Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. WO2007094094 - PHOTON PAIR GENERATOR

Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

[ JA ]

請求の範囲

[1] 光を出射する光源と、

上記光源から出射された光を取り入れ、内部で共振させることによって光の強度を 強める共振器とを備え、

上記共振器が、相関光子対生成部材を含んでおり、

上記相関光子対生成部材が、取り入れた 2個の光子を共鳴的に励起させて励起子 分子を生成し、さらに該励起子分子が崩壊することによって、互いに量子相関した 2 個の光子を相関光子対として放出するものであることを特徴とする光子対生成装置。

[2] 上記相関光子対生成部材が、量子井戸または量子ドットであることを特徴とする請 求項 1記載の光子対生成装置。

[3] 上記光源が、互いに偏光の回転方向が反対となる第 1の光子および第 2の光子を、 それぞれの振動数が互いに異なった状態で上記共振器に照射することを特徴とする 請求項 1記載の光子対生成装置。

[4] 上記光源が、上記第 1の光子の振動数を、共振器モードと上記相関光子対生成部 材中の励起子とが結合したモードにおけるエネルギー準位の振動数に一致させるこ とを特徴とする請求項 3記載の光子対生成装置。

[5] 上記光源が、上記第 2の光子の振動数を、上記相関光子対生成部材において、 2 粒子励起状態の励起子分子の成分が存在し、かつ、共振器モードの光の成分が存 在するように設定して、ることを特徴とする請求項 3記載の光子対生成装置。

[6] 上記相関光子対生成部材が、上記相関光子対生成部材において、 2粒子励起状 態の励起子分子の成分が存在し、かつ、共振器モードの光の成分が存在するような 大きさとなっていることを特徴とする請求項 1記載の光子対生成装置。

[7] 上記相関光子対生成部材が、上記共振器内における光のモードに対応して電場 強度が高くなる位置に設けられることを特徴とする請求項 1記載の光子対生成装置。