In Bearbeitung

Bitte warten ...

Einstellungen

Einstellungen

Gehe zu Anmeldung

1. JP2019522200 - 非操舵軸のホイールのシャシジオメトリのパラメータを決定するための方法、その方法の使用、車両のためのテストベンチ、および測定ユニット

Amt
Japan
Aktenzeichen/Anmeldenummer 2019500543
Anmeldedatum 12.07.2017
Veröffentlichungsnummer 2019522200
Veröffentlichungsdatum 08.08.2019
Veröffentlichungsart A
IPC
G01B 11/275
GSektion G Physik
01Messen; Prüfen
BMessen der Länge, der Dicke oder ähnlicher linearer Abmessungen; Messen von Winkeln; Messen von Flächen; Messen von Unregelmäßigkeiten an Oberflächen oder Umrissen
11Messanordnungen gekennzeichnet durch die Verwendung optischer Messmittel
26zum Messen von Winkeln oder Kegeln; zum Prüfen der Achsrichtungen
275zum Prüfen von Radstellungen
CPC
G01B 11/2755
GPHYSICS
01MEASURING; TESTING
BMEASURING LENGTH, THICKNESS OR SIMILAR LINEAR DIMENSIONS; MEASURING ANGLES; MEASURING AREAS; MEASURING IRREGULARITIES OF SURFACES OR CONTOURS
11Measuring arrangements characterised by the use of optical means
26for measuring angles or tapers; for testing the alignment of axes
275for testing wheel alignment
2755using photoelectric detection means
G01B 2210/286
GPHYSICS
01MEASURING; TESTING
BMEASURING LENGTH, THICKNESS OR SIMILAR LINEAR DIMENSIONS; MEASURING ANGLES; MEASURING AREAS; MEASURING IRREGULARITIES OF SURFACES OR CONTOURS
2210Aspects not specifically covered by any group under G01B, e.g. of wheel alignment, caliper-like sensors
10Wheel alignment
28Beam projector and related sensors, camera, inclinometer or other active sensing or projecting device
283Beam projectors and related sensors
286Projecting a light pattern on the wheel or vehicle body
Anmelder デュール アセンブリ プロダクツ ゲーエムベーハー
Erfinder ドイチュ アンドレ
コルブ トーマス
シュトロー ジーモン
テントルプ トーマス
Vertreter 林 一好
芝 哲央
齋藤 拓也
岩池 満
小菅 一弘
Prioritätsdaten 102016112712 12.07.2016 DE
Titel
(JA) 非操舵軸のホイールのシャシジオメトリのパラメータを決定するための方法、その方法の使用、車両のためのテストベンチ、および測定ユニット
Zusammenfassung
(JA)

本発明は、非操舵軸のホイールのシャシジオメトリのパラメータを決定する方法、その方法の使用、車両用のテストベンチ、測定ユニットに関する。本方法は、テストベンチにおける車両の2つの測定位置でのトー角の測定結果から、車両の後車軸のホイールのシャシジオメトリのパラメータを決定するステップに関し、それらの位置は、x方向に相互にオフセットする。ホイール振れ補償がそれにより達成される。ドライバ支援システムの設定のため、および前車軸の操舵輪のシャシジオメトリのパラメータの設定のために、決定された幾何学的動軸を用いうる。面状パターンを生成するための複数の平行ラインがx方向におけるセンサの平行な変位によって生成され、そのセンサが1つのラインを有する直線状の光を放出するように、測定ユニットを設計しうる。点光源を備え、それによりラインが走査されるセンサにより、この種のリニアセンサを置き換えることができる。
【選択図】図1