Suche in nationalen und internationalen Patentsammlungen
Einige Inhalte dieser Anwendung sind momentan nicht verfügbar.
Wenn diese Situation weiterhin besteht, kontaktieren Sie uns bitte unterFeedback&Kontakt
1. (JP2004513865) テレビのためのガラス構造物

Amt : Japan
Anmeldenummer: 2002542754 Anmeldedatum: 05.11.2001
Veröffentlichungsnummer: 2004513865 Veröffentlichungsdatum: 13.05.2004
Veröffentlichungsart : A
IPC:
C03B11/00
C Chemie; Hüttenwesen
03
Glas; Mineral- oder Schlackenwolle
B
Herstellung oder Formgebung von Glas, Mineral- oder Schlackenwolle; Nachbehandlungsverfahren bei der Herstellung oder Formgebung von Glas, Mineral- oder Schlackenwolle
11
Pressen von Glas
CPC:
H01J 29/00
H01J 9/00
Anmelder: カール−ツアイス−スチフツング
CARL−ZEISS−STIFTUNG
Erfinder: イェンス プラーレ
Vertreter: 矢野 敏雄
山崎 利臣
久野 琢也
アインゼル・フェリックス=ラインハルト
ラインハルト・アインゼル
Prioritätsdaten: 100 56 392.9 14.11.2000 DE
Titel: (JA) テレビのためのガラス構造物
Zusammenfassung: front page image
(JA)

本発明は、テレビのためのガラス構造物に関する。持続的なコード情報は、既にガラス構造物の製造に際して取り付けることができ、それもガラス構造物の非機能面が識別面として2進コード情報を有しており、コード情報が、“1”−2進要素で、複数桁の配置および単数行または複数行の配置で表されており、“1”−2進要素が、ガラス構造物の成形方向に関して整列されているか、または成形工具からガラス構造物への像形成動作自体によって成形される部分面に取り付けられていて、かつ識別面に対して隆起しているかまたは凹んでいる均一のシンボルとして形成されている、ことによって取り付けることができる。製造装置によって、識別面とシンボルの方向とシンボルの逆転状態とが適当に選択されてる場合、コード情報は、ガラス構造物の製造と共に1作業過程で、つまりガラス構造物製造と同じ製造過程で取り付けることができる。


Auch veröffentlicht als:
EP1338021US20040063375CN1481570AU2002229535WO/2002/040420