっくりと加えた。室温で3時間撹拌した後、メタノールを減圧下で留去し、濃塩酸を注意深く加え中和した。生じた固体をろ取し、水で洗浄した後に風乾した。粗生成物をジエチルエーテルで洗浄した後に減圧下で乾燥し、(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)アクリル酸(2.47g)を得た。
[0054]
製造例8
 3-(ヨードメチル)テトラヒドロフラン(10.1g)のアセトニトリル(101mL)溶液にトリフェニルホスフィン(13.1g)を加え、1週間加熱還流した。溶液を減圧下で濃縮した後、ジエチルエーテルを加えた。生じた固体をろ取し、ジエチルエーテルで洗浄することにより、ヨウ化 トリフェニル(テトラヒドロフラン-3-イルメチル)ホスホニウム(18.8g)を白色固体として得た。
[0055]
製造例9
 1H-ピラゾール-3-アミンのDMSO(15 mL)溶液に室温で水酸化カリウム(3.18 g)を加えた。室温で30分攪拌したのち、反応混合物に (R)-(+)-4-クロロメチル-2,2-ジメチル-1,3-ジオキソラン (3.0 g)のDMSO(10 mL)溶液を加えて室温で3日攪拌した。反応混合物に水を加え酢酸エチルで抽出した。有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥し濃縮した。得られた粗生成物を塩基性シリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=1:1-1:3)で精製し、1-{[(4S)-2,2-ジメチル-1,3-ジオキソラン-4-イル]メチル}-1H-ピラゾール-3-アミン (1.0 g)を薄紫色油状物として得た。
[0056]
製造例10
 2-[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルファニル)フェニル]-3-(8,8-ジメチル-6,10-ジオキサスピロ[4.5]デク-2-イル)アクリル酸エチル(1.63g、 (E),(Z)-混合物)をメタノール(16.3mL)-THF(16.3mL)混合溶媒中に溶解し、氷冷した。この溶液にオキソン(登録商標、2.43g)の水(16.3mL)溶液を加えた後に室温に昇温し、1時間撹拌した。飽和炭酸水素ナトリウム水溶液を加え、さらに1M 亜硫酸ナトリウム水溶液と酢酸エチルを加えた。有機層を分離した後、水層を酢酸エチルで抽出した。有機層をあわせて飽和炭酸水素ナトリウム水溶液で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した後に減圧下で濃縮して2-[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルフィニル)フェニル]-3-(8,8-ジメチル-6,10-ジオキサスピロ[4.5]デク-2-イル)アクリル酸エチル(1.64g)をオレフィンの(E), (Z)-混合物として得た。
[0057]
製造例11
 2-[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルファニル)フェニル]-3-(8,8-ジメチル-6,10-ジオキサスピロ[4.5]デク-2-イル)アクリル酸エチル(2.40g、(E),(Z)-混合物)、シクロプロピルホウ酸(606mg, 7.05mmol)及びテトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(272mg, 0.24mmol)をトルエン(72mL)に溶解し、この溶液にリン酸三カリウム(1.80g, 8.46mmol)と水(3.6mL)を加えた。混合物を100℃で20時間撹拌した。室温まで冷却し、水と酢酸エチルを加えた。有機層を分離し、飽和炭酸水素ナトリウム水溶液と飽和食塩水で洗浄した後に無水硫酸マグネシウムで乾燥した。減圧下で濃縮し、残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィーで精製した。得られた中間体をジクロロメタン(48mL)に溶解し、氷冷した。この溶液に炭酸水素ナトリウム(3.95g)、続いてm-クロロ過安息香酸(1.30g)を加えた。室温に昇温し、1時間撹拌した。反応混合物に水を加えて反応を停止し、さらに1M 亜硫酸ナトリウム水溶液を加えた。有機層を分離した後、水層をジクロロメタンで抽出した。有機層をあわせて飽和炭酸水素ナトリウム水溶液で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した後に減圧下で濃縮して2-[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(8,8-ジメチル-6,10-ジオキサスピロ[4.5]デク-2-イル)アクリル酸エチル(1.82g)をオレフィンの(E), (Z)-混合物として得た。得られた混合物をメタノール(22.1mL)に溶解し、この溶液に別途調製した8M 水酸化カリウム水溶液(11.8mL)をゆっくりと加えた。室温で3時間撹拌した後、濃塩酸を注意深く加えてpHを1-2とした。メタノールを減圧下で留去し、クロロホルムで抽出操作を行った。有機層を無水硫酸ナトリウムで乾燥し、減圧下で濃縮して得られた固体を減圧下で乾燥して(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(3-オキソシクロペンチル)アクリル酸(1.41g)を得た。
[0058]
製造例12
 2-[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルファニル)フェニル]-3-[(2S,3S,7R)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]アクリル酸エチル(2.58g, (E),(Z)-混合物)をジクロロメタン(77mL)に溶解し、氷冷した。この溶液に炭酸水素ナトリウム(7.87g)、続いてm-クロロ過安息香酸(2.31g)を加えた。氷冷下30分撹拌し、さらに室温に昇温して3時間撹拌した。ジクロロメタン(55mL)及びm-クロロ過安息香酸(0.32g)をさらに加え、室温で1時間撹拌した。反応混合物に水を加えて反応を停止し、有機層を分離した。有機層を飽和炭酸水素ナトリウム水溶液で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した後に減圧下で濃縮した。残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィーで精製し、2-[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2S,3S,7R)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]アクリル酸エチル(2.52g)をオレフィンの(E), (Z)-混合物として得た。
[0059]
製造例13
 2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2S,3S,7R)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]アクリル酸エチル(1.77g, (E),(Z)-混合物)をメタノール(21.2mL)とジオキサン(21.2mL)の混合溶媒に溶解し、この溶液に別途調製した8M 水酸化カリウム水溶液(21.2mL)をゆっくりと加えた。室温で10分間撹拌した後、70℃の油浴で加熱下2時間撹拌した。室温まで放冷し、氷冷下濃塩酸を注意深く加えた。混合物を90℃の油浴で加熱しながら2時間撹拌し、再度室温まで冷却した。クロロホルムを加え、有機層を分離した。水層をクロロホルムで抽出し、有機層を合わせて無水硫酸ナトリウムで乾燥した後、減圧下で濃縮した。残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィーで精製して(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]アクリル酸(952mg)を得た。
[0060]
製造例14
 {5-[(tert-ブトキシカルボニル)アミノ]ピラジン-2-イル}酢酸メチル (0.4811 g) のジオキサン(5 mL)溶液に4M塩化水素ジオキサン溶液 (5 mL) を加え、一晩攪拌した。反応液を濃縮して得られた粗生成物をろ取し、酢酸エチルで洗浄した。得られた粗生成物を水に溶解し、飽和重曹水及び酢酸エチルを加え、1時間攪拌した。飽和食塩水を加えた後に酢酸エチル (10 mL × 20 回) で抽出し、得られた有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸マグネシウムを用いて乾燥した。減圧下濃縮し、(5-アミノピラジン-2-イル)酢酸メチル(0.2662g)を淡黄色固体として得た。
[0061]
製造例15
 [4-(ヒドロキシメチル)-1,3-チアゾール-2-イル]カルバミン酸 t-ブチル (1.21 g)のジクロロメタン(15 mL)溶液にドライアイス-アセトンバスで冷却下、ジエチルアミノ硫黄トリフルオリド (0.73 mL)を加え、そのままドライアイスアセトンバスで冷却下30分攪拌した。反応混合物に飽和重曹水を加え酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し無水硫酸マグネシウムで乾燥した後、濃縮して、[4-(フルオロメチル)-1,3-チアゾール-2-イル]カルバミン酸 t-ブチル (480 mg)を白色固体として得た。
[0062]
製造例16
 [4-(フルオロメチル)-1,3-チアゾール-2-イル]カルバミン酸 t-ブチル (480 mg)のジクロロメタン(5 mL)溶液に室温でトリフルオロ酢酸(1 mL)を加えた。室温で5時間攪拌した。反応混合物を濃縮し、飽和重曹水及び飽和食塩水を加えた。溶媒(クロロホルム:イソプロピルアルコール=4:1)で抽出した。有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥し濃縮して、4-(フルオロメチル)-1,3-チアゾール-2-アミン(243 mg)を淡黄色固体として得た。
[0063]
製造例17
 トリフェニルホスフィン(607 mg)のジクロロメタン(10 mL)溶液に氷冷下でN-ブロモコハク酸イミド(412 mg)を加え、氷冷下で15分攪拌した。氷冷下、(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]アクリル酸(600 mg)のジクロロメタン(10 mL)溶液を加え、室温で0.5時間攪拌した。室温で6-アミノニコチン酸メチル(160 mg)のジクロロメタン(10 mL)溶液とピリジン(0.17 mL)を加え室温で一晩攪拌した。反応混合物に水を加え酢酸エチルで抽出した。有機層を1M塩酸、飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄し無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=3:1-1:1)で精製した。得られた淡黄色アモルファスのジオキサン(4 mL)溶液に1M水酸化ナトリウム水溶液(1.2 mL)を加え、50℃で1時間攪拌した。1M塩酸を加えpHを2とした後、飽和食塩水を加えた。クロロホルムで抽出し、有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=1:1-3:1)で精製し、6-({(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]プロプ-2-エノイル}アミノ)ニコチン酸(194 mg)を白色アモルファスとして得た。
[0064]
製造例18
 2-アミノ[1,3]チアゾロ[5,4-b]ピリジン-5-オール 2臭化水素酸塩(10 g)のDMF(20 mL)溶液に、室温で炭酸カリウム(25.2 g)及び酢酸 2-ブロモエチル(4 mL)を加えた。80 ℃で2時間攪拌した。反応混合物に飽和食塩水及び水を加え酢酸エチルで抽出した。有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥し濃縮した。得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=1:2-1:3)で精製することにより、酢酸 2-[(2-アミノ[1,3]チアゾロ[5,4-b]ピリジン-5-イル)オキシ]エチル(2.97g)を淡黄色固体として得た。
[0065]
製造例19
 2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1S)-3-オキソシクロペンチル]アクリル酸エチル(400 mg)のジクロロメタン(5 mL)溶液に、酢酸(57 μL)とジエチルアミノ硫黄トリフルオリド(0.71 mL)を加え、6時間還流した。反応液をクロロホルムで希釈した後、水、飽和食塩水で順次洗浄し、有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮した後、残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル:ヘキサン=7:3-1:0)にて精製し、2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1S)-3,3-ジフルオロシクロペンチル]アクリル酸エチル(250 mg)を無色オイルとして得た。
[0066]
製造例20
