بعض محتويات هذا التطبيق غير متوفرة في الوقت الحالي.
إذا استمرت هذه الحالة ، يرجى الاتصال بنا علىتعليق وإتصال
1. (JP2008521930) 5−FUおよび5−FUプロドラッグと併用してDPD阻害物質を投与するための方法

المكتب : اليابان
رقم الطلب: 2007544558 تاريخ الطلب: 05.12.2005
رقم النشر: 2008521930 تاريخ النشر: 26.06.2008
نوع النشر: A5
التصنيف الدولي للبراءات:
A61K 45/00
A61K 31/513
A61P 35/00
A61P 43/00
Description not available in lang arDescription not available in lang arDescription not available in lang arDescription not available in lang ar
المتقدمون: アドヘレックス テクノロジーズ, インコーポレイテッド
المخترعون: スペクター, トム
ピーターズ, ウィリアム ポール
クフェ, ドナルド ウィリアム
フーバー, ブライアン
الوكلاء: 山本 秀策
安村 高明
森下 夏樹
بيانات الأولوية: 60/633,034 03.12.2004 US
العنوان: (JA) 5−FUおよび5−FUプロドラッグと併用してDPD阻害物質を投与するための方法
الملخص:
(JA)

DPD酵素の活性を実質的に失わせるDPD阻害物質を、その必要がある患者へと最初に投与し、その後に5−FUまたは5−FUプロドラッグを投与することを含む、5−FUおよび/または5−FUプロドラッグと組み合わせたDPD阻害物質の改善された投与および投薬の方法であって、5−FUまたは5−FUプロドラッグのレベルが患者におけるDPD阻害物質を上回る量である、方法を提供する。特定の実施形態では、5−FUまたは5−FUプロドラッグは、前記DPD阻害物質が投与されてから少なくとも約4時間後に投与される。


:نشرت أيضا باسم
MXMX/a/2007/006646KR1020070098798EP1827443JP2012229273CN101068549CN102441170
CA2587514NZ555176AU2005311730AU2012200856WO/2006/060697