Einige Inhalte dieser Anwendung sind momentan nicht verfügbar.
Wenn diese Situation weiterhin besteht, kontaktieren Sie uns bitte unterFeedback&Kontakt
1. (WO2019044655) IMAGE-READING DEVICE AND IMAGE-READING METHOD
Document

明 細 書

発明の名称 画像読取装置、及び画像読取方法

技術分野

0001  

背景技術

0002  

先行技術文献

特許文献

0003  

発明の概要

発明が解決しようとする課題

0004   0005  

課題を解決するための手段

0006   0007  

発明の効果

0008  

図面の簡単な説明

0009  

発明を実施するための形態

0010   0011   0012   0013   0014   0015   0016   0017   0018   0019   0020   0021   0022   0023   0024   0025   0026   0027   0028   0029   0030   0031   0032   0033   0034   0035   0036   0037   0038   0039   0040   0041   0042   0043   0044   0045   0046   0047  

請求の範囲

1   2   3   4   5   6   7   8   9  

図面

1   2   3A   3B   4  

明 細 書

発明の名称 : 画像読取装置、及び画像読取方法

技術分野

[0001]
 本発明は、画像読取装置、及び画像読取方法に関し、特に原稿上の画像を読み取って生成した画像データを送信する技術に関する。

背景技術

[0002]
 画像形成装置(たとえばプリンター、多機能プリンター、又は複合機(Multifunction Peripheral))では、取得したスキャンデータをネットワークに接続されているパーソナルコンピューターその他の端末機器に送信する機能が提案されている。たとえば、スキャンデータをpdfのファイル形式の画像データに変換し、電子メールの添付ファイルとして送信する技術が知られている。このような技術として、たとえば特許文献1に記載の技術によれば、画像データをサーバに保存する。特許文献1に記載の技術によれば、画像のサムネールを作成して電子メールに貼り付けるとともに、サムネールとサーバに保存されている画像データとをリンクさせるリンク情報を付加して、相手先にダウンロード送信する。

先行技術文献

特許文献

[0003]
特許文献1 : 特開2005-39319号公報

発明の概要

発明が解決しようとする課題

[0004]
 しかしながら、特許文献1の技術では、画像データを保存するためのサーバを準備する必要があるので、サーバに接続されていないネットワークでは利用できない。さらに、サーバに画像データを保存するためには、ネットワークの環境設定その他の管理負担が発生する。
[0005]
 本発明は、このような状況に鑑みてなされたものであり、画像データを保存するためのサーバを利用することなく、簡易な構成で画像データを端末機器に送信する画像読取装置、及び画像読取方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

[0006]
 本発明の画像読取装置は、画像読取部と、記憶部と、ダウンロード処理部と、電子メール送信部と、操作表示部とを備える。前記画像読取部は、原稿上の画像を読み取って、読取画像を表す画像データを生成する。前記ダウンロード処理部は、前記画像データを前記記憶部に格納し、格納された前記画像データのダウンロードのための処理をダウンロード要求に応じて実行する。前記電子メール送信部は、電子メールを生成し、前記電子メールを送信する。前記操作表示部は、前記画像データの少なくとも1つのダウンロード先が設定される設定画面を表示する。前記電子メールは、前記ダウンロード要求に使用される予め規定されたデータを含む。
[0007]
 本発明の画像読取方法は、画像読取工程と、記憶工程と、ダウンロード処理工程と、電子メール送信工程と、操作表示工程とをプロセッサーが実行する。前記画像読取工程は、原稿上の画像を読み取って、読取画像を表す画像データを生成する。前記ダウンロード処理工程は、前記画像データを前記記憶工程において格納し、格納された前記画像データのダウンロードのための処理をダウンロード要求に応じて実行する。前記電子メール送信工程は、電子メールを生成し、前記電子メールを送信する。前記操作表示工程は、前記画像データの少なくとも1つのダウンロード先が設定される設定画面を表示する。前記電子メールは、前記ダウンロード要求に使用される予め規定されたデータを含む。