 [3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルファニル)フェニル](オキソ)酢酸エチル(30g)のトルエン(60 mL)溶液を50℃で加熱後、内温60℃以下で3M水酸化ナトリウム水溶液(36 mL)を加え、50℃で1時間攪拌した。室温で放冷後、反応混合物に水(150 mL)及び酢酸エチル(100 mL)を加えた。水層に氷冷下濃塩酸(12 mL)を加え、酢酸エチル(100 mL×3)で抽出した。有機層を飽和食塩水(100 mL)で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥後、減圧下溶媒を留去した。残渣をヘキサン/酢酸エチル(19/1、200 mL)、ジエチルエーテル/ヘキサン(1/2、200 mL)で順次洗浄することで[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルファニル)フェニル](オキソ)酢酸(14.7 g)を薄黄色固体として得た。
[0067]
製造例21
 ヒドラジン一水和物(16.9 mL)に氷冷下[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルファニル)フェニル](オキソ)酢酸(15 g)を加えた後、80℃で10分間攪拌した。反応混合物に水酸化カリウム(8.22 g)を加え、80℃で20分間攪拌した後、100℃で終夜攪拌した。室温で放冷後、氷冷下濃塩酸(50 mL)を加え、クロロホルム(50 mL×3)で抽出した。有機層を1M塩酸(50 mL×2)、飽和食塩水(50mL)で順次洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥した後、減圧下溶媒を留去することで[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルファニル)フェニル]酢酸(13.5 g)を淡黄色固体として得た。
[0068]
製造例22
 [3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルファニル)フェニル]酢酸(13.5 g)、濃硫酸(0.135 mL)及びメタノール(40mL)の混合物を4時間加熱還流下攪拌した。室温で放冷し、減圧下溶媒を留去した後、反応混合物に1M水酸化ナトリウム水溶液(100 mL)を加え、酢酸エチル(100 mL×3)で抽出した。有機層を飽和食塩水(100 mL)で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した後、減圧下溶媒を留去することにより[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルファニル)フェニル]酢酸メチル(13.8 g)を無色固体として得た。
[0069]
製造例23
 ジイソプロピルアミン(6.94 mL)、1,3-ジメチルテトラヒドロピリミジン-2(1H)-オン(18 mL)及びTHF(60 mL)の混合物に、内温-50℃以下で2.64 M n-ブチルリチウム/ヘキサン溶液(18.4 mL)を加えた後、内温-50℃以下で1時間攪拌した。反応混合物に[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]酢酸メチル(15.0 g)のTHF(20 mL)/1,3-ジメチルテトラヒドロピリミジン-2(1H)-オン(9 mL)溶液を内温-50℃以下にて滴下後、同温で30分間攪拌し、THF(30 mL)を加え-20℃で1時間攪拌した。(2R,3R,7S)-7-(ヨードメチル)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノナン(21.8 g)のTHF(20 mL)溶液を内温-60℃以下にて滴下した後、同温で30分攪拌し、さらに室温で一晩攪拌した。反応混合物に氷冷下、水(200 mL)を加え酢酸エチル(100 mL×3)で抽出した。有機層を水(200 mL)、飽和食塩水(200 mL)で順次洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥後、減圧下溶媒を留去した。残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン/酢酸エチル 19:1 → 1:1)にて精製し、2-[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7R)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]プロピオン酸メチル(20.4g)を淡黄色アモルファスとして得た。
[0070]
製造例24
 2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7R)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]プロピオン酸メチル(66.5 g)、4M水酸化ナトリウム水溶液(66.5 mL)、メタノール(66.5 mL)及びTHF(133 mL)の混合物を30分間加熱還流下攪拌した後、室温で放冷し、減圧下有機溶媒を留去した。残渣にクロロホルム(500 mL)を加えた後、氷冷下濃塩酸(25 mL)を加えた。有機層を飽和食塩水(200 mL×2)で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した後、減圧下溶媒を留去することで2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7R)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]プロピオン酸(64.8 g)を灰白色アモルファスとして得た。
[0071]
製造例25
 2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7R)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]プロピオン酸(70.8 g)のTHF(350 mL)溶液に、氷冷下トリエチルアミン(21 mL)及び2,2-ジメチルプロパノイルクロリド(19 mL)を内温11℃以下で加えた後、室温で1時間攪拌した。別の容器にて(4R)-4-ベンジル-1,3-オキサゾリジン-2-オン(26.3 g)のTHF(200 mL)溶液に内温-50℃以下で2.64M n-ブチルリチウム/ヘキサン溶液(54.8mL)を加え、室温に昇温し1時間攪拌した後、内温-60℃まで冷却した。この反応混合物に、先に調整した酸無水物/THF混合物を内温-50℃以下で滴下後、室温で4時間攪拌した。氷冷下1M水酸化ナトリウム (600 mL)を加え、減圧下有機溶媒を留去した後、酢酸エチル/ヘキサン(1/3、200mL×3)で抽出した。有機層を飽和塩化アンモニウム水溶液(200mL)、飽和食塩水(200mL)で順次洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した後、減圧下溶媒を留去することで(4R)-4-ベンジル-3-{2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7R)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]プロパノイル}-1,3-オキサゾリジン-2-オン(72 g)を褐色オイルとして得た。
[0072]
製造例26
 (4R)-4-ベンジル-3-{2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7R)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]プロパノイル}-1,3-オキサゾリジン-2-オン(70 g)、4M塩酸(140 mL)及びアセトン(560 mL)の混合物を2時間加熱還流下攪拌した。室温で放冷後、飽和炭酸水素ナトリウム水溶液/水(1/1、200 mL)を加え、減圧下有機溶媒を留去した後、酢酸エチル(200 mL×2)で抽出した。有機層を飽和食塩水(100 mL)で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した後、減圧下溶媒を留去した。残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル:ヘキサン=30:70 → 50:50)で精製することで、(4R)-4-ベンジル-3-{(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパノイル}-1,3-オキサゾリジン-2-オン(21 g)を無色アモルファスとして得た。
[0073]
製造例27
 (4R)-4-ベンジル-3-{(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパノイル}-1,3-オキサゾリジン-2-オン(25.7g)、2,2-ジメチルプロパン-1,3-ジオール(50g)、ピリジニウム パラトルエンスルホン酸(1.32g)及びトルエン(205mL)の混合物を6時間加熱還流下攪拌した。室温で放冷後、飽和重曹水(100mL)を加え、水層を酢酸エチル(100mL×2)で抽出した。有機層を合わせ、1M水酸化ナトリウム水溶液(50mL)、飽和塩化アンモニウム水溶液(50mL)、飽和食塩水(50mL)で順次洗浄した後、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。減圧下溶媒を留去することで(4R)-4-ベンジル-3-{(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R)-8,8-ジメチル-6,10-ジオキサスピロ[4.5]デク-2-イル]プロパノイル}-1,3-オキサゾリジン-2-オン(29.8g)を無色アモルファスとして得た。
[0074]
製造例28
 30%過酸化水素水(20mL)に氷冷下、水酸化リチウム(2.3g)の水(45mL)溶液を加えた後、内温12℃以下で(4R)-4-ベンジル-3-{(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R)-8,8-ジメチル-6,10-ジオキサスピロ[4.5]デク-2-イル]プロパノイル}-1,3-オキサゾリジン-2-オン(29.8g)のTHF(240mL)/水(60mL)溶液を滴下し、氷冷下、30分間攪拌した。反応溶液に内温15℃以下で亜硫酸ナトリウム(30g)の水溶液を加え、減圧下有機溶媒を留去した。残渣に氷冷下濃塩酸を加えpHを1-2とした後、酢酸エチル(100mL×3)で抽出した。有機層を飽和重曹水(50mL)、飽和食塩水(50mL)で順次洗浄した後、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。減圧下溶媒を留去することで(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R)-8,8-ジメチル-6,10-ジオキサスピロ[4.5]デク-2-イル]プロピオン酸(22.1 g)を(4R)-4-ベンジル-1,3-オキサゾリジン-2-オンとの混合物の無色オイルとして得た。
[0075]
製造例29
 (2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R)-8,8-ジメチル-6,10-ジオキサスピロ[4.5]デク-2-イル]プロピオン酸(22g)、4M塩酸(22mL)及びアセトン(88mL)の混合物を2時間加熱還流下攪拌した。減圧下溶媒を留去した後、残渣に氷冷下、酢酸エチル/水(1/3、300mL)及び水酸化ナトリウム(5.7g)を加えた。水層に、氷冷下濃塩酸を加えてpHを1とし、クロロホルムを加えた。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した後、減圧下溶媒を留去することで(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロピオン酸(17.9g)を無色アモルファスとして得た。
[0076]
製造例30
 2-(ベンジルオキシ)エタノール (1.94 g)のDMF (60 mL)溶液に氷冷下にて60%水素化ナトリウム (510 mg)を加え室温で30分間攪拌した後、氷浴中で5-クロロピラジン-2-カルボン酸メチル (2 g)を一気に加え、室温で15分攪拌した。氷浴下で反応混合物に1M塩酸を加え酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸マグネシウムにて乾燥した後、減圧下濃縮した。得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=3:1-1:1)にて精製し、無色油状物を得た。得られた無色油状物のメタノール (50 mL)溶液に、室温にて1M水酸化ナトリウム水溶液 (15 mL)を加え室温で2時間攪拌した。氷冷下、反応混合物を1M塩酸にてpHを2とした後、水(約200 mL)を加えた。生じた析出物を溶媒(水:メタノール=5:1)で洗浄しながら濾取することで5-[2-(ベンジルオキシ)エトキシ]ピラジン-2-カルボン酸 (1.089 g)を白色固体として得た。
[0077]
製造例31
 5-[2-(ベンジルオキシ)エトキシ]ピラジン-2-カルボン酸 (1.089 g) をtert-ブチルアルコール (20 mL) に懸濁し、トリエチルアミン (0.66 mL)及びジフェニルホスホリルアジド (0.9 mL) を加えた。反応液を一晩加熱還流し、室温まで放冷した。反応液に水を加え酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄した後に無水硫酸マグネシウムで乾燥した。減圧下濃縮し、得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=5:1-3:1)で精製することで{5-[2-(ベンジルオキシ)エトキシ]ピラジン-2-イル}カルバミン酸tert-ブチル (1.352 g)を白色固体として得た。
