WIPO logo
Mobile | Deutsch | Español | Français | 日本語 | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

Search International and National Patent Collections
World Intellectual Property Organization
Search
 
Browse
 
Translate
 
Options
 
News
 
Login
 
Help
 
maximize
Machine translation
1. (WO2004002647) PUNCH PRESS, PUNCH METAL MOLD, MOUNTING METHOD, AND TAG HOLDER USED FOR PUNCH METAL MOLD
Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters
請求の範囲

1 . ノ ンチプレスが、以下を含む:

パンチ金型 ( p ) を支持したパンチホルダ ( 5 ) ; ダイ金型 ( D ) を支持したダイホルダ( 7 ) ;及び 前記パンチ金型 ( P ) を打圧自在の上下動自在のスト ライ カ( 3 ) ;

上記構成において、

前記パンチ金型 ( P ) の上部に備えた I D タグ( 2 7 ) のデータ の読み取り及びデータの書き込みを行うための リーダ/ライ タ ( 2 9 ) のアンテナコイル ( 3 1 ) を前 記ス トライカ( 3 ) に備えている;

前記ス トライ力( 3 ) の下端面側に形成した挿入孔( 3 3 ) に配置した前記ア ンテナコイル( 3 1 ) の周囲に設 けた絶縁体 ( 4 3 ) によって前記アンテナコイル( 3 1 ) を、前記ス トライカ( 3 ) から絶縁して設けている;及 び

前記挿入孔 ( 3 3 ) に形成した抜け止め用の係止部( 3 7 ) に係止自在の係合部を前記絶縁体 ( 4 3 ) に備えて レヽる。

2 . 請求の範囲第 1 項のパンチプレス において、 前記係止部は前記揷入孔 ( 3 3 ) の上部に設けた大径 部 ( 3 5 ) と前記揷入孔( 3 3 ) との間の段差部によつ て形成 してある。

3 . 請求の範囲第 2 項のパンチプレス にぉレヽて、 前記ア ンテナコイル ( 3 1 ) の内側に、当該アンテナ コイル( 3 1 ) とほぼ同長又はアンテナコイル( 3 1 ) より長い円筒形状の磁性体 ( 3 9 ) を備えてレヽさ。

4 . 請求の範囲第.3 項のノンチプレスにおいて、 前記ア ンテナコイル( 3 1 ) の外周面と前記絶縁体( 4

3 ) との間に、前記アンテナコイル( 3 1 ) とほぼ同長 又はア ンテナコイル ( 3 1 ) より長い円筒形状の磁気ケ ース ( 6 3 ) を備えてレヽる。

5 . 請求の範囲第 4 項のノンチプレスにおいて、 前記磁気ケース ( 6 3 ) の下端部に、前記アンテナコ ィル( 3 1 ) の下端面を覆う内側フランジ部( 6 '1 ) を 備えてい る。

6 . 請求の範囲第 5 項のノヽ。ンチプレスにぉレ、て、 俞記ア ンテナコイル( 3 1 ) の内側に、ストライ力( 3 ) こ設けた流体供給口 ( 1 1 ) に連通した樹脂製のパイプ ( 4 1 ) を備えている。

7 . パンチ金型 ( P ) の上部に備えた I D タグ( 2 7 ) のデータ の読み取り及ぴデータの書き込みを行うための リーダ/ライ タ ( 2 9 ) のアンテナコィノレ ( 3 1 ) を、 パンチプ レスにおけるストライカ( 3 ) に装着する方法 が、以下のステ ップを含む:

前記ス トライ力( 3 ) の下端面側こ形成した揷入孔( 3 3 ) 内にアンテナコイル ( 3 1 ) を位置決めする;及ぴ 前記挿入孔 ( 3 3 ) 内に樹脂をモール ドする;これに よ り、前記ストライ力( 3 ) から前記アンテナコイル( 3 1 ) を絶縁した状態において、 前記ストライカ( 3 ) と アンテナコイル( 3 1 ) とを一体ィ匕する。

8 . 請求の範囲第 7 項の装着方 において、

前記挿入孔 ( 3 3 ) の上部に当該挿入孔 ( 3 3 ) より 大径の大径孔 ( 3 5 ) を形成する ;及ぴ

前記揷入孔 ( 3 3 ) 及ぴ大径孔( 3 5 ) に亘つて樹脂 をモ ーノレドする。

9 . 請求の範囲第 8 項の装着方 ifeにおいて、

前記ア ンテナコイル( 3 1 ) 内に、当該アンテナコィ ル ( 3 1 ) とほぼ同長又はアンテナコイル( 3 1 ) より 長い円筒形状の磁性体 ( 3 9 ) を酉己置す'る;及び

前記ア ンテナコイル( 3 1 ) 及ぴ磁性体( 3 9 ) を、 樹脂に より前記ストライカ( 3 ) に一体化することを特 徴とするノ ンチプレス におけるストライカにアンテナコ ィルを装着する。