発明の効果

[0008]
 本発明によれば、画像データを保存するためのサーバを利用することなく、簡易な構成で画像データを端末機器に送信することができる。

図面の簡単な説明

[0009]
[図1] 本発明の一実施形態に係る画像形成システムの機能構成を示すブロックダイアグラムである。
[図2] 一実施形態に係るスキャンデータ送信処理の内容を示すフローチャートである。
[図3A] 一実施形態に係るスキャンデータ送信機能の設定画面を示す説明図である。
[図3B] 一実施形態に係るスキャンデータ送信機能のダウンロード画面を示す説明図である。
[図4] 一実施形態に係るダウンロード処理の内容を示すフローチャートである。

発明を実施するための形態

[0010]
 以下、本発明を実施するための形態(以下、「実施形態」という)を、図面を参照して説明する。
[0011]
 図1は、本発明の一実施形態に係る画像形成システム10の機能構成を示すブロックダイアグラムである。画像形成システム10は、画像形成装置100と、4台のパーソナルコンピューター200(201、202、203、及び204)とを備えている。4台のパーソナルコンピューター200は、ネットワーク(この例では、LAN)で画像形成装置100に接続されている。4台のパーソナルコンピューター201~204は、それぞれユーザーA、B、C、及びDによって使用されている。
[0012]
 画像形成装置100は、制御部110と、画像形成部120と、操作表示部130と、記憶部140と、通信インターフェース部(通信I/F部)150と、自動原稿送り装置(ADF:Automatic Document Feeder)160とを備えている。画像形成装置100は、例えば、画像読取装置であってもよい。パーソナルコンピューター200は、端末制御部210と、端末操作表示部230と、端末記憶部240と、端末通信インターフェース部(端末通信I/F部)250とを備えている。
[0013]
 通信インターフェース部150及び端末通信インターフェース部250の各々は、TCP/IP(Transmission Control Protocol/Internet Protocol)プロトコル群を使用してそれぞれ通信を行う。通信インターフェース部150は、本実施形態では、SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)サーバとしても機能する。
[0014]
 画像形成部120は、画像読取部121と、画像処理部122と、画像出力部123とを備えている。画像読取部121は、原稿上の画像を読み取って、読取画像を表す画像データ(スキャンデータとも呼ばれる。)を生成する。画像処理部122は、印刷設定に従ってスキャンデータを処理する。画像出力部123は、処理されたスキャンデータに基づいて印刷媒体上に印刷を行う。
[0015]
 画像形成装置100の操作表示部130は、様々なメニューを入力画面として表示する。操作表示部130は、タッチパネルとして機能し、タッチパネル、各種ボタン、又はスイッチ(図示せず)からユーザーの操作入力を受け付ける。パーソナルコンピューター200の端末操作表示部230は、図示しないディスプレイやキーボード、マウスといったユーザーインターフェースデバイスを備えている。
[0016]
 制御部110と端末制御部210との各々は、RAMやROM等の主記憶装置、及び、MPU(Micro Processing Unit)又はCPU(Central Processing Unit)のようなプロセッサーを含むハードウェア回路をそれぞれ備えている。また、制御部110と端末制御部210との各々は、各種I/O、USB(ユニバーサル・シリアル・バス)、バス、その他ハードウェア等のインターフェースに関連するコントローラ機能をそれぞれ備え、それぞれ画像形成装置100及びパーソナルコンピューター200の全体を制御する。
[0017]
 制御部110は、電子メール送信部111と、ダウンロード処理部112とを備えている。電子メール送信部111は、4台のパーソナルコンピューター201~204の各ユーザーA~Dの電子メールアドレスへの電子メール(「第1の電子メール」とも呼ばれる。)を生成することができる。ダウンロード処理部112は、4台のパーソナルコンピューター201~204からのダウンロード要求に応じてスキャンデータのダウンロードを実行することができる。
[0018]
