In Bearbeitung

Bitte warten ...

Einstellungen

Einstellungen

Gehe zu Anmeldung

1. JP2012502706 - 係止ファスナー部品の表面機能化方法およびこの方法によって製造された係止ファスナー部品

Amt
Japan
Aktenzeichen/Anmeldenummer 2011527219
Anmeldedatum 23.07.2009
Veröffentlichungsnummer 2012502706
Veröffentlichungsdatum 02.02.2012
Erteilungsnummer 5355696
Erteilungsdatum 06.09.2013
Veröffentlichungsart B2
IPC
A44B 18/00
ASektion A Täglicher Lebensbedarf
44Kurzwaren; Schmucksachen
BKnöpfe, Nadeln, Schnallen, Reißverschlüsse oder dgl.
18Klettenband-Verschlüsse ; Herstellen dieser Verschlüsse
CPC
A44B 18/00
AHUMAN NECESSITIES
44HABERDASHERY; JEWELLERY
BBUTTONS, PINS, BUCKLES, SLIDE FASTENERS, OR THE LIKE
18Fasteners of the touch-and-close type; Making such fasteners
Y10T 24/27
YSECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
24Buckles, buttons, clasps, etc.
27including readily dissociable fastener having numerous, protruding, unitary filaments randomly interlocking with, and simultaneously moving towards, mating structure [e.g., hook-loop type fastener]
Anmelder ゴットリープ ビンダー ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング ウント コンパニー コマンデイトゲゼルシャフト
Erfinder ポーラキス, コンスタンティノス
Vertreter 特許業務法人 有古特許事務所
Prioritätsdaten 102008048205 20.09.2008 DE
Titel
(JA) 係止ファスナー部品の表面機能化方法およびこの方法によって製造された係止ファスナー部品
Zusammenfassung
(JA)

対応形成された係止ファスナー部品(14)と繰返し開放可能かつ閉鎖可能な係止ファスナー(10)を形成する係止ファスナー部品(12)の表面を機能化し製造するための方法であって、前記係止ファスナー部品(12、14)の少なくとも一方が、基材部(16)上に配置されて突出する茎部(18)を少なくとも一部に有し、前記茎部がそれぞれ前記基材部(16)から離れた方のその側に頭部(20)を有しかつ前記頭部とファスナー要素(22)を形成するものにおいて、一方の前記係止ファスナー部品(12、14)の前記茎部(18)の少なくとも一部が機能媒体を備えられ、付設可能な前記頭部(20)が十分にまたは完全に前記機能媒体を排除され、前記対応するファスナー要素(22)を係合させて前記閉鎖係止ファスナー(10)を形成するための閉鎖力が低減され、前記対応するファスナー要素(22)を離反させて前記開放係止ファスナー(10)を形成するまでは保持力が高められる。
【選択図】 図1