1 0 . 請求の範囲第 9 項の装着方法において、

前記アンテナコイル ( 3 1 ) と前記挿入孔 ( 3 3 ) と の芯出 しを行うための冶具を用いて前記ア ンテナコイル ( 3 1 ) と揷入孔 ( 3 3 ) との芯出しを行う;及び この芯出し状態を保持して前記揷入孔 ( 3 3 ) 内に樹 脂をモール ドする。

1 1 . パンチ金型が、 以下を含む :

スティ ック形の I Dタグ( 2 7 ) であって、前記パン チ金型の上部に設け られている ;

上記構成において、

前記 I D タグ( 2 7 ) の両端側及ぴー側の少なくとも 3方側がパンチ金型における金属部分から鬨放されてい る。

1 2 . 請求の範囲第 1 1 項のパンチ金型において、 前記 I D タグ( 2 7 ) は、パンチ金型に備えたパンチ ボディ ( 7 7 ) の上端面側及び外周面側を開放した開 口 部 ( 9 1 ) 内に配置してある。

1 3 . 請求の範囲第 1 2項のパンチ金型において、 前記 I D タグ( 2 7 ) は、パンチ金型に備えたパッチ ボディ ( 7 7 ) の上端部に形成した空間部 ( 9 3 ) 内に 配置してある。

1 4 . 請求の範囲第 1 3 項のノ、。ンチ金型において、 前記 I D タグ ( 2 7 ) は、パンチ金型に備えたパンチ ボディ ( 7 7 ) の上部に着脱可能に備えたパンチヘ ッド ( 7 9 ) に形成した開口部( 9 9 ) 内に配置してある。

1 5 . 請求の範囲第 1 4 項のノ、。ンチ金型において、 前記 I D タグ( 2 7 ) は、タグホルダ内に埋設されて いる。

1 6 . パンチ金型が、 以下を含む :

I D タグ( 2 7 ) であって、前記パンチ金型の上部に 設け られている;

上記構成において、

パンチ金型の上面に形成 した係止凹部内に I D タグを 埋設 したタグホルダを着脱可能に設けている ;及び 前記タ グホルダを前記係止凹部内に固定保持するための 固定具を備えている。

1 7 . 請求の範囲第 1 6 項のパンチ金型において、 パンチ金型におけるパンチボディ に、前記係止凹部か ら取 り外したタグホルダを係止可能のタグホルダ係止部 を備えてい る。

1 8 . 請求の範囲第 1 7 項のノ、。ンチ金型において、 前記係止凹部はパンチ金型の上面に形成 した径方向の 溝である ;

前記タ グホルダに埋設した I D タグはスティック形で ある ;及ぴ

前記 I D タグの内端部は、前記パンチ金型の上面に備 えた空間部に対応 して位置決め されている。

1 9 . 請求の範囲第 1 8 項のノンチ金型において、 前記固定具は、 パンチ金型の上部外周面に形成した周 溝及ぴ前記タ グホルダの外端面に形成 した係止溝に係合 離脱可能の絶縁性の弾性 リングにより構成されている。

2 0 . 請求の範囲第 1 8 項のパンチ金型において、 前記固定具は、 前記タグホルダに形成 した係子孔を貫 通 してパンチ金型の上部に形成 した螺子孔に螺合自 在の 絶縁性のネジ部材に よ り構成されている。

2 1 . ノンチ金型の上部に着脱可能に装着 されるタグ ホルダが以下を含む :

タグホルダ本体 ;及ぴ

前記タ グホルダ本体に埋設 されるスティック形の I D タグ;

上記構成において、

前記タ グホルダ本体の一端側に上下方向の貫通孔が形 成されている ;及び

前記 I D タグの一端側は、前記貫通孔の周面付近に位 置 してレ、る。

2 2 . 請求の範囲第 2 1 項のタグホルダにおいて、 前記タ グホルダ本体の一端側端面に、 パンチ金型に備 えた係止ピンが嵌入可能の長手方向の嵌合孔が形成され てレ、る;及び

前記タ グホルダ本体の他端側に水平方向の係止溝が形 成されてレ、る。

2 3 . 請求の範囲第 2 2 項のタグホルダにおいて、 前記タ グホルダ本体に備えた上下方向の貫通孔は、 パ ンチ金型の上部にタ グホルダを装着 したときに、パンチ 金型に備えた流体通孔 と整合する 関係にあ る。

2 4 . パンチ金型の上部に着脱可能に装着 されるタグ ホルダが以下を含む :

タグホルダ本体 ;及び

前記タ グホルダ本体に埋設 されるスティック形の I D タグ;

上記構成において、

前記タ グホルダ本体の一端側付近に前記 I D タグの一 端側が位置する ;及び

前記タ グホルダ本体の他端側に取付穴が形成されてい る。

2 5 . 請求の範囲第 2 4 項のタグホノレダにおいて、 前記タ グホルダ本体の他端側は拡大部に形成されてい ;及び

前記拡大部の中央部に前記取付穴が形成されている。