In Bearbeitung

Bitte warten ...

Einstellungen

Einstellungen

Gehe zu Anmeldung

1. JP2008509464 - メッセージハンドラ、および通信モジュールが有するメッセージメモリ中のデータへのアクセスを制御する方法

Amt Japan
Aktenzeichen/Anmeldenummer 2007524315
Anmeldedatum 29.06.2005
Veröffentlichungsnummer 2008509464
Veröffentlichungsdatum 27.03.2008
Veröffentlichungsart A
IPC
G06F 13/38
GPhysik
06Datenverarbeitung; Rechnen oder Zählen
FElektrische digitale Datenverarbeitung
13Transfer von Information oder anderen Signalen zwischen Speichern, Eingabe/Ausgabe-Geräten oder Zentralprozessoren sowie Verbindungsanordnungen für die vorgenannte Hardware
38Informations-Transfer, z.B. über Bus
CPC
G06F 13/1663
GPHYSICS
06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
13Interconnection of, or transfer of information or other signals between, memories, input/output devices or central processing units
14Handling requests for interconnection or transfer
16for access to memory bus
1605based on arbitration
1652in a multiprocessor architecture
1663Access to shared memory
Anmelder ローベルト ボッシュ ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング
Erfinder ハルトヴィッヒ,フローリアン
ホルスト,クリスティアン
バイラー,フランツ
イーレ,マルクス
Vertreter 亀谷 美明
金本 哲男
萩原 康司
Prioritätsdaten 102004038211.5 05.08.2004 DE
Titel
(JA) メッセージハンドラ、および通信モジュールが有するメッセージメモリ中のデータへのアクセスを制御する方法
Zusammenfassung
(JA)

アクセスによりデータが入出力されるメッセージメモリを有する通信モジュールのメッセージハンドラ(200)であって、メッセージメモリが第1のバッファメモリ構成および第2のバッファメモリ構成に接続され、かつデータへのアクセスが第1または第2のバッファメモリ構成を介して行われ、メッセージハンドラが、第1のバッファメモリ構成を介したメッセージメモリへのアクセスを制御する少なくとも1つの第1の有限状態機械(502、503)と、第2のバッファメモリ構成を介したメッセージメモリへのアクセスを制御する少なくとも1つの第2の有限状態機械(501)と、第3の有限状態機械(500)と、を備え、少なくとも1つの第1および第2の有限状態機械がアクセス要求を行い、かつ第3の有限状態機械がアクセス要求に従って少なくとも1つの第1および第2の有限状態機械にメッセージメモリへのアクセスを割当てる。
【選択図】図10