Processing

Please wait...

PATENTSCOPE will be unavailable a few hours for maintenance reason on Tuesday 26.10.2021 at 12:00 PM CEST
Settings

Settings

Goto Application

1. JP2000505566 - 周波数補正されたウェーブテーブル・データを備えるPCオーディオシステム

Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

[ JA ]
【特許請求の範囲】
1.第1の周波数で記録されメモリ内に記憶されるウェーブテーブル・データの第1のパッチの周波数補正されたものを提供する方法であって、前記周波数補正されたパッチは前記メモリ内に記憶され、前記第1のパッチまたは前記周波数補正されたパッチのいずれかがデジタルウェーブテーブル・オーディオ・シンセサイザにより前記メモリからアクセスされ、かつ前記第1の周波数よりも高い第2の周波数を有するデジタルオーディオ信号を発生するため使用され、前記周波数補正されたパッチから発生されるデジタルオーディオ信号は、前記第1のパッチから発生されるデジタルオーディオ信号よりもノイズが少なく、前記方法は、
(a) 前記メモリからウェーブテーブル・データの前記第1のパッチにアクセスするステップと、
(b) ウェーブテーブル・データの前記第1のパッチから、ウェーブテーブル・データの前記第1パッチのデジタル方式でフィルタリングされたものを表わしかつ前記第1の周波数よりも大きい第3の周波数を有するウェーブテーブル・データのパッチを導出するステップとを含み、ウェーブテーブル・データの前記導出されたパッチは前記周波数補正されたパッチを含み、前記方法はさらに、
(c) 前記第2の周波数を有するデジタルオーディオ信号の発生における前記デジタル・オーディオ・シンセサイザによる使用のために前記周波数補正されたパッチを前記メモリ内に記憶するステップとを含む、ウェーブテーブル・データの第1のパッチの周波数補正されたものを提供する方法。
2.デジタルウェーブテーブル・オーディオ・シンセサイザのシステムバス帯域幅要求を減じるため、ウェーブテーブル・データの周波数補正されたパッチを提供する方法であって、前記シンセサイザは、中央プロセッサと第1の周波数で記録されたウェーブテーブル・データの1つまたは2つ以上のパッチを記憶するシステムメモリとシステムバスとを含む種類のホストパーソナルコンピュータをオーディオ面で向上させ、前記シンセサイザは、システムメモリ内に記憶されたウェーブテーブル・データのパッチを処理しかつ第2の周波数を有するデジタルオーディオ信号を発生するようプログラミングされ、前記方法は、
(a) システムメモリ内に記憶されたウェーブテーブル・データの第1のパッチについて、前記第2の周波数の前記第1の周波数に対する比を計算するステップと、
(b) もし前記比が予め定められた値よりも大きければ、前記システムメモリからウェーブテーブル・データの前記第1のパッチにアクセスするステップと、
(c) システムメモリからアクセスされたウェーブテーブル・データの前記第1のパッチから、ウェーブテーブル・データの前記第1のパッチのデジタル方式でフィルタリングされたものを表わしかつ前記第1の周波数よりも大きい第3の周波数を有するウェーブテーブル・データのパッチを導出するステップとを含み、ウェーブテーブル・データの前記導出されたパッチは前記周波数補正されたパッチを含み、前記方法はさらに、
(d) 前記第2の周波数を有するデジタルオーディオ信号の発生における前記デジタルウェーブテーブル・オーディオ・シンセサイザによる使用のために、システムメモリ内にウェーブテーブル・データの前記周波数補正されたパッチを記憶するステップとを含む、ウェーブテーブル・データの周波数補正されたパッチを提供する方法。
3.前記予め定められた値は約2.0よりも大きい、請求項2に記載のウェーブテーブル・データの周波数補正されたパッチを提供する方法。
4.前記第2の周波数の前記第3の周波数に対する比は、約2.0以下である、請求項3に記載のウェーブテーブル・データの周波数補正されたパッチを提供する方法。
5.デジタルウェーブテーブル・オーディオ・シンセサイザのシステムバス帯域幅要求を減じるため、ウェーブテーブル・データの周波数補正されたパッチを提供する方法であって、前記シンセサイザは、中央プロセッサと、第1の周波数で記録されたウェーブテーブル・データの1つまたは2つ以上のパッチを記憶するシステムメモリと、システムバスとを含む種類のホストパーソナルコンピュータをオーディオ面で向上させ、前記シンセサイザは、システムメモリ内に記憶されたウェーブテーブル・データのパッチを処理しかつ第2の周波数を有するデジタルオーディオ信号を発生するようプログラミングされ、前記方法は、
(a) システムメモリ内に記憶されたウェーブテーブル・データの第1のパッチについて、前記第2の周波数の前記第1の周波数に対する比を計算するステップと、
(b) もし前記比が予め定められた値よりも大きければ、前記システムメモリからウェーブテーブル・データの前記第1のパッチにアクセスするステップと、
(c) システムメモリからアクセスされた前記第1のパッチ内のデータサンプルの小部分を転置するステップとを含み、データサンプルの前記小部分は前記周波数補正されたパッチを含み、かつ前記第1の周波数よりも大きい第3の周波数を有し、前記方法はさらに、
(d) 前記第2の周波数を有するデジタルオーディオ信号の発生における前記デジタルウェーブテーブル・オーディオ・シンセサイザによる使用のために、システムメモリ内にウェーブテーブル・データの前記周波数補正されたパッチを記憶するステップとを含む、ウェーブテーブル・データの周波数補正されたパッチを提供する方法。
6.前記予め定められた値は約2.0よりも大きい、請求項5に記載のウェーブテーブル・データの周波数補正されたパッチを提供する方法。
7.前記第2の周波数の前記第3の周波数に対する比は、約2.0以下である、請求項6に記載のウェーブテーブル・データの周波数補正されたパッチを提供する方法。