[0078]
製造例32
 {5-[2-(ベンジルオキシ)エトキシ]ピラジン-2-イル}カルバミン酸tert-ブチル (614 mg)のジクロロメタン(10 mL)溶液に室温でトリフルオロ酢酸(0.68 mL)を加え、室温で一晩攪拌した。濃縮し飽和重曹水を加えた。酢酸エチルで抽出し、有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた粗生成物を塩基性シリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=5:1-1:1)で精製することで5-[2-(ベンジルオキシ)エトキシ]ピラジン-2-アミン(269 mg)を淡黄色固体として得た。
[0079]
製造例33
 5-アミノピラジン-2-カルボン酸メチル(2 g)のジクロロメタン(20 mL)溶液に氷冷下、ピリジン(36.4 mL)及びクロロギ酸アリル(25.2 mL)をそれぞれ4回に分けて加え、室温で一晩攪拌した。氷冷下、反応混合物に水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を1M塩酸、飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄した。有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥し濃縮した。得られた固体を溶媒(ヘキサン:酢酸エチル=3:1)で洗浄しながらろ取することで5-{[(アリルオキシ)カルボニル]アミノ}ピラジン-2-カルボン酸メチル(481 mg)を白色固体として得た。
[0080]
製造例34
 5-{[(アリルオキシ)カルボニル]アミノ}ピラジン-2-カルボン酸メチル (481 mg)のTHF(10 mL)溶液に氷冷下、3Mメチルマグネシウムブロミド/THF溶液(2.4 mL)を加え、同温で1時間攪拌した。氷冷下、反応混合物に飽和塩化アンモニウム水溶液を加え酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=5:1-2:1)で精製することで[5-(1-ヒドロキシ-1-メチルエチル)ピラジン-2-イル]カルバミン酸アリル(123 mg)を黄色固体として得た。
[0081]
製造例35
 ギ酸(48 mg)及びn-ブチルアミン(76 mg)のTHF(10 mL)溶液に室温でテトラキストリフェニルホスフィンパラジウム(30 mg)及び[5-(1-ヒドロキシ-1-メチルエチル)ピラジン-2-イル]カルバミン酸アリル(123 mg)を加え室温で5時間攪拌した。室温で反応混合物に水、飽和重曹水及び飽和食塩水を加え溶媒(クロロホルム:イソプロピルアルコール=4:1)で抽出した。有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた粗生成物を薄層シリカゲルクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=10:1)で精製することで2-(5-アミノピラジン-2-イル)プロパン-2-オール (51 mg)を淡黄色油状物として得た。
[0082]
製造例36
 N-(5-アセチルピラジン-2-イル)-2,2-ジメチルプロパンアミド(500 mg)のエタノール(10 mL)およびTHF(10 mL)の溶液に氷冷下、水素化ホウ素ナトリウム(86 mg)を加え、氷冷下で30分攪拌した。氷冷下で反応混合物に1M塩酸を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和重曹水、飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥した後濃縮することでN-[5-(1-ヒドロキシエチル)ピラジン-2-イル]-2,2-ジメチルプロパンアミド(525 mg)を褐色固体として得た。
[0083]
製造例37
 N-[5-(1-ヒドロキシエチル)ピラジン-2-イル]-2,2-ジメチルプロパンアミド(394 mg)のメタノール(10 mL)溶液に室温で炭酸カリウム(249 mg)を加え、室温で一晩、60℃で5時間攪拌した。さらに炭酸カリウム(249 mg)を加え60℃で3時間攪拌した。室温まで放冷した後、反応混合物に飽和食塩水を加え、溶媒(クロロホルム:イソプロピルアルコール=4:1)で抽出した。有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥し濃縮した。得られた固体を溶媒(ヘキサン:ジイソプロピルエーテル=1:1)で洗浄しながらろ取することで1-(5-アミノピラジン-2-イル)エタノール (187 mg)を淡黄色固体として得た。
[0084]
製造例38
 N-(5-アセチルピラジン-2-イル)-2,2-ジメチルプロパンアミド(300 mg)のメタノール(10 mL)溶液に室温で炭酸カリウム(750 mg)を加えた。60℃で一晩攪拌した。室温で反応混合物に飽和重曹水及び飽和食塩水を加え、溶媒(クロロホルム:イソプロピルアルコール=4:1)で抽出した。有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥し濃縮した。得られた固体を溶媒(ヘキサン:ジイソプロピルエーテル=1:1)で洗浄しながらろ取することで1-(5-アミノピラジン-2-イル)エタンオン(180 mg)を淡黄色固体として得た。
[0085]
製造例39
 5-(2-オキソエチル)ピラジン-2-カルボン酸メチル(5.08 g)のメタノール(50 mL)溶液に氷冷下、水素化ホウ素ナトリウム(1.07 g)を加え、同温で60分撹拌した。氷冷下、反応混合物に1M塩酸を加えpHを3とした。飽和食塩水を加え、溶媒(酢酸エチル:イソプロピルアルコール=4:1)で抽出した。有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥し濃縮した。得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー (ヘキサン:酢酸エチル=4:1-0:1, クロロホルム:メタノール=1:0-30:1)で精製することで5-(2-ヒドロキシエチル)ピラジン-2-カルボン酸メチル(1.34 g)を赤褐色油状物として得た。
[0086]
製造例40
 5-(2-ヒドロキシエチル)ピラジン-2-カルボン酸メチル(1.07g)のジクロロメタン(20 mL)溶液に室温で3,4-ジヒドロ-2H-ピラン(1.6 mL)及びピリジニウムp-トルエンスルホン酸(295 mg)を加え室温で一晩攪拌した。反応混合物に水を加え酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=2:1-1:2)で精製することで5-[2-(テトラヒドロ-2H-ピラン-2-イルオキシ)エチル]ピラジン-2-カルボン酸メチル(1.25 g)を淡黄色油状物として得た。
[0087]
製造例41
 5-[2-(テトラヒドロ-2H-ピラン-2-イルオキシ)エチル]ピラジン-2-カルボン酸メチル(1.36g)のメタノール(20 mL)溶液に氷冷下で1M水酸化ナトリウム水溶液(15 mL)を加えた。室温で2時間攪拌した。氷冷下、反応混合物に1M塩酸を加えpHを3とした。飽和食塩水を加え、溶媒(クロロホルム:メタノール=4:1)で抽出した。有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥しろ過して濃縮することで5-[2-(テトラヒドロ-2H-ピラン-2-イルオキシ)エチル]ピラジン-2-カルボン酸 (1.50 g)を褐色油状物として得た。
[0088]
製造例42
 5-[2-(テトラヒドロ-2H-ピラン-2-イルオキシ)エチル]ピラジン-2-カルボン酸(1.28 g)のトルエン(20 mL)溶液に室温でトリエチルアミン(0.85 ml)及びジフェニルホスホリルアジド(1.3 mL)を加え室温で15分攪拌した。反応溶液を90℃に加温し、30分攪拌した。反応溶液にベンジルアルコール (1.05 mL)を加えて3時間還流した。室温まで放冷し、反応溶液に水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄し無水硫酸マグネシウムで乾燥した。ろ過して濃縮して得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=5:1-2:1)で精製した。得られた固体を溶媒(ヘキサン:ジイソプロピルエーテル=5:1)で洗浄しながらろ取することで{5-[2-(テトラヒドロ-2H-ピラン-2-イルオキシ)エチル]ピラジン-2-イル}カルバミン酸ベンジル (461 mg)を白色固体として得た。
[0089]
製造例43
 {5-[2-(テトラヒドロ-2H-ピラン-2-イルオキシ)エチル]ピラジン-2-イル}カルバミン酸ベンジル (416 mg)のメタノール(20 mL)およびTHF(10 mL)溶液に10%パラジウム炭素(100 mg)を加え、水素雰囲気下で2時間攪拌した。セライトろ過して濃縮することで5-[2-(テトラヒドロ-2H-ピラン-2-イルオキシ)エチル]ピラジン-2-アミン (305 mg)を淡黄色油状物として得た。
[0090]
製造例44
 2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)アクリル酸 エチル(2.62 g)のエタノール(24 mL)およびTHF(12 mL)溶液に氷冷下で塩化ニッケル (II) 6水和物 (154 mg)を加えた。続いて氷冷下で水素化ホウ素ナトリウム(489 mg)を加え室温で一晩攪拌した。氷冷下、反応混合物に1M塩酸及び水を加えた。生じた黒色固体をセライトろ過して除去し、ろ液を酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮することにより2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)プロピオン酸エチル (2.82 g)を無色油状物として得た。
[0091]
製造例45
 水素化リチウムアルミニウム (3.36 g)のTHF(215 mL)混合液にメタノール-氷浴中で(2S,3S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.5]デカン-8-カルボン酸エチル (43.3 g)のTHF溶液(215 mL)を内温10℃以下で30分かけて加えた後、内温10℃以下で1時間、氷浴中で2時間攪拌した。氷浴下で反応混合物に水(8.6 mL)、10% 水酸化ナトリウム水溶液 (8.6 mL)、水 (27.5 mL)を順次加え、室温で30分攪拌した。固形物をセライトろ過して除き、ろ液を濃縮することで[(2S,3S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.5]デク-8-イル]メタノール (38.4 g)を薄桃色油状物として得た。
[0092]
製造例46
 [(2S,3S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.5]デク-8-イル]メタノール (47.2 g)のジクロロメタン(500 mL)溶液に氷冷下でトリエチルアミン(25.4 mL)及びメタンスルホニルクロリド(13.5 mL)を3℃以下で30分かけて加え、氷冷下で3時間攪拌した。室温へ昇温し、析出した固体をセライトろ過し、ろ液を濃縮することで[(2S,3S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.5]デク-8-イル]メタンスルホン酸メチル (64.5 g)を薄桃色油状物として得た。
[0093]
製造例47
 [(2S,3S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.5]デク-8-イル]メタンスルホン酸メチル(58.6 g)のアセトン(800 mL)溶液に、室温でヨウ化ナトリウム(52.3 g)を加えた。混合物を一晩加熱還流し、再度室温まで冷却した。反応混合物に水と酢酸エチルを加えた。有機層を分離し、飽和炭酸水素ナトリウム水溶液と飽和食塩水で順次洗浄した後、無水硫酸マグネシウムで乾燥した。減圧下で濃縮して得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=1:0-50:1-30:1-10:1)で精製することで(2S,3S)-8-(ヨードメチル)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.5]デカン(40.6 g)を淡黄色油状物として得た。
[0094]
製造例48
 60%水素化ナトリウム(2.30 g)とDMF(60.2 mL)の混合物に、氷冷下2-ヒドロキシ-2-メチルプロパン酸メチル(6.02 mL)をゆっくり加えた。さらに4-(クロロメチル)フェニルメチルエーテル(7.83 mL)を加え、室温で2時間攪拌した。反応混合物に飽和塩化アンモニウム水溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。溶媒を留去し、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(クロロホルム:ヘキサン=20:80)で精製して、無色油状物の2-[(4-メトキシベンジル)オキシ]-2-メチルプロパン酸メチル(12.5 g)を得た。
[0095]
製造例49
