بعض محتويات هذا التطبيق غير متوفرة في الوقت الحالي.
إذا استمرت هذه الحالة ، يرجى الاتصال بنا علىتعليق وإتصال
1. (JP2010504806) 最大組織圧迫力を制限するための閉鎖装置を備えた外科切断/ステープル止め器具

المكتب : اليابان
رقم الطلب: 2009530329 تاريخ الطلب: 28.03.2007
رقم النشر: 2010504806 تاريخ النشر: 18.02.2010
نوع النشر: A
التصنيف الدولي للبراءات:
A61B 17/10
A61B 17/072
A61B 17/32
A61B 17/115
Description not available in lang arDescription not available in lang arDescription not available in lang arDescription not available in lang ar
المتقدمون: エシコン・エンド−サージェリィ・インコーポレイテッド
Ethicon Endo−Surgery,Inc.
المخترعون: シェルトン・ザ・フォース・フレデリック・イー
スウェイズ・ジェフリー・エス
الوكلاء: 加藤 公延
押野 宏
永田 豊
大島 孝文
藤田 千恵
بيانات الأولوية: 11/541,151 29.09.2006 US
العنوان: (JA) 最大組織圧迫力を制限するための閉鎖装置を備えた外科切断/ステープル止め器具
الملخص:
(JA)

組織の同時のステープル止めと切断のために手術部位に腹腔鏡的または内視鏡的に挿入される外科器具は、内部にステープルカートリッジを機能的に支持するように構成された細長い溝形部材を含む。アンビル1050が、細長い溝形部材に結合されている。アンビルは、開位置と閉位置との間で選択的に移動可能である。閉鎖チューブ組立体1130aが、この閉鎖チューブ組立体に加えられる閉じる運動に応答してアンビルに閉じる力を選択的に加えるようにアンビルと相互作用する。少なくとも1つの力制限部材1212aが、アンビルと細長い溝形部材との間に組織をクランプする際にアンビルが受ける抵抗力に応答して、閉鎖チューブ組立体によってアンビルに加えられる閉じる力の大きさを制限するように閉鎖チューブ組立体と相互作用する。力制限部材は、閉鎖チューブ組立体における1または複数のばね部分または閉鎖チューブ組立体の遠位端部における少なくとも1つの板ばねを含むことができる。他の実施形態は、閉鎖チューブ組立体の遠位端部に係合する、アンビルのランプ部分に形成された、段を含むことができる。


:نشرت أيضا باسم
CN101534728IN1140/KOLNP/2009