Processing

Please wait...

PATENTSCOPE will be unavailable a few hours for maintenance reason on Tuesday 26.10.2021 at 12:00 PM CEST
Settings

Settings

Goto Application

1. WO2002023622 - DETECTOR AND TREATMENT SYSTEM FOR DETECTED BODY

Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

[ JA ]

請 求 の 範 囲

1 . 検出光を射出する発光素子と、

上記検出光の反射光を受光する受光素子と、

上記発光素子に対して被検出体の検出空間を介 して配置さ れる と共に、主として光の入射方向に光を反射する反射面を 有する反射体と 、

を備え、

上記反射面への上記検出光が、 上記反射面の法線方向よ り も所定の角度だけ傾斜して入射する ように、上記反射体と上 記発光素子とが配置される ことを特徴とする被検出体の検出

2 . 上記検出空間に位置する ことのある上記被検出体の反 射面に対する上記検出光の入射方向が、 上記被検出体の反射 面の法線方向よ りも所定の角度だけ傾斜されている ことを特 徴とする請求項 1 に記載の被検出体の検出装置。

3 . 上記発光素子と上記受光素子と は並設されて一体的に 設け られていることを特徴とする請求項 1 記載の被検出体の 検出装置。

4 . 被処理体に対して所定の処理を施す処理シス テムにお いて、

上記被処理体の搬送経路が上記検出空間を通過する ように 上記検出装置を搭載する こ とを特徴とする処理システム。

5 . 上記検出装置は、

上記被処理体を保持して回転させる回転台と、

上記被処理体を上記回転台に移載する移載機構と、

上記被処理体の外周輪郭を検出する輪郭センサ部と、 上記輪郭センサ部の検出結果に基づいて位置ずれ量を求め る位置ずれ検出部と を有する位置合わせ装置に設け られる こ とを特徴とする請求項 4記載の処理システム。

6 . —対の発光素子及び受光素子で構成されるセンサ部と 上記センサ部と は被検出体が存在可能な検出空間を空けて 配置され、

複数の同一の多角錐体が全平面上に、 隣接する上記多角錐 体の面ど うしが正対し且つ直交するように配置されて、 2つ の面からなる反射面対を複数形成して、 上記発光素子からの 検出光の入射方向 と同方向に沿って反射光を射出する反射体 と、

上記センサ部を駆動制御 し、 上記受光素子から得られた上 記反射光に基づき、 被検出体の存在を判別する判別部と、 で構成され、

上記セ ンサ部は、斜め方向から上記反射面対及ぴ被検出体 へ検出光を射出する位置に配置される ことを特徴とする被検 出体の検出装置。

7 . 上記検出装置において、

上記反射体に入射する上記検出光は、

上記反射体の反射面における法線の方向に対して、 6 度〜 2 5度の範囲内の斜め方向から上記反射体に入射する こ とを 特徴とする請求項 6 に記載の被検出体の検出装置。

8 . 上記検出装置において、

上記発光素子からの検出光が上記反射面に入射する範囲で

上記反射体が上記検出空間内を移動可能なこ とを特徴とする 請求項 1 に記載の被検出体の検出装置。

9 . 上記検出装置において、

上記センサ部は、 発光素子が射出する検出光の第 1 の光路 と、上記反射体の上記反射面対で反射されて射出 された上記 検出光の反射光の第 2 の光路とが同じ方向に沿っている よう に、上記発光素子と上記受光素子とが配置される ことを特徴 とする請求項 6 に記載の被検出体の検出装置。

1 0 . 上記検出装置において、

上記判別部は、

上記発光素子から射出された検出光が上記反射体の反射面 へ向かって斜め方向から入射し、 その入射方向に沿った方向 に反射された反射光を上記受光素子が受光した検出信号を得 た場合には、 上記検出空間に上記被検出体が存在 しないもの と判別し、

上記発光素子から射出された検出光が上記反射体の反射面 へ向かって斜め方向から入射し、 その入射光が上記反射体の 法線を越えた反対側に反射されて、 上記受光素子に向かって 射出されなかった場合には、 上記検出空間に被検出体が存在 する ものと判定されることを特徴とする請求項 6 に記載の被 検出体の検出装置。

1 1 . 被検出体を複数の指定箇所に搬送する搬送機構によ る搬送経路上に設け られ、 上記被検出体が上記搬送経路上に 存在するか否かを検出する検出装置において、

一対の発光素子及び受光素子で、 検出光の射出方向 とその 検出光の反射光の入射方向が同一と なるように構成されたセ ンサ部と、

複数の同一の多角錐体が全平面上に、 隣接する上記多角錐 体の面ど うしが正対し且つ直交する ように配置されて、 2つ の面からなる反射面対を複数形成して、 上記発光素子からの 検出光の入射方向と 同方向に沿って反射光を射出する反射体 と、

上記センサ部を駆動制御 し、上記受光素子から得られた上 記反射光に基づき、 被検出体の存在を判別する判別部と、 を 具備 し、

上記反射体と上記センサ部とが上記被検出体の搬送経路を 挟んで配置され、 且つ、上記センサ部は、 斜め方向から上記 反射面対及び上記被検出体へ検出光を射出する位置に配置さ れる ことを特徴とする被検出体の検出装置。

1 2 . 駆動部材が移動する移動経路上に設け られ、上記駆 動部材が上記移動経路上を移動 したか否かを検出する検出装 {·こ;ヽ飞ヽ

一対の発光素子及び受光素子で、 検出光の射出方向 とその 検出光の反射光の入射方向が同一と なるように構成されたセ ンサ部と、

複数の同一の多角錐体が全平面上に、 隣接する上記多角錐 体の面ど うしが正対し且つ直交する ように配置されて、 2つ の面からなる反射面対を複数形成 して、上記発光素子からの 検出光の入射方向 と同方向に沿って反射光を射出する反射体 と、

上記セ ンサ部を駆動制御し、上記受光素子から得られた上 記反射光に基づき、 駆動部材の存在を判別する判別部と、 を 具備し、

上記反射体と上記センサ部と が上記駆動部材の移動経路を 挟んで配置され、 且つ、上記センサ部は、 斜め方向から上記 反射面対及び上記駆動部材へ検出光を射出する位置に配置さ れる ことを特徴とする被検出体の検出装置。