 水素化ホウ素リチウム(2.29 g)とTHF(200 mL)の混合物に、氷冷下2-[(4-メトキシベンジル)オキシ]-2-メチルプロパン酸メチル(12.5 g)を滴下し、60℃で2時間攪拌した。氷冷下、反応混合物に水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。溶媒を留去し、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル:ヘキサン=20:80)で精製して、無色油状物の2-[(4-メトキシベンジル)オキシ]-2-メチルプロパン-1-オール(6.72 g)を得た。
[0096]
製造例50
 2-[(4-メトキシベンジル)オキシ]-2-メチルプロパン-1-オール(0.30 g)のN-メチルピロリドン(4.5 mL)溶液に、氷冷下にて水素化ナトリウム(63 mg)を加え、60℃で30分間攪拌した。反応混合物に5-クロロピラジン-2-カルボン酸メチル(246 mg)を加え、120℃で終夜攪拌した。氷浴下で反応混合物に1M塩酸を加えて中和し、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸マグネシウムにて乾燥した後、減圧下濃縮した。得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=80:20)にて精製し、5-{2-[(4-メトキシベンジル)オキシ]-2-メチルプロポキシ}ピラジン-2-カルボン酸メチル(0.20 g)を無色油状物として得た。
[0097]
製造例51
 5-{2-[(4-メトキシベンジル)オキシ]-2-メチルプロポキシ}ピラジン-2-カルボン酸メチル(3.5 g)、1M 水酸化ナトリウム水溶液(35 mL)、メタノール(35 mL)及びTHF(35 mL)の混合物を室温で1時間攪拌した。反応混合物に水を加え、酢酸エチルで洗浄した。水層に1M 塩酸を加えてpH4とした後、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。溶媒を留去し、淡黄色固体の5-{2-[(4-メトキシベンジル)オキシ]-2-メチルプロポキシ}ピラジン-2-カルボン酸(2.5 g)を得た。
[0098]
製造例52
 tert-ブチル (5-{2-[(4-メトキシベンジル)オキシ]-2-メチルプロポキシ}ピラジン-2-イル)カルバメート(330 mg)、ヒドラジン一水和物(198 μL)、水酸化カリウム(1.15 g)及びエチレングリコール(9.9 mL)の混合物を3時間120℃で攪拌した。反応混合物に水を加え、クロロホルムで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。溶媒を留去し得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル:ヘキサン=50:50)で精製し、黄色油状物の5-{2-[(4-メトキシベンジル)オキシ]-2-メチルプロポキシ}ピラジン-2-アミン(220 mg)を得た。
[0099]
製造例53
 [3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]酢酸メチル(300 mg)とDMF(2 mL) の混合物に、氷冷下水素化ナトリウム(43 mg)を加え、10分間攪拌した。さらに、氷冷下ブロモメチルベンゼン(129 μL) を加え室温で2時間攪拌した。反応混合物に飽和塩化アンモニウム水溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。溶媒を留去し、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル:ヘキサン=20:80)で精製して、無色油状物の2-[3-ブロモ-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-フェニルプロパン酸メチル(217 mg)を得た。
[0100]
製造例54
 (4R)-4-ベンジル-3-{2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2S,3S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.5]デク-8-イル]プロパノイル}-1,3-オキサゾリジン-2-オン (4.8 g)のアセトン(48 mL)溶液に1M塩酸(16 mL)を加えて50℃で一晩攪拌した。反応混合物に水を加え酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し無水硫酸マグネシウムで乾燥した。溶媒を留去し、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=3:1-1:1)で精製し、白色アモルファス(3.54 g)を得た。30%過酸化水素水(150 μL)に、氷冷下で水酸化リチウム (30.5 mg)の水(1 mL)溶液を加え調整した溶液に、氷冷下、得られた白色アモルファス(165 mg)のTHF(1.6 mL)溶液を滴下により加え、0℃で2時間攪拌した。反応溶液にチオ硫酸ナトリウム(0.7 g)の水(5 mL)溶液を加え、ジエチルエーテルで洗浄した。得られた水層に氷冷下、1M塩酸を加えpHを4とし、溶媒(クロロホルム:イソプロピルアルコール=4:1)で抽出した。得られた有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=1:0-10:1)で精製し、(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(4-オキソシクロへキシル)プロパン酸の(4R)-4-ベンジル-1,3-オキサゾリジン-2-オンとの混合物(125 mg)を白色アモルファスとして得た。
[0101]
製造例55
 テトラヒドロ-2H-チオピラン-4-カルボン酸メチル(2.0 g)とクロロホルム(20 mL)の混合物に、氷冷下メタクロロ過安息香酸(8.62 g)を加え、室温で4時間攪拌した。氷冷下、反応混合物に亜硫酸ナトリウム水溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。溶媒を留去し、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル:ヘキサン=50:50)で精製して、白色固体(2g)を得た。上記白色固体とTHF(30 mL)の混合物に、氷冷下水素化ホウ素リチウム(600 mg)を加え、40℃で3時間攪拌した。氷冷下、反応混合物に水を加え、硫酸アンモニウムで飽和させた。クロロホルム/イソプロパノールで抽出し、有機層を無水硫酸ナトリウムで乾燥した。溶媒を留去して、白色固体(1.1 g)を得た。トリフェニルホスフィン(88 mg)、イミダゾール(25 mg)、ジクロロメタン(1 mL)の混合物に、氷冷下ヨウ素(85 mg)を加え、10分間攪拌した。次いで、氷冷下上記白色固体を加え、室温で2時間攪拌した。反応混合物に水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。溶媒を留去し、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル:ヘキサン=50:50)で精製し、白色固体の4-(ヨードメチル)テトラヒドロ-2H-チオピラン 1,1-ジオキシド(52 mg)を得た。
[0102]
製造例56
 (2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(4-オキソシクロヘキシル)プロパン酸(45 mg)、ジアゾメチルトリメチルシラン(2.0M ジエチルエーテル溶液、0.1 mL)、メタノール(0.2 mL)及びトルエン(0.8 mL)の混合物を室温で10分間攪拌した。溶媒を留去し、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル:ヘキサン=50:50)で精製して、無色オイルの(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(4-オキソシクロヘキシル)プロパン酸メチル(29 mg)を得た。
[0103]
製造例57
 (2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(4-オキソシクロヘキシル)プロパン酸メチル(178 mg)、2-メトキシ-N-(2-メトキシエチル)-N-(トリフルオロ-λ4-スルファニル)エタンアミン(406μL)、エタノール(5 μL)及びジクロロメタン(2.7 mL)の混合物を室温で4時間攪拌した。反応混合物に水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。溶媒を留去し、残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル:ヘキサン=30:70)で精製し、無色油状物の (2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(4,4-ジフルオロシクロヘキシル)プロパン酸メチル(85 mg)を得た。
[0104]
製造例58
 酢酸(5-アミノピラジン-2-イル)メチル(1 g)、炭酸カリウム(83 mg)及びメタノール(15.1 mL)の混合物を2時間加熱還流した。溶媒を留去し、淡黄色固体(740 mg)を得た。上記淡黄色固体、tert -ブチル(クロロ)ジメチルシラン(1.34 g)、イミダゾール(805 mg)及びDMF(10 mL)の混合物を室温で終夜攪拌した。反応混合物に水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。溶媒を留去し、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル:ヘキサン=10:90)で精製して、白色固体の5-({[tert-ブチル(ジメチル)シリル]オキシ}メチル)ピラジン-2-アミン(805 mg)を得た。
[0105]
製造例59
 2-(2-{[(アリルオキシ)カルボニル]アミノ}-1,3-チアゾール-4-イル)-2-ヒドロキシプロピオン酸エチル (2.75 g)の1,4-ジオキサン溶液 (25 mL)に氷冷中、水素化ホウ素ナトリウム (0.962 g)を添加した。さらに、室温で水(0.5 mL)を加え、室温で2時間攪拌した。氷冷中、内温20℃以下にて 濃塩酸(8 mL)を加えた後、濃縮した。得られた残渣をメタノールで洗浄しながら白色の固形物をろ別した。得られた白色固体をピリジン(15 mL)に溶解し、室温で無水酢酸(2.59 mL)を加え2.5時間攪拌した。室温で反応混合物に水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を1M塩酸、飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄した後、無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮することで2-(2-{[(アリルオキシ)カルボニル]アミノ}-1,3-チアゾール-4-イル)-2-ヒドロキシプロピル アセテート (2.71 g)を淡黄色油状物として得た。
[0106]
製造例60
 2-(2-{[(アリルオキシ)カルボニル]アミノ}-1,3-チアゾール-4-イル)-2-ヒドロキシプロピル アセテート (790 mg)のTHF溶液(10 mL)に室温でn-ブチルアミン(0.52 mL)、ギ酸(0.20 mL)及びテトラキストリフェニルホスフィンパラジウム (33 mg)を加え室温で30分攪拌した。室温で反応混合物に1M塩酸(30 mL)を加え、酢酸エチルで抽出した。水層を飽和重曹水を用いてpHを9とし、溶媒 (酢酸エチル:イソプロピルアルコール=3:1, 100 mL×3)で抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮することで2-(2-アミノ-1,3-チアゾール-4-イル)-2-ヒドロキシプロピル アセテート (261 mg)を淡黄色油状物として得た。得られた淡黄色油状物をキラルカラムクロマトグラフィー(商品名:Chiralcel OJ-H、ヘキサン:エタノール:ジエチルアミン=30:70:0.1)で光学分割し、2-(2-アミノ-1,3-チアゾール-4-イル)-2-ヒドロキシプロピル アセテートの光学活性体を、第一ピーク、第二ピークとしてそれぞれ収率37%、25%で分取した(>95%ee)(絶対配置は未決定)。
[0107]
 製造例1~60の方法と同様にして、製造例化合物61~100を製造した。製造例化合物の構造を後記表5~23、製造法及び物理化学的データを後記表24~27に示す。
[0108]
実施例1
 トリフェニルホスフィン(320 mg)のジクロロメタン(10 mL)溶液に氷冷下でN-ブロモコハク酸イミド(217 mg)を加え、氷冷下で15分攪拌した。氷冷下、(2E)-3-シクロペンチル-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]アクリル酸 (200 mg)のジクロロメタン(5 mL)溶液を加え、室温で0.5時間攪拌した。室温で1-[3-(ベンジルオキシ)プロピル]-1H-ピラゾール-3-アミン(141 mg)のジクロロメタン(5 mL)溶液とピリジン(0.09 mL)を加え室温で一晩攪拌した。反応混合物に水を加え酢酸エチルで抽出した。有機層を1M塩酸、飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄し無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=3:1-1:1)で精製した。得られた無色油状物のトリフルオロ酢酸(5 mL)溶液に室温で1,2,3,4,5-ペンタメチルベンゼン(823 mg)を加え室温で48時間攪拌した。濃縮して得られた油状物のメタノール(4 mL)溶液に室温で1M水酸化ナトリウム水溶液(1 mL)を加え室温で30分攪拌した。飽和食塩水を加えクロロホルムで抽出した。有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥し濃縮した。得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=2:1, クロロホルム:メタノール=1:0-20:1)で精製し、(2E)-3-シクロペンチル-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[1-(3-ヒドロキシプロピル)-1H-ピラゾール-3-イル]アクリルアミド (155 mg)を白色アモルファスとして得た。
