In Bearbeitung

Bitte warten ...

Einstellungen

Einstellungen

Gehe zu Anmeldung

1. JP1996073209 - ケイ素の精製方法

Amt Japan
Aktenzeichen/Anmeldenummer 1995189174
Anmeldedatum 25.07.1995
Veröffentlichungsnummer 1996073209
Veröffentlichungsdatum 19.03.1996
Erteilungsnummer 2851257
Erteilungsdatum 13.11.1998
Veröffentlichungsart B2
IPC
C01B 33/037
CSektion C Chemie; Hüttenwesen
01Anorganische Chemie
BNichtmetallische Elemente; deren Verbindungen
33Silicium; dessen Verbindungen
02Silicium
037Reinigung
CPC
C01B 33/037
CCHEMISTRY; METALLURGY
01INORGANIC CHEMISTRY
BNON-METALLIC ELEMENTS; COMPOUNDS THEREOF; ; METALLOIDS OR COMPOUNDS THEREOF NOT COVERED BY SUBCLASS C01C
33Silicon; Compounds thereof
02Silicon
037Purification
Anmelder エルケム アクシエセルスカプ
Erfinder アンデルス・シエイ
Vertreter 八木田 茂
浜野 孝雄
Prioritätsdaten 943227 01.09.1994 NO
Titel
(JA) ケイ素の精製方法
Zusammenfassung
(JA)


【課題】 太陽電池製造用のケイ素を提供することを目
的として、ケイ素から不純物、特に硼素を除去するため
のスラグ処理法によるケイ素の精製方法であって、従来
法に比べて高められた精製効率を得ることを可能にする
精製方法を提供する。


【解決手段】 容器に入れた溶融ケイ素を溶融ケイ素か
ら不純物を取り除く能力をもつスラグで処理することに
よって溶融ケイ素から不純物を除去することからなるケ
イ素の精製方法において、前記スラグを溶融ケイ素に連
続的に又は実質的に連続的に添加すること及び除去すべ
き1種又は複数の不純物元素について該スラグと溶融ケ
イ素との間の平衡が達成されるや否や連続的に又は実質
的に連続的に前記スラグを不活性化させるか又は溶融ケ
イ素から除去することを特徴とするケイ素の精製方法。