 記憶部140と端末記憶部240との各々は、非一時的な記録媒体であるハードディスクドライブやフラッシュメモリー等からなる記憶装置である。記憶部140と端末記憶部240との各々は、制御部110及び端末制御部210の各々が実行する処理の制御プログラムやデータをそれぞれ記憶する。
[0019]
 記憶部140は、さらに、アドレス帳141と、ボックス用記憶領域142とを備えている。本実施形態では、アドレス帳141には、4台のパーソナルコンピューター201~204のユーザーA~Dのユーザー情報とパスワードとがそれぞれ記録されている。ボックス用記憶領域142には、複数のパーソナルコンピューター200のユーザーのそれぞれが利用可能な記憶領域が割り当てられている。このようにして画像形成装置100のメモリーにユーザー情報等が記憶されているため、例えば、ユーザー情報等の照合の際に外部機器との不要な通信時間を低減できる。
[0020]
 図2は、一実施形態に係るスキャンデータ送信処理の内容を示すフローチャートである。この例では、ユーザーAは、3人のユーザーA(自分自身),ユーザーB及びユーザーCへのスキャンデータの送信を意図しているものとする。
[0021]
 ステップS100では、ユーザーAは、画像形成装置100にログインする。ログインは、画像形成装置100にユーザーAのユーザー名とパスワードとを入力することによって行われる。ユーザーAのユーザー名とパスワードは、画像形成装置100が有するアドレス帳141に記録されている。ステップS200では、ユーザーAは、スキャンデータ送信機能を選択する。
[0022]
 図3A及び図3Bは、一実施形態に係るスキャンデータ送信機能の設定画面とダウンロード画面とをそれぞれ示す説明図である。図3Aは、操作表示部130におけるスキャンデータ送信機能の設定画面131を示している。設定画面131では、電子メールを使用するスキャンデータ送信機能のタブ132が選択されている。タブ132には、アドレス帳141に登録されているユーザーA~Dの各々の電子メールアドレスが表示されている。
[0023]
 図3Bは、端末操作表示部230におけるダウンロード画面231を示している。ダウンロード画面231は、ダウンロード内容表示領域232と、ステータス表示領域233とを有している。ステータス表示領域233は、ダウンロード先へのダウンロードの状況、すなわちダウンロード済みであるか否かのステータスを表示する領域である。ダウンロード処理部112は、スキャンデータの送信者(送信元)であるユーザーAのパーソナルコンピューター201にのみ、ステータス表示領域233を表示するためのデータを送信する。
[0024]
 ステップS300では、ユーザーAは、設定画面131において宛先選択処理を実行する。宛先選択処理では、ユーザーAは、設定画面131においてユーザーA(自分自身)、ユーザーB及びユーザーCの各チェックボックス133にチェックマークを入れて宛先(「ダウンロード先」とも呼ばれる。)として選択する。宛先選択処理では、ユーザーAは、初期設定として、認証処理の要否(この例では「要」が選択されている。)をラジオボタン134の操作で入力(「第1の設定入力」とも呼ばれる。)することができる。換言すれば、第1の設定入力は、少なくとも1つのダウンロード先からのダウンロード要求に応じて認証処理を要求するか否かの設定を示す。認証処理は、少なくとも1つのダウンロード先を認証する処理である。さらに、ユーザーAは、設定変更アイコン135をタッチすることによって、例えば、ダウンロード期限、データ形式及び色を初期設定から変更するための設定を入力(「第2の設定入力」とも呼ばれる。)することができる。
[0025]
 ステップS400では、ユーザーAは、原稿のスキャンを開始する。原稿のスキャンは、たとえば原稿をADF160にセットし、スキャンアイコン136をタッチすることによって開始することができる。これにより、ADF160は、カラーモードで原稿をスキャンし、スキャンデータとしてのカラーのビットマップ画像データを生成する。
[0026]
 ダウンロード処理部112は、ボックス用記憶領域142のうちユーザーAに割り当てられた領域にスキャンデータを格納し、格納されたスキャンデータへのリンク情報を含むダウンロード用のリンクデータを生成する。スキャンデータは、カラーモードで取得されたビットマップ画像データである。ボックス用記憶領域142においてユーザー毎に領域が割り当てられているため、誤ったユーザーのスキャンデータがダウンロードされることを簡易な構成で抑制できる。ダウンロード処理部112は、さらに、設定画面131でのユーザーAによる設定内容(「第1の設定入力」及び「第2の設定入力」に相当する。)も設定ファイルとしてスキャンデータに紐づけて一緒にボックス用記憶領域142に格納する。ダウンロード処理部112は、リンクデータを電子メール送信部111に送信する。