[0109]
実施例2
 トリフェニルホスフィン(131mg)のジクロロメタン(2mL)溶液に氷冷下でN-ブロモコハク酸イミド(89mg)を加え、氷冷下で15分攪拌した。(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)アクリル酸(100mg)のジクロロメタン(1mL)溶液を加え、室温で30分間攪拌した。室温で1-メチル-1H-ピラゾール-3-アミン(39mg)のジクロロメタン(1mL)溶液とピリジン(0.086mL)を加え、室温で15時間攪拌した。反応混合物に水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を1M塩酸、飽和炭酸水素ナトリウム水溶液、飽和食塩水で順次洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィーで精製して、(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(1-メチル-1H-ピラゾール-3-イル)-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)アクリルアミド(97mg)を得た。
[0110]
実施例3
 トリフェニルホスフィン(320 mg)のジクロロメタン(10 mL)溶液に氷冷下でN-ブロモコハク酸イミド(217 mg)を加え、氷冷下で15分攪拌した。氷冷下、(2E)-3-シクロペンチル-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]アクリル酸(200 mg)のジクロロメタン(10 mL)溶液を加え、室温で0.5時間攪拌した。室温で1-{[(4S)-2,2-ジメチル-1,3-ジオキソラン-4-イル]メチル}-1H-ピラゾール-3-アミン(142 mg)のジクロロメタン(5 mL)溶液とピリジン(0.09 mL)を加え室温で一晩攪拌した。水を加え酢酸エチルで抽出した。有機層を1M塩酸、飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄し無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=2:1-1:2)で精製した。得られた油状物のTHF(15 mL)溶液に1M塩酸(15 mL)を加えて一晩攪拌した。飽和食塩水を加え、溶媒(クロロホルム:イソプロピルアルコール=4:1)で抽出した。有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥し濃縮した。得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=1:0-20:1)で精製し、(2E)-3-シクロペンチル-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-{1-[(2S)-2,3-ジヒドロキシプロピル]-1H-ピラゾール-3-イル}アクリルアミド(197 mg)を白色アモルファスとして得た。
[0111]
実施例4
 トリフェニルホスフィン(84.2g)のジクロロメタン(1.94L)溶液に氷冷下(内温10℃以下)でN-ブロモコハク酸イミド(56.7g)を5回に分けて加え、氷冷下で15分攪拌した。氷冷下、(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]アクリル酸(81g)のジクロロメタン(486ml)溶液を滴下し、室温まで昇温して0.5時間攪拌した。室温で1-メチル-1H-ピラゾール-3-アミン(16.5g)のジクロロメタン(10mL)溶液を加えた後、ピリジン(24.3mL)を加え室温にて45分間攪拌した。飽和炭酸水素ナトリウム水溶液(400ml)を加え、反応を停止した。有機層を分離し、有機層を水および飽和食塩水で洗浄した後、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。減圧下で溶媒を留去し、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィーで精製した。濃縮後、残渣にヘキサン-酢酸エチル混合溶媒(1:1)を加え、析出したトリフェニルホスフィンオキシドを一部ろ別し、固体をヘキサン-酢酸エチル混合溶媒(1:1)で洗浄した。ろ液をあわせ、減圧下で濃縮して(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]-N-(1-メチル-1H-ピラゾール-3-イル)アクリルアミドをトリフェニルホスフィンオキシドとの混合物として得た。得られた混合物(112.4g)のジオキサン(439mL)溶液に4M塩酸(439mL)を加え、50℃の油浴で加熱下30分間攪拌した後、室温で放冷した。減圧下溶媒を留去し、クロロホルムを加えた後に有機層を分離した。水層を中和した後、再度クロロホルムで抽出した。有機層をあわせて水、飽和炭酸水素ナトリウム水溶液および飽和食塩水で洗浄後、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。減圧下溶媒を留去し、残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィーで精製して(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(1-メチル-1H-ピラゾール-3-イル)-3-[(1S)-3-オキソシクロペンチル]アクリルアミド(40.3g、実施例4-1)を得た。また、(2Z)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(1-メチル-1H-ピラゾール-3-イル)-3-[(1S)-3-オキソシクロペンチル]アクリルアミド(0.17g、実施例4-2)を副生成物として得た。
[0112]
実施例5
 6-({(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]プロプ-2-エノイル}アミノ)ニコチン酸(194 mg)の1,4-ジオキサン(4 mL)溶液に4M塩酸(4 mL)を加え50℃で2時間攪拌した。室温まで放冷し、飽和食塩水を加えた。クロロホルムで抽出し、有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた粗生成物を酢酸エチル(4 mL)に溶解し、4M塩化水素/酢酸エチル(1 mL)を加えた。室温で30分撹拌し濃縮した。得られた油状物をジイソプロピルエーテルで固体化してろ取することで6-({(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1S)-3-オキソシクロペンチル]プロプ-2-エノイル}アミノ)ニコチン酸 1塩酸塩 (87 mg)を白色固体として得た。
[0113]
実施例6
 酢酸 (5-{[(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(3-オキソシクロペンチル)プロペ-2-ノイル]アミノ}ピラジン-2-イル)メチルエステル(0.2065 g) のメタノール(6 mL)溶液に1M水酸化ナトリウム (2 mL) を加え、室温で1時間攪拌した。液性を中性にし、クロロホルムで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥した。減圧下濃縮して得られた粗生成物をプレパラティブTLC(クロロホルム:メタノール=10:1)で精製することにより、(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(ヒドロキシメチル)ピラジン-2-イル]-3-(3-オキソシクロペンチル)アクリルアミド(40.6mg)を白色アモルファスとして得た。
[0114]
実施例7
 トリフェニルホスフィン(600 mg)のジクロロメタン(10 mL)溶液に、氷冷下N-ブロモコハク酸イミド (400 mg)を加え(内温5℃以下)、15分間攪拌後、氷冷下(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]アクリル酸(600 mg)のジクロロメタン(10 mL)溶液を加え、室温で20分間攪拌した。反応混合物に2-[(2-アミノ[1,3]チアゾロ[5,4-b]ピリジン-5-イル)オキシ]酢酸エチル(270 mg)のジクロロメタン(10 mL)混合物及びピリジン (0.17 mL)を加えた後、室温で終夜攪拌した。飽和重曹水及びジクロロメタンを加え、有機層を1M塩酸、飽和食塩水で順次洗浄後、無水硫酸マグネシウムで乾燥した。減圧下溶媒を留去することで得た残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン/酢酸エチル)で精製した。得られた無色アモルファスのTHF(3 mL)-メタノール(3 mL)混合溶液に、1M水酸化ナトリウム水溶液(0.6 mL)を加え室温で30分間攪拌した。減圧下溶媒を留去後、1M塩酸及び酢酸エチルを加えた後、有機層を飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥した。減圧下溶媒を留去することで得た残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン/酢酸エチル)で精製した。得られた無色アモルファスのジオキサン(5 mL)溶液に、4M塩酸 (2 mL)を加え50℃で3時間攪拌後、室温で放冷した。減圧下溶媒を留去した後、水及び酢酸エチルを加え、有機層を飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥した。減圧下溶媒を留去することで得た残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン/酢酸エチル)で精製することで(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(2-ヒドロキシエトキシ)[1,3]チアゾロ[5,4-b]ピリジン-2-イル]-3-[(1S)-3-オキソシクロペンチル]アクリル酸アミド(89 mg)を無色アモルファスとして得た。
[0115]
実施例8
 (2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1S)-3-ヒドロキシシクロペンチル]-N-(1-メチル-1H-ピラゾール-3-イル)アクリルアミド (124 mg) のジクロロメタン (4 ml) 溶液にジエチルアミノ硫黄 トリフルオリド (100 μl) を氷冷下加え、室温にて15分間攪拌した。反応液をジクロロメタンで希釈し、水を加えた。有機層を飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥した。減圧濃縮後、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル:ヘキサン=7:3-1:0)にて精製し、(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1S)-3-フルオロシクロペンチル]-N-(1-メチル-1H-ピラゾール-3-イル)アクリルアミド (78 mg) を無色アモルファスとして得た。
[0116]
実施例9
 (2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)プロピオン酸(200 mg)のジクロロメタン(5 mL)溶液に氷冷下でオキザリルクロリドの1Mジクロロメタン(0.64 mL)溶液、DMF(16 μL)を順次加え、氷冷下で1時間攪拌した。次いで、氷冷下で5-メチルピリジン-2-アミン (63 mg)のジクロロメタン(5 mL)溶液及びピリジン(0.09 mL)を加え、氷冷下で2時間攪拌した。氷冷下、反応混合物に水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を5%クエン酸水溶液、飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄し無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた油状物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=1:1でウェッティング、クロロホルム:メタノール=1:0-10:1)で精製した。得られた油状物を酢酸エチル(4 mL)に溶解し4M塩化水素/酢酸エチル(1 mL)を加え、室温で30分撹拌した。濃縮して得られた油状物をジイソプロピルエーテルで固体化しろ取することで、(2R)-2-[3-シクロプロピル4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(5-メチルピリジン-2-イル)-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパンアミド 一塩酸塩(210 mg)を白色固体として得た。
[0117]
実施例10
