Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. WO1997024216 - DEVICE FOR TRANSVERSELY EXTENDING A BELT-LIKE BODY

Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

[ JA ]

請 求 の 範 囲

1. 実質的に同一平面に配置され、互いに逆方向に回転する一対 のプーリと、これらプーリの各々に掛け渡された一対のベル卜とを 具備し、これらプーリおよびベル卜とによって帯状体の両側縁部を 挟持して末広がりに搬送する ことにより前記帯状体を幅方向に延伸 する帯状体の横延伸装置において、 前記帯状体の両側縁部が各々プ ーリとベルトとの間に挟持される前に前記帯状体の両側縁部を各々 ベル トに押し付ける少なくとも一対の押付ロールを該ベルトに対し 傾斜させて設けたこ とを特徴とする帯状体の横延伸装置。

2. 前記押付ロールは、前記帯状体の両側縁部を前記プーリとベ ノレ卜との間に引き込むように傾斜させたことを特徴とする請求項 1 に記載の帯状体の横延伸装置。

3. 前記押付ロールは、前記帯状体の両側縁部を前記ベルトの角 部に向けて押し付けるよ うに傾斜させたことを特徴とする請求項 1 に記載の帯状体の横延伸装置。

4. 前記一対の押付ロールを前記帯状体の幅方向に独立的に移動 自在に支持する支持手段と、 前記一対の押付ロールを対応するベル 卜に均等圧で押し付ける押付圧付与手段とを具備したこ とを特徴と する請求項 1 に記載の帯状体の横延伸装置。

5. 前記一対のベルトは、前記一対のプーリに導入されるとき、 進行方向に向けて末広がりの軌道となるよ うに張設したことを特徴 とする請求項 1 に記載の帯状体の横延伸装置。

補正書の請求の範囲

[ 1 9 9 6年 6月 7日(0 7 . 0 6 . 9 6 ) 国際事務局受理:出願当初の請求の範囲 1は補正され た;他の請求の範囲は変更なし。( 1頁) ]

1. (捕正後)実質的に同一平面に配置され、又は向い合って末 広がりに配置され、互いに逆方向に回転する一対のプーリと、これ らプーリの各々に別々に掛け渡され一個以上の案内プーリを経て循 環する一対のベル トとを具備し、これらプーリおよびベルトとによ つて帯状体の両側縁部を狭持して末広がりに搬送することにより前 記帯状体を幅方向に延伸する帯状体の横延伸装置において、前記帯 状体の両側縁部が各々プーリ とベルトとの間に狭持される前に前記 帯状体の両側緣部を各々ベル 卜に押し付ける少なくとも一対の押付 ロールを該ベルトに対し傾斜させて設けたことを特徴とする帯状体 の横延伸装置。

2. 前記押付ロールは、前記帯状体の両側縁部を前記プーリとベ ノレ卜との間に引き込むように傾斜させたことを特徴とする請求項 1 に記載の帯状体の横延伸装置。

3. 前記押付ロールは、前記帯状体の両側縁部を前記ベルトの角 部に向けて押し付けるように傾斜させたことを特徵とする請求項 1 に記載の帯状体の横延伸装置。

4. 前記一対の押付ロールを前記帯状体の幅方向に独立的に移動 自在に支持する支持手段と、前記一対の押付ロールを対応するベル トに均等圧で押し付ける押付圧付与手段とを具備したことを特徴と する請求項 1 に記載の帯状体の横延伸装置。

5. 前記一対のベルトは、前記一対のプーリに導入されるとき、 進行方向に向けて末広がりの軌道となるように張設したことを特徴 とする請求項 1 に記載の帯状体の横延伸装置。

1 1

捕正された用紙(条約第 19条)

条約 1 9条に基づく説明害

差替え用紙に記載した請求の範囲は最初に提出した請求の範囲と 以下のように関連する。

( 1 ) 請求の範囲第 1項を補正した。

( 2 ) 他の請求の範囲は捕正しない。