[0027]
 ステップS500では、ユーザーAは、送信アイコン137をタッチすることによって送信処理を実行する。送信処理では、電子メール送信部111は、リンクデータを使用して電子メールを生成する。電子メールは、送信先をユーザーA、ユーザーB及びユーザーCとし、送信者(送信元)をログインユーザーであるユーザーAとしている。本実施形態では、電子メール送信部111は、電子メールの作成後に直ちに送信する。
[0028]
 ユーザーAは、キャンセルアイコン138をタッチして処理をキャンセルすることもできる。電子メールの送信後に処理がキャンセルされた場合には、電子メール送信部111は、処理がキャンセルされた旨の電子メールを再送信し、ダウンロード処理部112は、スキャンデータを削除する。
[0029]
 図4は、一実施形態に係るダウンロード処理(ステップS600)の内容(「ダウンロードのための処理」の一例に相当する。)を示すフローチャートである。ステップS610では、ユーザーA、ユーザーB及びユーザーCの各々は、それぞれパーソナルコンピューター201~203の端末操作表示部230において、画像形成装置100から受信したメール内のリンクをクリックしてダウンロード処理を開始することができる。リンクは、ダウンロード要求に使用するための予め規定されたデータとしてのリンクデータに基づいて表示される。
[0030]
 ステップS620では、ダウンロード処理部112は、スキャンデータに紐づけて一緒に格納された設定ファイルに基づいて認証処理を実行する。認証処理では、ダウンロード処理部112は、予め規定された認証画面(図示略)を表示し、ユーザーA、ユーザーB及びユーザーCからパスワードを受信する。ダウンロード処理部112は、アドレス帳141に登録されているパスワードと、受信したパスワードとを比較して認証処理を実行する。
[0031]
 ステップS630では、ダウンロード処理部112は、認証成功に応じて処理をステップS640に進め、認証失敗(たとえば3回連続でパスワード不一致)に応じて処理を終了させる。
[0032]
 ステップS640では、ダウンロード処理部112は、図3Bに示されるダウンロード画面231を端末操作表示部230に表示させる。ダウンロード画面231は、ダウンロード内容表示領域232において、送信者(この例ではユーザーA)やスキャンデータの初期設定内容を示している。
[0033]
 ステップS650では、ユーザーA、ユーザーB及びユーザーCの各々は、必要に応じて設定変更アイコン237をクリックして設定画面(図示略)を表示させて、設定を入力することにより設定を変更することができる。ユーザーA、ユーザーB及びユーザーCの各々は、キャンセルアイコン238をクリックしてダウンロード処理をキャンセルすることもできる。
[0034]
 ステップS660では、ユーザーA、ユーザーB及びユーザーCの各々は、ダウンロードアイコン236をクリックして画像形成装置100に対してダウンロードを要求する。ダウンロード処理部112は、初期設定、あるいは設定変更(ステップS300)で変更された設定に基づいてビットマップ画像データをモノクロのpdfのファイル形式のデータに変換して、ダウンロードを要求したパーソナルコンピューター200にそれぞれダウンロードする。
[0035]
 ステップS670では、ダウンロード処理部112は、ステータス変更処理を実行する。ステータス変更処理では、ダウンロード処理部112は、ユーザーA、ユーザーB及びユーザーCの各々によるダウンロードの状況を表すステータスをそれぞれ変更する。スキャンデータの送信者であるユーザーAは、ダウンロード画面231のステータス表示領域233において送信先のダウンロード状況を確認することができる。すなわち、ユーザーAは、電子メールのリンクをクリックするだけでダウンロード状況を確認することができる。
[0036]
 ステップS700(図2参照)では、ダウンロード処理部112は、ダウンロード期限(この例では送信から24時間)への到達に応じて、すなわち電子メールの送信から予め設定されている時間の経過後に、処理をステップS800に進める。
[0037]
 ステップS800では、ダウンロード処理部112は、送り先であるユーザーA、ユーザーB及びユーザーCの全員がダウンロード済みであるか否かを判断する。ダウンロード処理部112は、電子メールの送信先(ダウンロード先とも呼ばれる。)の全員がダウンロード済みである場合には、処理をステップS1000に進め、ダウンロードが完了していないダウンロード先である未ダウンロード先が存在する場合には、処理をステップS900に進める。