 (2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパン酸(99 mg)のジクロロメタン(2.0 mL)溶液に、氷冷下オキザリルクロリド(27 μL)とDMF(3 μL)を加え、10分間攪拌した。次いで、氷冷下ピリジン(28 μL)と5-{2-[(4-メトキシベンジル)オキシ]-2-メチルプロポキシ}ピラジン-2-アミド(53 mg)を加え、20分間攪拌した。反応混合物に水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。溶媒を留去し、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=3:1-1:1)で精製して、白色アモルファスの(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(5-{2-[(4-メトキシベンジル)オキシ]-2-メチルプロポキシ}ピラジン-2-イル)-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパンアミド(82 mg)を得た。(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(5-{2-[(4-メトキシベンジル)オキシ]-2-メチルプロポキシ}ピラジン-2-イル)-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパンアミド(82 mg)、2,3-ジクロロ-5,6-ジシアノ-1,4-ベンゾキノン(56 mg)、ジクロロメタン(7.5 mL)及び水(0.38 mL)の混合物を室温で10分間攪拌した。反応混合物に水を加え、クロロホルムで抽出した。有機層を無水硫酸ナトリウムで乾燥した。溶媒を留去し、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル:ヘキサン=80:20)で精製した。得られた残渣をジエチルエーテルで音波処理(ソニケーション)して、生じた析出物をろ取することにより(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(2-ヒドロキシ-2-メチルプロポキシ)ピラジン-2-イル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパンアミド(52 mg)を白色固体として得た。
[0118]
実施例11
 (2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロピオン酸(120 mg)のジクロロメタン(5 mL)溶液に氷冷下で0.5Mオキザリルクロリドのジクロロメタン(0.77 mL)溶液、DMF(10 μL)を順次加え、氷冷下で1時間攪拌した。次いで、氷冷下で5-[2-(ベンジルオキシ)エトキシ]ピラジン-2-アミン(86 mg)及びピリジン(0.05 mL)を加え、氷冷下で2時間攪拌した。氷冷下、反応液に水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を1M塩酸、飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄した後、無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた油状物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=5:1-1:1)で精製することで(2R)-N-{5-[2-(ベンジルオキシ)エトキシ]ピラジン-2-イル}-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパンアミド(175 mg)を淡黄色アモルファスとして得た。得られた(2R)-N-{5-[2-(ベンジルオキシ)エトキシ]ピラジン-2-イル}-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパンアミド(175 mg)のメタノール(10 mL)溶液に10%パラジウム炭素(50 mg)を加えた。水素雰囲気下、室温4気圧で7時間攪拌した。反応混合物をセライトろ過して濃縮した。得られた油状物のTHF(10 mL)溶液に室温で1M塩酸(10 mL)を加え、室温で30分攪拌した。反応液を酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた油状物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=1:1でウェッティング、クロロホルム:メタノール=1:0-10:1)で精製することで(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(2-ヒドロキシエトキシ)ピラジン-2-イル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパンアミド(103 mg)を淡黄色アモルファスとして得た。
[0119]
実施例12
 (2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロピオン酸(110 mg)のジクロロメタン(3 mL)溶液に、氷冷下、オキザリルクロリド(0.03mL)、触媒量のDMFを順次加え1時間攪拌した後、氷冷下、 (6-アミノピリジン-3-イル)酢酸エチル(58mg)及びピリジン(0.05mL)を加え、2時間攪拌した。反応混合物に水及び酢酸エチルを加えた。有機層を水、飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥した後、減圧下溶媒を留去した。残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン/酢酸エチル)で精製することで[6-({(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパノイル}アミノ)ピリジン-3-イル]酢酸エチル(57mg)を薄黄色アモルファスとして得た。得られた[6-({(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパノイル}アミノ)ピリジン-3-イル]酢酸エチル(57 mg)のTHF(3 mL)溶液に1M水酸化ナトリウム水溶液(0.22mL)を加えた後、エタノールを一滴加え室温で終夜攪拌した。反応溶液に1M塩酸(0.22 mL)を加えpHを4に調整した後、飽和食塩水及びジクロロメタンで希釈し、分液した。有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥後、減圧下溶媒を留去した。残渣の酢酸エチル(3 mL)溶液に、氷冷下4M塩化水素/酢酸エチル溶液(0.07 mL)を加え、氷冷下で10分間攪拌した後、減圧下溶媒を留去した。残渣に酢酸エチル(3 mL)を加え、沈殿物を濾取し、減圧下乾燥することで[6-({(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル] プロパノイル}アミノ)ピリジン-3-イル]酢酸 塩酸塩(30 mg)を無色固体として得た。
[0120]
実施例13
 (5-{[(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)プロパノイル]アミノ}ピラジン-2-イル)メチル アセテート(120 mg)のメタノール(4 mL)溶液に室温で1M水酸化ナトリウム水溶液(1 mL)を加え室温で2時間攪拌した。1M塩酸を加えpHを3としたのち、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和重曹水、飽和食塩水で洗浄し無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=1:1でウェッティング、クロロホルム:メタノール=1:0-10:1)で精製しすることで(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(ヒドロキシメチル)ピラジン-2-イル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)プロパンアミド(93 mg)を白色アモルファスとして得た。
[0121]
実施例14
 (2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)-N-{5-[2-(テトラヒドロ-2H-ピラン-2-イルオキシ)エチル]ピラジン-2-イル}プロパンアミド(118 mg)のTHF(10 mL)混合物に室温にて1M塩酸(10 mL)を加え、2時間攪拌した。反応混合物に水を加え酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄し無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮後、得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=1:1でウェッティング、クロロホルム:メタノール=1:0-10:1)で精製することで(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(2-ヒドロキシエチル)ピラジン-2-イル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)プロパンアミド (94 mg)を白色アモルファスとして得た。
[0122]
実施例15
 (2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパン酸(252 mg)のジクロロメタン(2.5 mL)溶液に、氷冷下オキザリルクロリド(68 μL)とDMF(104 μL)を加え、20分間攪拌した。次いで氷冷下ピリジン(65 μL)と5-({[tert-ブチル(ジメチル)シリル]オキシ}メチル)ピラジン-2-アミン(240 mg)を加え、氷冷下20分間攪拌した。反応混合物に水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。溶媒を留去し、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル:クロロホルム=20:80)で精製した。さらに同溶媒系を用いてプレパラティブTLCで精製し、白色アモルファス(200 mg)を得た。得られたアモルファス、2M 塩酸(1 mL)及びTHF(1 mL)の混合物を室温で2時間攪拌した。反応混合物に水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥した。溶媒を留去し、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル:ヘキサン=50:50)で精製し、(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(ヒドロキシメチル)ピラジン-2-イル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパンアミド(136 mg)を白色アモルファスとして得た。
[0123]
実施例16
 トリフェニルホスフィン(300mg)のジクロロメタン(4 mL)溶液に氷冷下N-ブロモコハク酸イミド(200 mg)を加え、氷冷下で15分間攪拌した後、(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]アクリル酸(300 mg)のジクロロメタン(3 mL)溶液をゆっくり加え、室温で30分間攪拌した。反応混合物に3-アミノ-1H-ピラゾール-1-カルボキシレート tert-ブチル(190 mg)のジクロロメタン(3mL)溶液を加えた後、ピリジン(0.1mL)を加え、室温で3時間攪拌した。反応混合物に水(20mL)及びジクロロメタン(20mL)を加え、有機層を1M塩酸(20mL)、飽和食塩水(20mL)で順次洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥した後、減圧下溶媒を留去した。残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=75:25 → 60:40)で精製することで3-({(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]プロプ-2-エノイル}アミノ)-1H-ピラゾール-1-カルボン酸 tert-ブチルエステル(338mg)を無色アモルファスとして得た。3-({(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]プロプ-2-エノイル}アミノ)-1H-ピラゾール-1-カルボン酸 tert-ブチルエステル(330mg)の1,4-ジオキサン(3 mL)溶液に4M塩酸(3 mL)を加え、50℃で3時間攪拌した。室温で放冷後、1M水酸化ナトリウム(12 mL)、飽和食塩水(20 mL)及びジクロロメタン(20 mL)を加え、有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥後、減圧下溶媒を留去した。残渣の酢酸エチル(3 mL)溶液に、4M塩化水素/酢酸エチル(0.3 mL)を加え、室温で暫く攪拌した後、減圧下溶媒を留去した。得られた無色固体をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル→クロロホルム→クロロホルム/メタノール(95/5))で精製後、再度シリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル/メタノール 100/0 → 90/10)で精製することにより(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1S)-3-オキソシクロペンチル]-N-1H-ピラゾール-3-イルアクリルアミド(100 mg)を無色アモルファスとして得た。
[0124]
実施例17
 (2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロピオン酸(160 mg)のジクロロメタン(5mL)溶液に、氷冷下塩化オキザリル(0.04 mL)及びDMF一滴を加え、氷冷下で1時間攪拌した。反応混合物にピリジン(0.04 mL)、3-アミノ-1H-ピラゾール-1-カルボン酸 tert-ブチルエステル(90 mg)を順次加え、室温で終夜攪拌した。反応混合物に酢酸エチル(30 mL)及び1M塩酸(30 mL)を加え、有機層を飽和重曹水(30mL)、飽和食塩水(30mL)で順次洗浄した。無水硫酸マグネシウムで乾燥後、減圧下溶媒を留去することにより、3-({(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパノイル}アミノ)-1H-ピラゾール-1-カルボン酸 tert-ブチルエステル(197mg)を淡黄色アモルファスとして得た。3-({(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパノイル}アミノ)-1H-ピラゾール-1-カルボン酸 tert-ブチルエステル(190 mg)の酢酸エチル(5 mL)溶液に氷冷下4M塩化水素/酢酸エチル(5 mL)を加え、室温で終夜攪拌した。減圧下溶媒を留去した後、酢酸エチル(20mL)及び飽和重曹水(20mL)を加え、有機層を飽和食塩水(20mL)で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥した。減圧下溶媒を留去した後、残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(酢酸エチル)で精製することにより(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]-N-1H-ピラゾール-3-イルプロパンアミド(62 mg)を無色アモルファスとして得た。
[0125]
実施例18
 (2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(2,2-ジメチル-1,3-ジオキソラン-4-イル)ピラジン-2-イル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)プロパンアミド(150mg)のTHF(10 mL)溶液に室温で1M塩酸を加え、室温で3時間攪拌した。酢酸エチルで抽出し、有機層を飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄した。有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥し、濃縮することにより(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(1,2-ジヒドロキシエチル)ピラジン-2-イル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)プロパンアミド (133 mg)を白色アモルファスとして得た。
[0126]
実施例19
 5-({(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパノイル}アミノ)ピラジン-2-カルボン酸(102 mg)、1-ヒドロキシベンゾトリアゾール (44 mg)及びN-[3-(ジメチルアミノ)プロピル]-N'-エチルカルボジイミド 一塩酸塩 (59 mg)のDMF(5 mL)溶液に室温でジメチルアミン 一塩酸塩 (22 mg)及びトリエチルアミン (0.09 mL)を加えた。反応混合物を室温で一晩攪拌した後、水を加え分液した。有機層を1M塩酸、飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄し無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=1:1でウェッティング、クロロホルム:メタノール=1:0-10:1)で精製することにより、5-({(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパノイル}アミノ)-N,N-ジメチルピラジン-2-カルボキシアミド (64 mg) を淡黄色アモルファスとして得た。
[0127]
実施例20
 (2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(1-メチル-1H-ピラゾール-3-イル)-3-[(1S)-3-オキソシクロペンチル]アクリルアミド (140 mg) のエタノール (2 mL) 懸濁液に水素化ホウ素ナトリウム (12 mg) を0℃にて加え15分間攪拌した。反応液をクロロホルムで希釈し、水で反応を停止させた。有機層を飽和食塩水で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥後、濃縮することにより(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1S)-3-ヒドロキシシクロペンチル]-N-(1-メチル-1H-ピラゾール-3-イル)アクリルアミド (140 mg) を無色アモルファスとして得た。
[0128]
実施例21
 トリフェニルホスフィン(606 mg)のジクロロメタン(10 mL)溶液に氷冷下でN-ブロモコハク酸イミド(412 mg)を加え、氷冷下で15分攪拌した。氷冷下、反応混合物に(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]アクリル酸(600 mg)のジクロロメタン(10 mL)溶液を加え、室温で30分攪拌した。室温で2-(2-アミノ-1,3-チアゾール-4-イル)-2-ヒドロキシプロピルアセテートの光学活性体(製造例60の第一ピークで得られた光学活性体)(227 mg)のジクロロメタン(10 mL)溶液とピリジン(0.17 mL)を反応混合物に加え室温で一晩攪拌した。反応混合物に水を加え酢酸エチルで抽出した。有機層を1M塩酸、飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄し無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮後、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=1:1-1:2)で精製することで2-[2-({(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]プロプ-2-エノイル}アミノ)-1,3-チアゾール-4-イル]-2-ヒドロキシプロピルアセテート(690 mg)を白色アモルファスとして得た。2-[2-({(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(2R,3R,7S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]プロプ-2-エノイル}アミノ)-1,3-チアゾール-4-イル]-2-ヒドロキシプロピルアセテート (690 mg) のメタノール(4 mL)溶液に1M水酸化ナトリウム水溶液(1 mL)を加え室温で3時間攪拌した。1M塩酸を加えpHを4としたのち、クロロホルムで抽出した。有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥した後、濃縮することにより(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[4-(1,2-ジヒドロキシ-1-メチルエチル)-1,3-チアゾール-2-イル]-3-[(2R,3R,7S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]アクリルアミド(655 mg)を白色アモルファスとして得た。(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[4-(1,2-ジヒドロキシ-1-メチルエチル)-1,3-チアゾール-2-イル]-3-[(2R,3R,7S)-2,3-ジフェニル-1,4-ジオキサスピロ[4.4]ノン-7-イル]アクリルアミド(655 mg)の1,4-ジオキサン(4 mL)およびTHF(2 mL)溶液に4M塩酸 (4 mL)を加え50℃で2時間攪拌した。反応混合物を室温まで放冷し、飽和食塩水を加えた。クロロホルムで抽出し、有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=1:1-1:3→クロロホルム:メタノール=1:0-10:1)で精製することで(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[4-(1,2-ジヒドロキシ-1-メチルエチル)-1,3-チアゾール-2-イル]-3-[(1S)-3-オキソシクロペンチル]アクリルアミド (329 mg) を白色アモルファスとして得た。
[0129]
実施例22
 実施例20で得られた(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1S)-3-ヒドロキシシクロペンチル]-N-(1-メチル-1H-ピラゾール-3-イル)アクリルアミド (145 mg)をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=100:1)で精製し、2(E)-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1S,3S)-3-ヒドロキシシクロペンチル]-N-(1-メチル-1H-ピラゾール-3-イル)アクリルアミド (40mg) (低極性画分、実施例22-1) および2(E)-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1S,3R)-3-ヒドロキシシクロペンチル]-N-(1-メチル-1H-ピラゾール-3-イル)アクリルアミド (37mg)(高極性画分、実施例22-2)をそれぞれ、無色アモルファスとして得た。
[0130]
実施例23
 (2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロピオン酸 (200 mg)のジクロロメタン(10 mL)溶液に氷冷下でオキザリルクロリドの0.5Mジクロロメタン溶液(1.3 mL)、DMF(16 μL)を順次加え、氷冷で30分攪拌した。次いで氷冷下で1-(5-アミノピラジン-2-イル)エタノール (81 mg)及びピリジン(0.09 mL)を加え、氷冷で3時間攪拌した。氷冷下、反応混合物に水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を1M塩酸、飽和重曹水、飽和食塩水で順次洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた油状物のメタノール(4 mL)溶液に室温で1M水酸化ナトリウム水溶液(1 mL)を加え室温で1時間攪拌した。反応混合物に1M塩酸を加えpHを3とした後、酢酸エチルで抽出した。有機層を1M水酸化ナトリウム水溶液、飽和食塩水で順次洗浄し無水硫酸マグネシウムで乾燥した。濃縮して得られた粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=1:1でウェッティング、クロロホルム:メタノール=1:0-10:1)で精製することで(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(1-ヒドロキシエチル)ピラジン-2-イル]-3-(テトラヒドロ-2H-ピラン-4-イル)プロパンアミド (170 mg)を白色アモルファスとして得た。
[0131]
 実施例1~23の方法と同様にして、実施例化合物24~103を製造した。実施例化合物の構造を後記表28~48に、製造法及び物理化学的データを後記表49~63に示す。
[0132]
 また、表64~65に本発明の別の化合物の構造を示す。これらは、上記の製造法や実施例に記載の方法及び当業者にとって自明である方法、又はこれらの変法を用いることにより、容易に合成することができる。
[0133]
 また、後記表中以下の略号を用いる。PEx:製造例番号、Ex:実施例番号、No:化合物番号、Data:物理化学的データ(EI:EI-MSにおけるm/z値、FAB+:FAB-MS(陽イオン)におけるm/z値、ESI+:ESI-MS(陽イオン)におけるm/z値、ESI-:ESI-MS(陰イオン)におけるm/z値、NMR1:DMSO-d6中の1H NMRにおけるδ(ppm)、NMR2:CDCl3中の1H NMRにおけるδ(ppm)、NMR3:CD3ODを添加したCDCl3中の1H NMRにおけるδ(ppm)、diastereo mixture:ジアステレオマーの混合物)、Structure:構造式(構造式中のHClは塩酸塩であることを示す。)、Syn:製造法(数字は、その番号を実施例番号として有する実施例化合物と同様にして、対応する原料を用いて製造したことを示す。数字が複数ある場合は順次、その番号を実施例番号として有する実施例化合物と同様にして、対応する原料を用いて製造したことを示す。)、PSyn:製造法(数字は、その番号を製造例番号として有する製造例化合物と同様にして、対応する原料を用いて製造したことを示す。)。
ただし、
[化16]