[0038]
 ステップS900では、電子メール送信部111は、未ダウンロードのダウンロード先に対してスキャンデータを添付して電子メール(「第2の電子メール」とも呼ばれる。)で送信する。スキャンデータは、設定画面131でのユーザーAによる設定内容(この例ではモノクロのpdfのファイル形式)に基づいて処理される。この例では、電子メール送信部111は、ユーザーA及びBがダウンロード済みなので、ユーザーCに対してスキャンデータを添付して電子メールで送信するものとする。
[0039]
 ステップS1000では、ダウンロード処理部112は、設定ファイルとともに、ボックス用記憶領域142に格納されているスキャンデータを削除する。ダウンロード処理部112は、さらに、送信者であるユーザーAに対して、スキャンデータ送信処理の状況を報告する電子メールを送信する。電子メールには、テキスト情報が含まれている。テキスト情報は、ユーザーA及びBがダウンロードを完了し、ユーザーCに対してスキャンデータを添付して電子メールで送信した旨を表す。
[0040]
 このように、一実施形態に係る画像形成システム10によれば、スキャンデータを保存するためのサーバを利用することなく、簡易な構成で少なくとも一つの端末機器にスキャンデータをダウンロードすることができる。これにより、電子メールに添付してスキャンデータを送信する構成と比較して、メール送信に起因するメールサーバの負担を小さくすることができる。さらに、画像形成システム10は、何らかの理由でダウンロード先からダウンロード要求がなされなくても確実にスキャンデータを送信することができるので、電子メールに添付してスキャンデータを送信する構成のように確実な送信を実現することができる。
[0041]
B.変形例:
 本発明は、上記各実施形態だけでなく、以下のような変形例でも実施することができる。
[0042]
 変形例1:上記実施形態では、画像形成システム10は、複数のパーソナルコンピューター201~204を備えているが、パーソナルコンピューターが1台でも構成可能である。
[0043]
 変形例2:上記実施形態では、画像形成システム10は、ログイン機能を有し、ログインユーザーを送信元として電子メールを送信しているが、必ずしもログイン機能は必要ない。画像形成システム10は、ログイン機能を使用することなく、画像形成装置100を送信元として電子メールを送信するようにしてもよい。
[0044]
 変形例3:上記実施形態では、スキャンデータの解像度について説明がなされていないが、画像形成システム10は、解像度を設定可能に構成してもよい。さらに、ファイル形式は、pdfだけでなく、TIFFやビットマップ、JPEGといったその他の形式も利用可能である。ダウンロードの対象となるスキャンデータには、画像処理部122によって回転その他の画像処理を施してもよい。例えば、画像データの色、解像度及びファイル形式の少なくとも1つを設定することは、「第2の設定入力」の一例に相当し得る。
[0045]
 画像形成システム10は、たとえば原稿をカラーモードの最高解像度でスキャンしてスキャンデータを生成し、画像処理やファイル形式の変換等を施したスキャンデータとともに、画像処理やファイル形式の変換等を施す前のスキャンデータを格納してもよい。こうすれば、ユーザーは、送信者による初期設定の解像度その他の設定だけでなく、画像形成装置100で取得可能な色や最高解像度の範囲内で、ダウンロード時に画像処理やファイル形式の変換等を実行してスキャンデータを取得することができる。なお、画像処理やファイル形式の変換等を施したスキャンデータの格納は省略可能である。
[0046]
 変形例4:上記実施形態では、LANで接続されているパーソナルコンピューター201~204と画像形成装置100とで画像読取システムが構成されているが、必ずしもパーソナルコンピューター201~204と画像形成装置100とで画像読取システムを構成する必要はない。具体的には、たとえば画像形成装置100の代わりに画像読取装置を使用してもよい。
[0047]
 さらに、スマートフォンやタブレットと、画像形成装置100とをBLUETOOTH(登録商標)のような無線通信で接続して画像読取システムを構成してもよい。この場合には、ユーザーインターフェースは、スマートフォンやタブレットと、画像形成装置100とのいずれかで提供してもよく、Webインターフェースでもよい。

請求の範囲

[請求項1]
 原稿上の画像を読み取って、読取画像を表す画像データを生成する画像読取部と、
 記憶部と、
 前記画像データを前記記憶部に格納し、格納された前記画像データのダウンロードのための処理をダウンロード要求に応じて実行するダウンロード処理部と、
 電子メールを生成し、前記電子メールを送信する電子メール送信部と、
 前記画像データの少なくとも1つのダウンロード先が設定される設定画面を表示する操作表示部と
を備え、
 前記電子メールは、前記ダウンロード要求に使用される予め規定されたデータを含む、画像読取装置。
[請求項2]
 前記予め規定されたデータは、前記記憶部に格納されている前記画像データに対する、前記少なくとも1つのダウンロード先からのリンク情報を含む、請求項1に記載の画像読取装置。
[請求項3]
 前記操作表示部は、第1の設定入力を受け付け、
 前記第1の設定入力は、前記少なくとも1つのダウンロード先からの前記ダウンロード要求に応じて認証処理を要求するか否かの設定を示し、
 前記認証処理は、前記少なくとも1つのダウンロード先を認証する処理であり、
 前記ダウンロード処理部は、前記第1の設定入力に基づき、前記ダウンロード要求に応じて前記認証処理を要求する、請求項1に記載の画像読取装置。
[請求項4]
 前記ダウンロード処理部は、前記少なくとも1つのダウンロード先の全てへの前記ダウンロードの完了に応じて前記画像データを削除する、請求項1に記載の画像読取装置。
[請求項5]
 前記ダウンロード処理部は、前記電子メールを送信してから予め設定されている時間の経過後に前記画像データを削除する、請求項1に記載の画像読取装置。
[請求項6]
 前記電子メールは、第1の電子メールであり、
 前記ダウンロード処理部は、予め設定されている時間の経過後に、前記少なくとも1つのダウンロード先の全てへの前記ダウンロードが完了しているか否かを判断し、
 前記電子メール送信部は、前記少なくとも1つのダウンロード先のうち前記ダウンロードが完了していないダウンロード先である未ダウンロード先が存在すると判断した場合には、前記画像データを前記第1の電子メールと異なる第2の電子メールに添付して前記未ダウンロード先に送信する、請求項1に記載の画像読取装置。
[請求項7]
 前記操作表示部は、第2の設定入力を受け付け、
 前記第2の設定入力は、前記画像データの色、解像度及びファイル形式の少なくとも1つを設定し、
 前記ダウンロード処理部は、
 前記画像データの色、解像度及びファイル形式の少なくとも1つが設定変更されて、前記ダウンロード要求に応じて前記ダウンロードが要求された場合には、設定変更された後の設定に基づいた前記画像データの前記ダウンロードを実行し、
 前記画像データの色、解像度及びファイル形式が設定変更されることなく、前記ダウンロード要求に応じて前記ダウンロードが要求された場合には、前記第2の設定入力に基づいた前記画像データの前記ダウンロードを実行する、請求項1に記載の画像読取装置。
[請求項8]
 前記記憶部は、アドレス帳と、ボックス用記憶領域とを含み、
 前記アドレス帳には、前記少なくとも1つのダウンロード先毎に、ユーザー情報と、パスワードと、前記電子メールのアドレスとが記録されており、
 前記ボックス用記憶領域には、前記少なくとも1つのダウンロード先毎に利用可能な記憶領域が割り当てられており、
 前記ダウンロード処理部は、前記画像データを前記ボックス用記憶領域に格納する、請求項1に記載の画像読取装置。
[請求項9]
 原稿上の画像を読み取って、読取画像を表す画像データを生成する画像読取工程と、
 記憶工程と、
 前記画像データを前記記憶工程において格納し、格納された前記画像データのダウンロードのための処理をダウンロード要求に応じて実行するダウンロード処理工程と、
 電子メールを生成し、前記電子メールを送信する電子メール送信工程と、
 前記画像データの少なくとも1つのダウンロード先が設定される設定画面を表示する操作表示工程と
をプロセッサーが実行し、
 前記電子メールは、前記ダウンロード要求に使用される予め規定されたデータを含む、画像読取方法。

図面

[ 図 1]

[ 図 2]

[ 図 3A]

[ 図 3B]

[ 図 4]