は、二重結合がE体及びZ体の混合物であることを意味する。
[0134]
[表5]


[0135]
[表6]


[0136]
[表7]


[0137]
[表8]


[0138]
[表9]


[0139]
[表10]


[0140]
[表11]


[0141]
[表12]


[0142]
[表13]


[0143]
[表14]


[0144]
[表15]


[0145]
[表16]


[0146]
[表17]


[0147]
[表18]


[0148]
[表19]


[0149]
[表20]


[0150]
[表21]


[0151]
[表22]


[0152]
[表23]


[0153]
[表24]


[0154]
[表25]


[0155]
[表26]


[0156]
[表27]


[0157]
[表28]


[0158]
[表29]


[0159]
[表30]


[0160]
[表31]


[0161]
[表32]


[0162]
[表33]


[0163]
[表34]


[0164]
[表35]


[0165]
[表36]


[0166]
[表37]


[0167]
[表38]


[0168]
[表39]


[0169]
[表40]


[0170]
[表41]


[0171]
[表42]


[0172]
[表43]


[0173]
[表44]


[0174]
[表45]


[0175]
[表46]


[0176]
[表47]


[0177]
[表48]


[0178]
[表49]


[0179]
[表50]


[0180]
[表51]


[0181]
[表52]


[0182]
[表53]


[0183]
[表54]


[0184]
[表55]


[0185]
[表56]


[0186]
[表57]


[0187]
[表58]


[0188]
[表59]


[0189]
[表60]


[0190]
[表61]


[0191]
[表62]


[0192]
[表63]


[0193]
[表64]


[0194]
[表65]


産業上の利用可能性

[0195]
 本発明化合物は、GK活性化作用を有することから、糖尿病、特に2型糖尿病の治療並びに予防薬として有用である。また糖尿病の合併症である腎症、網膜症、神経障害、末梢循環障害、脳血管障害、虚血性心疾患、動脈硬化症の治療並びに予防薬として有用である。更に過食を抑制することにより、肥満、メタボリックシンドロームの治療並びに予防薬としても有用である。
[0196]
 以下の配列表の数字見出し<223>には、「Artificial Sequence」の説明を記載する。具体的には、配列表の配列番号1及び2の配列で表される塩基配列は、人工的に合成したプライマー配列である。

請求の範囲

[1]
 下記式(I)で示されるフェニルアセトアミド誘導体またはその製薬学的に許容される塩。
[化17]


(式中の記号は以下の意味を示す。
R1:低級アルキル、ハロゲノ低級アルキル又はシクロアルキル。
R2:シクロアルキル。
R3:ハロゲン、低級アルキル、ハロゲノ低級アルキル、-OR0又は-O-ハロゲノ低級アルキル。
R0:同一又は互いに異なって、-H又は低級アルキル。

A環:置換されていてもよいヘテロアリール。

B環:それぞれ置換されていてもよいアリール若しくはヘテロアリール、又は、
[化18]



X:同一又は互いに異なって、-C(R4)(R5)-、-C(O)-、-O-、-S(O)p-又は-N(R0)-。
m:2乃至7の整数。
R4及びR5:同一又は互いに異なって、-H、ハロゲン、低級アルキル、ハロゲノ低級アルキル、-OR0又は-O-ハロゲノ低級アルキル。

n及びp:同一又は互いに異なって、0、1又は2。

ただし、
[化19]


は単結合又は二重結合を意味する。)
[2]
nが0である請求の範囲1記載の化合物。
[3]
R1がメチル、トリフルオロメチル又はシクロプロピルである請求の範囲2記載の化合物。
[4]
R2がシクロプロピルである請求の範囲3記載の化合物。
[5]
B環が
[化20]


であり、mが4又は5であり、0乃至1個のXが-CH(F)-、-CH(OH)-、-C(O)-又は-O-であり、残りのXが-CH2-である請求の範囲4記載の化合物。
[6]
A環が、ハロゲン、シアノ、-OR0で置換されていてもよい低級アルキル、-OR0、-O-低級アルキレン-OR0及び-C(O)R0からなる群より選択される基で、それぞれ置換されていてもよいピラゾリル、チアゾリル、チアジアゾリル、ピリジル又はピラジニルである請求の範囲5記載の化合物。
[7]
[化21]


が単結合である請求の範囲6記載の化合物。
[8]
[化22]


が二重結合である請求の範囲6記載の化合物。
[9]
(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(5-メチルピラジン-2-イル)-3-[(1S)-3-オキソシクロペンチル]アクリルアミド、
(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(1-メチル-1H-ピラゾール-3-イル)-3-[(1S)-3-オキソシクロペンチル]アクリルアミド、
(2E)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(5-フルオロ-1,3-チアゾール-2-イル)-3-[(1S)-3-オキソシクロペンチル]アクリルアミド、
(2R)-N-(4-アセチル-1,3-チアゾール-2-イル)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(5-メチルピリジン-2-イル)-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(5-メチルピラジン-2-イル)-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(ヒドロキシメチル)ピラジン-2-イル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド、
(2R)-N-(5-クロロピラジン-2-イル)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-(5-メトキシピラジン-2-イル)-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-ヒドロキシシクロペンチル]-N-(5-メチルピラジン-2-イル)プロパナミド、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-3-[(1R)-3-ヒドロキシシクロペンチル]-N-(5-メトキシピラジン-2-イル)プロパナミド、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(2-ヒドロキシエトキシ)ピラジン-2-イル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド、及び、
(2R)-2-[3-シクロプロピル-4-(シクロプロピルスルホニル)フェニル]-N-[5-(2-ヒドロキシ-2-メチルプロポキシ)ピラジン-2-イル]-3-[(1R)-3-オキソシクロペンチル]プロパナミド
からなる群より選択される請求の範囲1記載の化合物またはその製薬学的に許容される塩。
[10]
 請求の範囲1記載の化合物またはその製薬学的に許容される塩と、製薬学的に許容される担体とからなる医薬組成物。
[11]
 GK活性化剤である請求の範囲10記載の医薬組成物。
[12]
 糖尿病予防及び/又は治療薬である請求の範囲10記載の医薬組成物。
[13]
 2型糖尿病予防及び/又は治療薬である請求の範囲12記載の医薬組成物。
[14]
 肥満予防及び/又は治療薬である請求の範囲10記載の医薬組成物。
[15]
 メタボリックシンドローム予防及び/又は治療薬である請求の範囲10記載の医薬組成物。
[16]
 GK活性化剤、糖尿病、肥満又はメタボリックシンドローム予防及び/または治療薬の製造のための、請求の範囲1記載の化合物またはその製薬学的に許容される塩の使用。
[17]
 請求の範囲1記載の化合物またはその塩の治療有効量を患者に投与することを含む、糖尿病、肥満またはメタボリックシンドロームの予防及び/又は治療方法。